前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たデレク・ジーター

    、正捕手の座を手に入れたマウアーは131試合に出場し、144安打・打率.294を記録。は6月6日から6月10日にかけてのマイク・ピアッツア以来となる5試合連続4出塁以上を達成。6月の月間打率.458を記録し、初の月間MVPを受賞した。シーズン終盤はデレク・ジーター、ロビンソン・カノとの三つ巴の首位打者争いを制し、打率.347でアメリカンリーグの捕手としては史上初の首位打者を獲得し、チームの地区優勝に貢献した。しかし、オールスターの投票では当初、あまりに無名なため票が入らず、球団はマウアーを売り出すため、自分のもみあげをはがし子供にプレゼントするという球団CM作成。最終的に2位に入り、監督推薦で出場した。8月7日にはスポーツ・イラストレイテッド誌の表紙に初登場した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たイチロー

    高校時代に喫した三振は1つのみであり、このことは新聞にも掲載された。この三振はミネソタ州高校野球トーナメントの対エルク・リバー高校戦で、1-1の同点で迎えた6回・満塁でポール・ファイナー投手のカーブを空振りしたものである。マウアーはファウルだと思っていたが、主審のコールは空振りだったという。この話を聞いたマリナーズのイチロー(高校3年時の三振数が3)は「嘘でしょう?試合数が少ないからじゃない?」と驚嘆の声を上げた。高校時代の通算打率は.605。また、マウアーは打者として7試合連続本塁打のアメリカ高校タイ記録を持ち、投手として90mph前半(約145km/h?150km/h)の速球を投げ、24イニングで38奪三振の成績を残した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たアルバート・プホルス

    オフには、「ベッドから起き上がれないほど痛かったこともあった」という腎臓を手術。それに加えて、スプリングトレーニング中に生じた背中の痛みの影響で開幕に間に合わず、戦列に加わったのは5月1日になってからであった。しかし、シーズン初打席で本塁打を放つと、そのまま好調を維持し、月間打率.414、11本塁打、32打点の成績でア・リーグ月間MVPを受賞した。その後も高打率を維持し、7月9日に規定打席に到達、それまで打率1位だったイチローを抜いて首位打者に躍り出た。前半戦をリーグトップの打率.373で折り返し、全国紙USAトゥデイはマウアーとイチローのハイレベルな首位打者争いを特集記事で伝えた。オールスターにもファン投票で選出され、ア・リーグの「3番・捕手」で先発出場を果たす。また、球宴前日に行われる恒例のホームランダービーにも初出場した。高校時代のコーチを打撃投手に迎え、1次ラウンドでアルバート・プホルスらと並ぶ5本の本塁打を放ったが、タイブレークの結果2次ラウンドには進めなかった。マウアーと同じくホームランダービーへの出場要請を受けながらも辞退したイチローは、マウアーを「あんまり出たくないと思うんだよね、正直な話。やっぱり相当人間ができている」と称賛した。7月19日には6打数無安打で打率を大きく下げ、イチローに首位打者の座を明け渡したが、2日後には再逆転。その後は極端な打撃不振に陥ることもなく、首位打者の座を維持し続けて、最終的に打率.365で2年連続3度目の首位打者のタイトルを獲得。2年連続での首位打者は、1999年、2000年のノマー・ガルシアパーラ以来となった。また、投票権を持つ記者のうち共同通信の小西慶三を除く全記者からMVP1位票を獲得し、初のリーグMVPに輝いた。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たマイク・ピアッツア

    、正捕手の座を手に入れたマウアーは131試合に出場し、144安打・打率.294を記録。は6月6日から6月10日にかけてのマイク・ピアッツア以来となる5試合連続4出塁以上を達成。6月の月間打率.458を記録し、初の月間MVPを受賞した。シーズン終盤はデレク・ジーター、ロビンソン・カノとの三つ巴の首位打者争いを制し、打率.347でアメリカンリーグの捕手としては史上初の首位打者を獲得し、チームの地区優勝に貢献した。しかし、オールスターの投票では当初、あまりに無名なため票が入らず、球団はマウアーを売り出すため、自分のもみあげをはがし子供にプレゼントするという球団CM作成。最終的に2位に入り、監督推薦で出場した。8月7日にはスポーツ・イラストレイテッド誌の表紙に初登場した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たジョシュ・ハミルトン

    限りでツインズとの契約が切れるため去就が注目されていたが、3月21日にツインズと2018年までの8年総額1億8400万ドルで契約を延長した。総額ではアレックス・ロドリゲス(2008年の10年総額2億7500万ドル、2001年の10年総額2億5200万ドル)、デレク・ジーター(10年総額1億8900万ドル)に次ぐ史上4位の大型契約となる。なお、年平均2300万ドルはCC・サバシアと並んで歴代3位タイである。また、捕手としてはマイク・ピアッツァが1999年にメッツと結んだ7年総額9100万ドルを大きく上回る最大の契約となった。シーズンでは、テキサス・レンジャーズのジョシュ・ハミルトンがシーズン通じて.350を超える高打率を維持し続けた為、自身4度目の首位打者はならなかったものの、リーグ3位となる打率.327を記録し、3年連続で.320以上の打率を記録した。一方、2009年に28本まで増加した本塁打は2年前と全く同じ9本まで減少した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たダスティン・ペドロイア

    は、シーズン終盤までボストン・レッドソックスのダスティン・ペドロイアと首位打者争いを展開。シーズン最終戦を終えた時点で、ア・リーグ唯一の打率.330台を記録した。シカゴ・ホワイトソックスとのワンゲームプレイオフで3打数ノーヒットに終わった為、最終的には.328に終わったが、自身2度目の首位打者のタイトルを獲得した。捕手で2度の首位打者を獲得したのは、アメリカ野球殿堂入りしたアーニー・ロンバルディ(1938年,1942年)以来、史上二人目の記録となった。MVP投票では4位に入った。また、自身初のゴールドグラブ賞を受賞した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たマイク・ピアッツァ

    限りでツインズとの契約が切れるため去就が注目されていたが、3月21日にツインズと2018年までの8年総額1億8400万ドルで契約を延長した。総額ではアレックス・ロドリゲス(2008年の10年総額2億7500万ドル、2001年の10年総額2億5200万ドル)、デレク・ジーター(10年総額1億8900万ドル)に次ぐ史上4位の大型契約となる。なお、年平均2300万ドルはCC・サバシアと並んで歴代3位タイである。また、捕手としてはマイク・ピアッツァが1999年にメッツと結んだ7年総額9100万ドルを大きく上回る最大の契約となった。シーズンでは、テキサス・レンジャーズのジョシュ・ハミルトンがシーズン通じて.350を超える高打率を維持し続けた為、自身4度目の首位打者はならなかったものの、リーグ3位となる打率.327を記録し、3年連続で.320以上の打率を記録した。一方、2009年に28本まで増加した本塁打は2年前と全く同じ9本まで減少した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たアレックス・ロドリゲス

    限りでツインズとの契約が切れるため去就が注目されていたが、3月21日にツインズと2018年までの8年総額1億8400万ドルで契約を延長した。総額ではアレックス・ロドリゲス(2008年の10年総額2億7500万ドル、2001年の10年総額2億5200万ドル)、デレク・ジーター(10年総額1億8900万ドル)に次ぐ史上4位の大型契約となる。なお、年平均2300万ドルはCC・サバシアと並んで歴代3位タイである。また、捕手としてはマイク・ピアッツァが1999年にメッツと結んだ7年総額9100万ドルを大きく上回る最大の契約となった。シーズンでは、テキサス・レンジャーズのジョシュ・ハミルトンがシーズン通じて.350を超える高打率を維持し続けた為、自身4度目の首位打者はならなかったものの、リーグ3位となる打率.327を記録し、3年連続で.320以上の打率を記録した。一方、2009年に28本まで増加した本塁打は2年前と全く同じ9本まで減少した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たノマー・ガルシアパーラ

    オフには、「ベッドから起き上がれないほど痛かったこともあった」という腎臓を手術。それに加えて、スプリングトレーニング中に生じた背中の痛みの影響で開幕に間に合わず、戦列に加わったのは5月1日になってからであった。しかし、シーズン初打席で本塁打を放つと、そのまま好調を維持し、月間打率.414、11本塁打、32打点の成績でア・リーグ月間MVPを受賞した。その後も高打率を維持し、7月9日に規定打席に到達、それまで打率1位だったイチローを抜いて首位打者に躍り出た。前半戦をリーグトップの打率.373で折り返し、全国紙USAトゥデイはマウアーとイチローのハイレベルな首位打者争いを特集記事で伝えた。オールスターにもファン投票で選出され、ア・リーグの「3番・捕手」で先発出場を果たす。また、球宴前日に行われる恒例のホームランダービーにも初出場した。高校時代のコーチを打撃投手に迎え、1次ラウンドでアルバート・プホルスらと並ぶ5本の本塁打を放ったが、タイブレークの結果2次ラウンドには進めなかった。マウアーと同じくホームランダービーへの出場要請を受けながらも辞退したイチローは、マウアーを「あんまり出たくないと思うんだよね、正直な話。やっぱり相当人間ができている」と称賛した。7月19日には6打数無安打で打率を大きく下げ、イチローに首位打者の座を明け渡したが、2日後には再逆転。その後は極端な打撃不振に陥ることもなく、首位打者の座を維持し続けて、最終的に打率.365で2年連続3度目の首位打者のタイトルを獲得。2年連続での首位打者は、1999年、2000年のノマー・ガルシアパーラ以来となった。また、投票権を持つ記者のうち共同通信の小西慶三を除く全記者からMVP1位票を獲得し、初のリーグMVPに輝いた。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たUSAトゥデイ

    高校時代はアメリカンフットボールのクォーターバック(QB)としても活躍し、チャンピオンシップには2度出場、うち2000年には優勝を遂げている。2000年にはUSAトゥデイ紙が選ぶ年間最優秀オフェンス選手に選出されたほか、ESPNのオールアメリカンにも選出されている。バスケットボールではミネソタ州選抜に2年連続で選ばれ、野球ではにAAA世界野球選手権大会に出場しアメリカの優勝に貢献し、にはアメフトに続いて野球でもUSAトゥデイ紙が選ぶ年間最優秀選手に選出されるなど、卓越した運動神経を持つ。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示

「ジョー・マウアー」のニューストピックワード