1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示
  • ジル・シモン (F1)

    ジル・シモン (F1)から見たV型6気筒

    2009年12月より、トッドが会長を務める国際自動車連盟 (FIA) で、環境対応型エンジンのワーキンググループを監督。2014年よりF1に導入されるパワートレイン(V6ターボエンジン+エネルギー回生システム)のレギュレーション作成に携わった。ジル・シモン (F1) フレッシュアイペディアより)

  • ジル・シモン (F1)

    ジル・シモン (F1)から見たルノーF1

    フランス・パリ国立高等鉱業学校(École des Mines de Paris)で工学を学び、1984年に卒業。その後、4年間ルノーチームに加わり研究開発技術者として働いた。ジル・シモン (F1) フレッシュアイペディアより)

  • ジル・シモン (F1)

    ジル・シモン (F1)から見た工学

    フランス・パリ国立高等鉱業学校(École des Mines de Paris)で工学を学び、1984年に卒業。その後、4年間ルノーチームに加わり研究開発技術者として働いた。ジル・シモン (F1) フレッシュアイペディアより)

  • ジル・シモン (F1)

    ジル・シモン (F1)から見たフランス

    ジル・シモン(Gilles Simon 1958年6月14日 -)はフランス出身のモータースポーツ技術者。以前はスクーデリア・フェラーリのエンジン開発部門責任者を務めていた。2017年現在は国際自動車連盟(FIA)の技術部門責任者を務める。ジル・シモン (F1) フレッシュアイペディアより)

  • ジル・シモン (F1)

    ジル・シモン (F1)から見たスポーツカー世界選手権

    1990年よりプジョーに加入し、ル・マン24時間レースを中心としたスポーツカー世界選手権でのV10エンジン開発に加わり、1993年のル・マンで表彰台を独占するなどの成功を収めた。同年にはプジョー監督のジャン・トッドとともにF1のスクーデリア・フェラーリへ移籍し、パオロ・マルティネッリ率いるエンジン部門でV10エンジン開発を行った。ジル・シモン (F1) フレッシュアイペディアより)

  • ジル・シモン (F1)

    ジル・シモン (F1)から見たホンダF1

    その後、2015年よりF1に復帰したホンダエンジンの開発にコンサルタントとして関わっていたが、2017年半ばにホンダを離脱。同年9月にFIAと契約し技術部門責任者となったことが公表された。ジル・シモン (F1) フレッシュアイペディアより)

  • ジル・シモン (F1)

    ジル・シモン (F1)から見たV型10気筒

    1990年よりプジョーに加入し、ル・マン24時間レースを中心としたスポーツカー世界選手権でのV10エンジン開発に加わり、1993年のル・マンで表彰台を独占するなどの成功を収めた。同年にはプジョー監督のジャン・トッドとともにF1のスクーデリア・フェラーリへ移籍し、パオロ・マルティネッリ率いるエンジン部門でV10エンジン開発を行った。ジル・シモン (F1) フレッシュアイペディアより)

  • ジル・シモン (F1)

    ジル・シモン (F1)から見た運動エネルギー回生システム

    2009年12月より、トッドが会長を務める国際自動車連盟 (FIA) で、環境対応型エンジンのワーキンググループを監督。2014年よりF1に導入されるパワートレイン(V6ターボエンジン+エネルギー回生システム)のレギュレーション作成に携わった。ジル・シモン (F1) フレッシュアイペディアより)

  • ジル・シモン (F1)

    ジル・シモン (F1)から見たパリ国立高等鉱業学校

    フランス・パリ国立高等鉱業学校(École des Mines de Paris)で工学を学び、1984年に卒業。その後、4年間ルノーチームに加わり研究開発技術者として働いた。ジル・シモン (F1) フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示

「ジル・シモン」のニューストピックワード