71件中 61 - 70件表示
  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見た投手

    高校時代に喫した三振は1つのみであり、このことは新聞にも掲載された。この三振はミネソタ州高校野球トーナメントの対エルク・リバー高校戦で、1-1の同点で迎えた6回・満塁でポール・ファイナー投手のカーブを空振りしたものである。マウアーはファウルだと思っていたが、主審のコールは空振りだったという。この話を聞いたマリナーズのイチロー(高校3年時の三振数が3)は「嘘でしょう?試合数が少ないからじゃない?」と驚嘆の声を上げた。高校時代の通算打率は.605。また、マウアーは打者として7試合連続本塁打のアメリカ高校タイ記録を持ち、投手として90mph前半(約145km/h?150km/h)の速球を投げ、24イニングで38奪三振の成績を残した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見た一塁手

    マウアーは、捕手を「野球でのクォーターバックのようなもの」だと考えており、捕手のポジションに強い拘りを持っている。一方で毎年故障がちで欠場が多く、休養のためにDHで出場することも多い。2011年からは一塁手としても起用されている。また8月19日のヤンキース戦では右翼手としてスタメン出場した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たディビジョンシリーズ

    、開幕戦の4月5日にメジャーデビューを果たし、2安打2打点の活躍だったが、2日後の4月7日に左ひざを故障。6月2日の復帰後も7月15日に再び離脱し、ニューヨーク・ヤンキースとのディビジョンシリーズも出場せず、打率.308と好成績を残しながらも35試合の出場でシーズンを終えた。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たメジャーリーグベースボール

    ジョー・マウアー(Joe Mauer, 1983年4月19日 - )は、アメリカ合衆国ミネソタ州セントポール出身の野球選手(捕手)。フルネームはジョゼフ・パトリック・マウアー(Joseph Patrick Mauer)。現在はMLBミネソタ・ツインズに所属している。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見た参稼報酬調停

    年俸調停権を得たマウアーに対し、球団は2月11日、4年総額3,300万ドルで契約延長。2010年の新球場の完成まで在籍することとなった。2007年も好調を維持し、4月下旬には4割を上回る打率を記録していたが、腿を痛めて5月5日から故障者リスト入り。1か月後に復帰したものの、打撃では前年ほどの成績は残せなかった。そのため周囲からは「故障に弱い」「フルシーズンを戦う力がない」と批判された。しかし守備面では盗塁阻止率が.475(リーグ1位)に達するなど、素晴らしい成績を残している。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たカレッジフットボール

    野球よりもアメリカンフットボールの人気が高いミネソタ州で育ったため、少年時代はツインズよりも、NFLのミネソタ・バイキングスの方が好きだったという。マウアーは「今でもそうだよ(笑)」と冗談交じりに語っている。高校時代には全米有数のクォーターバック(QB)としても活躍。2年目のシーズンから先発QBの座を確保すると、2年間で5,528ヤードのパスを通し、71TDを記録している。USAトゥデイの年間最優秀オフェンス選手に選ばれた2000年には、パスで3,022ヤード獲得、41TD、3INT、パス成功率83.7%(241/288)という素晴らしい成績を残している。複数のスポーツでUSAトゥデイ紙の年間最優秀選手に選ばれた選手はマウアーが史上初であった。その後、マウアーには各大学から奨学金のオファーが殺到し、いったんはカレッジフットボールの強豪フロリダ州立大学への進学が内定していた。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見た野球選手

    ジョー・マウアー(Joe Mauer, 1983年4月19日 - )は、アメリカ合衆国ミネソタ州セントポール出身の野球選手(捕手)。フルネームはジョゼフ・パトリック・マウアー(Joseph Patrick Mauer)。現在はMLBミネソタ・ツインズに所属している。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たプレイヤー・オブ・ザ・マンス

    、正捕手の座を手に入れたマウアーは131試合に出場し、144安打・打率.294を記録。は6月6日から6月10日にかけてのマイク・ピアッツア以来となる5試合連続4出塁以上を達成。6月の月間打率.458を記録し、初の月間MVPを受賞した。シーズン終盤はデレク・ジーター、ロビンソン・カノとの三つ巴の首位打者争いを制し、打率.347でアメリカンリーグの捕手としては史上初の首位打者を獲得し、チームの地区優勝に貢献した。しかし、オールスターの投票では当初、あまりに無名なため票が入らず、球団はマウアーを売り出すため、自分のもみあげをはがし子供にプレゼントするという球団CM作成。最終的に2位に入り、監督推薦で出場した。8月7日にはスポーツ・イラストレイテッド誌の表紙に初登場した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見た2001年のMLBドラフト

    2月にアメリカンフットボールの奨学生としてフロリダ州立大学に進学することが決まった。しかし、MLBドラフトで全体1位指名権を持っていたミネソタ・ツインズは、当初指名予定だったマーク・プライアーが契約金を含め総額1,000万ドルを超える高額な契約を要求したこともあって指名の予定を変更し、全体1位でマウアーを指名。515万ドルの契約金を受けたマウアーは、フロリダ州立大への進学を断り、ツインズへの入団を決意した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たアメリカンフットボールのポジション

    マウアーは、捕手を「野球でのクォーターバックのようなもの」だと考えており、捕手のポジションに強い拘りを持っている。一方で毎年故障がちで欠場が多く、休養のためにDHで出場することも多い。2011年からは一塁手としても起用されている。また8月19日のヤンキース戦では右翼手としてスタメン出場した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

71件中 61 - 70件表示

「ジョー・マウアー」のニューストピックワード