479件中 91 - 100件表示
  • タンド・ヴェラフィ

    タンド・ヴェラフィから見たジンバブエジンバブエ

    タンド・ヴェラフィ(Tando Yuji Velaphi、1987年4月17日 - )は、オーストラリア・パース出身のサッカー選手。ポジションはGK。ジンバブエ人の父と日本人の母を持つ。2008年に行われた北京オリンピック本大会のオーストラリア代表に選出されるも出場機会は無かった。タンド・ヴェラフィ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・パベル

    アンドレイ・パベルから見たジンバブエジンバブエ

    アンドレイ・パベルは1991年に男子テニス国別対抗戦・デビスカップのルーマニア代表選手に初選出され、1992年の全仏オープン男子ジュニア部門で優勝した。1994年以後デ杯に連続出場を続け、これまでにチーム歴代3位の「40勝22敗」(シングルス32勝15敗、ダブルス8勝7敗)を記録している。パベルのツアー初優勝は、1998年4月の「ジャパン・オープン」である。決勝でジンバブエのバイロン・ブラックを 6-3, 6-4 で破り、初めてのシングルス・タイトルを日本で獲得した。4大大会で初めての好成績は、1999年の全豪オープン4回戦進出である。2000年は全米オープンでも初の4回戦に進出した。2001年の「カナダ・マスターズ」で、パベルはパトリック・ラフターを 7-6, 2-6, 6-3 で破って優勝したが、これが最後の優勝となり、その後は4度の決勝戦に敗れている。アンドレイ・パベル フレッシュアイペディアより)

  • モンゴンゴ

    モンゴンゴから見たジンバブエジンバブエ

    モンゴンゴはアフリカ南部に広く分布する。いくつかの分布帯に分けられるが、最大のものはナミビア北部からボツワナ北部、ザンビア南西部、ジンバブエ西部に及ぶ。他の分布帯はマラウィ東部、またモザンビーク東部に見られる。モンゴンゴ フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・ボイス・オンライン

    グローバル・ボイス・オンラインから見たジンバブエジンバブエ

    同プロジェクトの掲げる目標は二つの側面を持つ。一つは、「ブリッジブロガー」(bridgeblogger)の作り出すコミュニティをうまく機能するよう努めることである。ブリッジブロガーとは複数の言語または文化に精通する者らのことを指し、2つの言語もしくは2つの文化の架け橋を作る役目を果たす。プロジェクトは世界各地域にいる編集者らからなるチームを持ち、ブロゴスフィアの多様性の中で、それこそアフガニスタンからジンバブエに至るまでといったような、西洋圏の外側にありあまり脚光を浴びない話題にとりわけ注目しつつ、プロジェクトが興味を持つ話題を編集者らが拾い集める。一例を挙げると、コンゴ人ブロガーらが2006年の選挙について議論する様子や、ヨルダン人他アラブ人ブロガーらが2005年のデンマーク紙の風刺画論争について応酬する様子をプロジェクトのホームページの記事から見ることができる。グローバル・ボイス・オンライン フレッシュアイペディアより)

  • サンドン・ストール

    サンドン・ストールから見たジンバブエジンバブエ

    その後、ストールは1999年にウェイン・ブラック(ジンバブエ)、2000年はポール・ハーフース(オランダ)や、オーストラリアの後輩選手レイトン・ヒューイットなどとペアを組んだ。1999年ウィンブルドン2回戦でゴラン・イワニセビッチに敗れた試合を最後に、ストールはシングルスから撤退し、以後の活動をダブルスのみに絞った。2000年はハーフースとのコンビで好成績が多く、全仏オープンとウィンブルドンの2大会連続で男子ダブルス決勝に進出したが、両大会とも同じオーストラリアの「ウッディーズ」に連敗して準優勝になった。全仏オープンとウィンブルドンでは、サンドンは親子2代優勝の夢を果たせなかった。2001年3月5日付で、サンドン・ストールはATPツアーでダブルスランキング「2位」に入り、この年にツアーで年間5勝を記録した。2002年10月、オーストリア・ウィーン大会でジョシュア・イーグル(同じオーストラリアの選手)と組み、決勝でチェコペアのイリ・ノバク&ラデク・ステパネク組を 6-4, 6-3 で破った勝利が、ストールの現役最後の優勝になった(22勝目)。2003年1月、全豪オープンの男子ダブルス1回戦敗退を最後に32歳で現役を引退。引退後はテニスコーチとして活動し、2007年9月から「オーストラリア・スポーツ研究所」のテニスコーチに指名された。サンドン・ストール フレッシュアイペディアより)

  • ヤッコ・エルティン

    ヤッコ・エルティンから見たジンバブエジンバブエ

    1988年にプロ入り。エルティンは1991年から4大大会に挑戦を始め、ウィンブルドン初出場でシングルス4回戦に進出し、男子テニスツアーのダブルスで年間4勝を挙げた。1992年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのオランダ代表選手となり、同年6月にイギリス・マンチェスターの大会でシングルス初優勝を果たす。キャリアの最初期はいろいろな選手とダブルスのペアを組んだが、1993年からエルティンはほとんどの大会で4歳年上のポール・ハーフースと組むようになった。1993年4月、アメリカ・ジョージア州アトランタ大会でシングルス2勝目を挙げる。1994年からエルティン&ハーフース組は世界の頂点を争うコンビになり、全豪オープンと全米オープンで4大大会男子ダブルスの年間2冠を獲得した。2人は全豪オープン決勝でバイロン・ブラック(ジンバブエ)&ジョナサン・スターク(アメリカ)組を 6-7, 6-3, 6-4, 6-3 で破り、4大大会ダブルス初優勝を飾った。全米オープン決勝ではマーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ組を 6-3, 7-6 で破り、エルティン&ハーフース組と「ウッディーズ」がダブルスでしのぎを削り始める。ダブルス年間2冠を獲得した1994年は、シングルスでも年間2勝を挙げ、全仏オープン4回戦でウクライナのアンドレイ・メドベデフに敗れた。ヤッコ・エルティン フレッシュアイペディアより)

  • ケネス・カールセン

    ケネス・カールセンから見たジンバブエジンバブエ

    1998年4月、カールセンは香港大会のシングルス決勝でバイロン・ブラック(ジンバブエ)を 6-2, 6-0 で破り、ここでツアー初優勝を果たした。これはデンマーク人の男子選手がATPツアーで獲得した最初のシングルス・タイトルである。その後左肩の故障に悩み、2000年のシーズンを棒に振る。2度の手術で1年8ヶ月のブランクを経験し、2001年6月にようやくツアー復帰を果たした。2002年9月のジャパン・オープンで、カールセンは決勝でマグヌス・ノーマン(スウェーデン)を 7-6, 6-3 で破り、4年ぶりのツアー2勝目を挙げた。この優勝により、カールセンは世界ランキングを65位まで戻した。2004年、ウィンブルドンで10年ぶり3度目の3回戦進出を果たす。2005年2月、アメリカ・テネシー州メンフィス大会の決勝でマックス・ミルヌイ(ベラルーシ)を破り、ツアー3勝目を達成した。ケネス・カールセン フレッシュアイペディアより)

  • タチアナ・ゴロビン

    タチアナ・ゴロビンから見たジンバブエジンバブエ

    ゴロビンの父親はアイスホッケーのコーチで、彼女が8歳の時に家族を連れてロシアの首都モスクワからフランス・リヨン市に引っ越した。それ以来、タチアナ・ゴロビンはフランス市民となる。2003年からWTAツアー大会に挑戦を始め、同年の全仏オープンで4大大会にデビュー。2004年の全豪オープンで、16歳になったばかりのゴロビンはいきなり女子シングルス4回戦に進出し、2週間後の「パリ・インドア選手権」でもマリー・ピエルスとの準決勝に進む。全仏オープンの混合ダブルスで同じフランスのリシャール・ガスケとペアを組んだゴロビンは、決勝でジンバブエのウェイン・ブラックとカーラ・ブラックの兄妹ペアを 6-3, 6-4 で破って初優勝を飾った。全仏の混合ダブルスで優勝した後、ゴロビンはイギリス・バーミンガムの芝生の大会に乗り込み、マリア・シャラポワとの決勝戦に進出した。続くウィンブルドンでもセリーナ・ウィリアムズとの4回戦まで勝ち進み、女子テニス国別対抗戦・フェドカップのフランス代表選手にも初選出され、準決勝と決勝でそれぞれシングルス2試合に起用された。この年の目覚ましい活躍を評価され、ゴロビンは女子テニス協会の2004年度「最優秀新人賞」を受賞した。タチアナ・ゴロビン フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・ホッキング

    ゲイリー・ホッキングから見たジンバブエジンバブエ

    ウェールズで生れたホッキングは、幼い頃に家族とともに南ローデシア(現在のジンバブエ)に移り住んだ。10代の時にグラストラックレース(ダートトラックレースの前身)を始めたが、程なくしてロードレースに進んだ。その頃に家族はイギリスに帰ったが、ホッキングは一人ローデシアに残ってレースを続ける道を選んだ。ゲイリー・ホッキング フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・ピリッチ

    ニコラ・ピリッチから見たジンバブエジンバブエ

    ピリッチのテニス経歴は、1960年のウィンブルドン選手権2回戦から始まる。1961年から1967年までの7年間、彼はデビスカップのユーゴスラビア代表選手を務めた。1966年のウィンブルドン男子ダブルス1回戦で、ピリッチはジーン・スコット(アメリカ)とペアを組み、クリフ・リッチー(アメリカ)&トルベン・ウルリッヒ(デンマーク)組に 19-21, 12-10, 6-4, 4-6, 9-7 のスコアで勝った。この試合で繰り広げられた「98ゲーム」は、41年間にわたりウィンブルドン男子ダブルスの最多ゲーム記録であった。(2007年のウィンブルドン男子ダブルス2回戦で、マルセロ・メロ&アンドレ・サ(ともにブラジル)組とケビン・ウリエット(ジンバブエ)&ポール・ハンリー(オーストラリア)組が 5-7, 7-6, 4-6, 7-6, 28-26 の「102ゲーム」を戦い、41年ぶりにピリッチたちの記録を更新した。)1967年、ピリッチは全仏選手権でトニー・ローチ(オーストラリア)との準決勝に進み、当時の男子テニス世界ランキングで「7位」に入った。全米選手権終了後、彼はプロテニス選手に転向した。ニコラ・ピリッチ フレッシュアイペディアより)

479件中 91 - 100件表示

「ジンバブエ」のニューストピックワード