71件中 21 - 30件表示
  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たフランシスコ・リリアーノ

    マイナーリーグでの成長が著しく、ベースボール・アメリカの有望株ランキングではから3年連続でツインズ傘下最高と評価され、版の有望株ランキングではメジャー全30球団最高の評価を受けた。にはベースボール・アメリカ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞に選出されるなど既にメジャークラスでも遜色ないレベルに達していたため、ツインズのフロントは当時正捕手を務めていたA.J.ピアジンスキーをサンフランシスコ・ジャイアンツの3選手(ジョー・ネイサン、フランシスコ・リリアーノ、ブーフ・ボンサー)とトレードし、正捕手のポストを空けた。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たロビンソン・カノ

    、正捕手の座を手に入れたマウアーは131試合に出場し、144安打・打率.294を記録。は6月6日から6月10日にかけてのマイク・ピアッツア以来となる5試合連続4出塁以上を達成。6月の月間打率.458を記録し、初の月間MVPを受賞した。シーズン終盤はデレク・ジーター、ロビンソン・カノとの三つ巴の首位打者争いを制し、打率.347でアメリカンリーグの捕手としては史上初の首位打者を獲得し、チームの地区優勝に貢献した。しかし、オールスターの投票では当初、あまりに無名なため票が入らず、球団はマウアーを売り出すため、自分のもみあげをはがし子供にプレゼントするという球団CM作成。最終的に2位に入り、監督推薦で出場した。8月7日にはスポーツ・イラストレイテッド誌の表紙に初登場した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たロン・ガーデンハイアー

    レギュラーに定着して6年間で3度首位打者を獲得していることや、守備力もあることから「史上最高の捕手」との呼び声が高い。ツインズのロン・ガーデンハイアー監督は、マウアーの凄いところについて、「10代からスターだったのに、そういうそぶりが全くないところだ」と評している。さらに、「地元出身で期待もプレッシャーも高いのに、最初から動じることもなく、プレーに集中している。試合に臨む姿勢、練習態度、研究熱心さ、どれをとっても素晴らしい。どこまで進化していくのか。本当に楽しみな選手だ」と語っている。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たトム・ブレイディ

    高校時代はジョー・モンタナを意識してプレーしていた。もし今フットボールをプレーするなら、トム・ブレイディ(ニューイングランド・ペイトリオッツ)のようなQBになりたいと語っている。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たジャスティン・モルノー

    卓越したミート力と優れた選球眼を持つ好打者。地元出身のスター選手であり、ミネソタでは絶大な人気を誇る。チームメイトのジャスティン・モルノーとのコンビは「M&M砲」と呼ばれている。バットコントロールに優れ、三振数は少ない。2008年までは長打力のなさを指摘されることが多かったが、2009年は長打力が飛躍的に向上し、長距離砲としても活躍している。突然の本塁打増加については、マウアー本人にも理由がよくわからないというが、モルノーは「あれだけの打者なんだから、これまで二塁打だった打球がフェンスを超えるようになっただけさ」と語っている。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たジョー・ネイサン

    マイナーリーグでの成長が著しく、ベースボール・アメリカの有望株ランキングではから3年連続でツインズ傘下最高と評価され、版の有望株ランキングではメジャー全30球団最高の評価を受けた。にはベースボール・アメリカ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞に選出されるなど既にメジャークラスでも遜色ないレベルに達していたため、ツインズのフロントは当時正捕手を務めていたA.J.ピアジンスキーをサンフランシスコ・ジャイアンツの3選手(ジョー・ネイサン、フランシスコ・リリアーノ、ブーフ・ボンサー)とトレードし、正捕手のポストを空けた。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たシルバースラッガー賞

    シルバースラッガー賞 4回:2006年、2008年、2009年、2010年ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たサンフランシスコ・ジャイアンツ

    マイナーリーグでの成長が著しく、ベースボール・アメリカの有望株ランキングではから3年連続でツインズ傘下最高と評価され、版の有望株ランキングではメジャー全30球団最高の評価を受けた。にはベースボール・アメリカ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞に選出されるなど既にメジャークラスでも遜色ないレベルに達していたため、ツインズのフロントは当時正捕手を務めていたA.J.ピアジンスキーをサンフランシスコ・ジャイアンツの3選手(ジョー・ネイサン、フランシスコ・リリアーノ、ブーフ・ボンサー)とトレードし、正捕手のポストを空けた。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たシアトル・マリナーズ

    高校時代に喫した三振は1つのみであり、このことは新聞にも掲載された。この三振はミネソタ州高校野球トーナメントの対エルク・リバー高校戦で、1-1の同点で迎えた6回・満塁でポール・ファイナー投手のカーブを空振りしたものである。マウアーはファウルだと思っていたが、主審のコールは空振りだったという。この話を聞いたマリナーズのイチロー(高校3年時の三振数が3)は「嘘でしょう?試合数が少ないからじゃない?」と驚嘆の声を上げた。高校時代の通算打率は.605。また、マウアーは打者として7試合連続本塁打のアメリカ高校タイ記録を持ち、投手として90mph前半(約145km/h?150km/h)の速球を投げ、24イニングで38奪三振の成績を残した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たボストン・レッドソックス

    は、シーズン終盤までボストン・レッドソックスのダスティン・ペドロイアと首位打者争いを展開。シーズン最終戦を終えた時点で、ア・リーグ唯一の打率.330台を記録した。シカゴ・ホワイトソックスとのワンゲームプレイオフで3打数ノーヒットに終わった為、最終的には.328に終わったが、自身2度目の首位打者のタイトルを獲得した。捕手で2度の首位打者を獲得したのは、アメリカ野球殿堂入りしたアーニー・ロンバルディ(1938年,1942年)以来、史上二人目の記録となった。MVP投票では4位に入った。また、自身初のゴールドグラブ賞を受賞した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示

「ジョー・マウアー」のニューストピックワード