前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
630件中 1 - 10件表示
  • ムタレ

    ムタレから見たジンバブエジンバブエ

    ムタレ(Mutare)はジンバブエのマニカランド州の州都。ムタレ フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ブラック

    ウェイン・ブラックから見たジンバブエジンバブエ

    ウェイン・ハミルトン・ブラック(Wayne Hamilton Black, 1973年11月14日 - )は、ジンバブエ・ハラレ出身の男子プロテニス選手。兄のバイロン・ブラックと末の妹カーラ・ブラックもプロテニス選手で、ウェインは3人兄弟の真ん中である。ATPツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで18勝を挙げ、4大大会でも男子ダブルス2勝、混合ダブルス2勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス69位、ダブルス4位。身長170cm、体重70kg、右利き。ウェイン・ブラック フレッシュアイペディアより)

  • 南アフリカ共和国

    南アフリカ共和国から見たジンバブエジンバブエ

    南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから、国を代表する首都はプレトリアと認知されている。南アフリカ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ローデシア

    ローデシアから見たジンバブエジンバブエ

    ローデシア(Rhodesia)は、ザンビア・ジンバブエを合わせた地域の名称。また、1965年から1979年にかけてのジンバブエを実質支配していた白人政権が用いた名称。ローデシア フレッシュアイペディアより)

  • 非同盟および発展途上国の平壌映画祭

    非同盟および発展途上国の平壌映画祭から見たジンバブエジンバブエ

    第8回非同盟諸国首脳会議(1986年9月、ジンバブエ)で、加盟国間の親善・文化交流のため、平壌での定期的開催を申し入れたことを契機として開催が決定され、非同盟運動史上、初めて催された。非同盟および発展途上国の平壌映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ブレンダン・ギャロウェイ

    ブレンダン・ギャロウェイから見たジンバブエジンバブエ

    ブレンダン・ギャロウェイ (Brendan Joel Zibusiso Galloway,1996年3月17日 - )は、ジンバブエ出身、イギリス・イングランド育ちのプロサッカー選手。サンダーランドAFCに所属している。ポジションはDF。ブレンダン・ギャロウェイ フレッシュアイペディアより)

  • モザンビーク

    モザンビークから見たジンバブエジンバブエ

    モザンビーク共和国(モザンビークきょうわこく)、通称モザンビークは、アフリカ大陸南東部に位置する共和制国家である。南に南アフリカ共和国、南西にスワジランド、西にジンバブエ、北西にザンビア、マラウイ、北にタンザニアと国境を接し、モザンビーク海峡を隔てて東にマダガスカルとコモロが存在する。首都はマプト。モザンビーク フレッシュアイペディアより)

  • ニック・プライス

    ニック・プライスから見たジンバブエジンバブエ

    ニック・プライス(Nick Price, 1957年1月28日 - )は、ジンバブエのプロゴルファーである。1990年代を代表するゴルファーの1人として、メジャー大会に通算「3勝」を挙げた名選手である。1993年と1994年の2年連続でアメリカPGAツアー賞金王(賞金ランキング1位)になり、1994年は世界ランキングでも年間最終ランキング1位に輝いた。PGAツアーでメジャー3勝を含む通算18勝、国際試合で24勝を挙げる。ニック・プライス フレッシュアイペディアより)

  • ボツワナ

    ボツワナから見たジンバブエジンバブエ

    ボツワナ共和国(ボツワナきょうわこく)、通称ボツワナは、南部アフリカの内陸に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。南を南アフリカ共和国、西と北をナミビア、東をジンバブエ、北をザンビアに囲まれた内陸国である。なおザンビアとの国境は約150mしかなく、世界で一番短い国境線である。ボツワナ フレッシュアイペディアより)

  • ケープ・カイロ鉄道

    ケープ・カイロ鉄道から見たジンバブエジンバブエ

    この鉄道の目的は本来、ザンビアの鉱産資源を白人支配下にあった南アフリカやローデシア(現ジンバブエ)、当時ポルトガル領だったモザンビークを経由することなくインド洋の港まで運ぶことであり、ケープ・カイロ鉄道の構想とは無関係である。しかし結果的には、これによって東アフリカと南部アフリカの鉄道網が一つに結ばれた。ケープ・カイロ鉄道 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
630件中 1 - 10件表示

「ジンバブエ」のニューストピックワード