630件中 91 - 100件表示
  • ンドラ

    ンドラから見たジンバブエジンバブエ

    1907年、(略称: RR、)の本線がンドラまで開通した。これによって南に向けての旅客輸送は、現在のジンバブエのブラワーヨまで達し、乗り換えることによって現在の南アフリカ共和国のケープタウンまで行くことができるようになった。鉄道はコンゴ民主共和国まで延長され、最終的にはベンゲラ鉄道によって大西洋岸にある現在のアンゴラのロビトに通じることとなった。なお、このロビトへのルートは、かつてザンビアからの銅の輸出経路の一つであったが、現在では使用されていない。ンドラのターミナル駅は、この町を国の流通の中心地にする責務を担っていた。1924年に市制が施行された。1958年に新式の「ンドラ銅」(Ndola Copper Refinery)が完成した。ンドラ フレッシュアイペディアより)

  • カルー超層群

    カルー超層群から見たジンバブエジンバブエ

    カルー超層群(カルーちょうそうぐん、)は、南部アフリカの面積の3分の2を覆い、南アフリカからザンビア、ジンバブエ、マラウィに広がる超層群。頁岩と砂岩から成る、後期石炭紀から前期ジュラ紀に及ぶ地層である。下位から上位にかけて、、、、などに分けられる。カルー超層群 フレッシュアイペディアより)

  • マショナ (小惑星)

    マショナ (小惑星)から見たジンバブエジンバブエ

    ローデシア(現:ジンバブエなど)に住んでいたマショナ人に因んで名付けられた。マショナ (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • カリバ (小惑星)

    カリバ (小惑星)から見たジンバブエジンバブエ

    アフリカ大陸のザンビアとジンバブエの国境にあるカリバ湖に因む。カリバ湖は、1963年に完成したカリバダムによって誕生した人造湖である。カリバ (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • ローデシア (小惑星)

    ローデシア (小惑星)から見たジンバブエジンバブエ

    アフリカのジンバブエとザンビアにまたがる地域の旧称ローデシアに因んで命名された。ローデシア (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • メガプノサウルス

    メガプノサウルスから見たジンバブエジンバブエ

    肉や魚を食べていたと推察され、2mぐらいといわれている。今のところ、ジンバブエ、アメリカ合衆国、南アメリカで産出。鶏冠が雄にはあったといわれる。メガプノサウルス フレッシュアイペディアより)

  • ヴェンダ語

    ヴェンダ語から見たジンバブエジンバブエ

    ヴェンダ語(ヴェンダご、ヴェンダ語: Tshiven?a、)は、ニジェール・コンゴ語族のバントゥー語群に属する言語。南アフリカ共和国の北部のリンポポ州とジンバブエにまたがって約75万人の話者が存在する。南アフリカ共和国の公用語のひとつである。ヴェンダ語 フレッシュアイペディアより)

  • レイ・アム

    レイ・アムから見たジンバブエ共和国ジンバブエ

    レイ・アム(Ray Amm 、1927年12月10日 - 1955年4月11日)は、南ローデシアのソールズベリー(現在のジンバブエ共和国のハラレ)出身のオートバイレーサー。本名はウィリアム・レイモンド・アム(William Raymond Amm)。マン島での3勝を含むグランプリ5勝を挙げた、第二次世界大戦後間もない頃のロードレースを代表するライダーの一人である。、MVアグスタに移籍後最初のレースで事故死した。レイ・アム フレッシュアイペディアより)

  • ンセンガ族

    ンセンガ族から見たジンバブエジンバブエ

    ンセンガ族(Nsenga)は、ザンビアとモザンビーク、ジンバブエ、マラウイに住む民族である。ンセンガ族 フレッシュアイペディアより)

  • グロリオサ

    グロリオサから見たジンバブエジンバブエ

    英語でGlory Lily(栄光のユリ)、あるいはFlame Lily(炎のユリ)と呼ばれることもある。グロリオサの一種、G.rothschildianaは、ジンバブエの国花であり、かつてローデシアの国花でもあった。グロリオサ フレッシュアイペディアより)

630件中 91 - 100件表示

「ジンバブエ」のニューストピックワード