479件中 11 - 20件表示
  • ボツワナの歴史

    ボツワナの歴史から見たジンバブエジンバブエ

    ボツワナは歴史的には他の大陸やアフリカに興った帝国との関係が薄く、ゆるやかに独自に発展してきた。北のコンゴ諸王国のほか、イスラム商人が訪れるアフリカ東海岸との間にも山岳地帯が広がり、ほとんど影響を受けることがなかった。アフリカ大陸の中でも特に辺境であるといえるだろう。一方、一帯では少量ながら金が産出するため、唯一、東のジンバブエに栄えた諸王国との交流は進んでおり、安定した社会が形成されていた。ボツワナの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の気象・地象・天象

    2007年の気象・地象・天象から見たジンバブエジンバブエ

    上旬?下旬 - ジンバブエで北部を中心に洪水、合わせて27が死亡した。国内のほとんどの地域で、12月の降水量が平年の2倍の300mm前後となった。2007年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 南ンデベレ語

    南ンデベレ語から見たジンバブエジンバブエ

    南ンデベレ語 (みなみンデベレご、 South Ndebele) は、ニジェール・コンゴ語族ののバントゥー語群に属す、南アフリカ共和国のプレトリア北東で話される言語である。ジンバブエの北ンデベレ語は近縁だが異なる言語である。南ンデベレ語 フレッシュアイペディアより)

  • メタルギアソリッド

    メタルギアソリッドから見たジンバブエジンバブエ

    スネークの作戦サポート要員の一人。年齢は20代。身長165?。FOXHOUNDのメディカルスタッフを務める遺伝子治療の専門家で、ATGC社社員の民間人だが、FOXHOUND隊員やゲノム兵の遺伝子治療を担当している。ベクターとなる転移遺伝子を発見し、遺伝子ターゲット法を考案。遺伝子治療の分野に貢献した功績がある。敵情に最も詳しい人物として作戦に参加するが、FOXHOUND側のスパイであった。ローデシア独立戦争期のジンバブエにおいて両親を失い、そこで少年兵だったグレイ・フォックスに拾われた後、ビッグボスの手でアメリカに移住した。幼少期に親を亡くした為に自身の出生を知らず、遺伝子から自らのルーツを探ろうと遺伝子分野に進み、中東で行方不明になったアメリカ人女性「ナオミ・ハンター」の戸籍を入手した。フォックスによるクラーク博士の殺害事件を隠蔽して彼を匿い、作戦前にフォックスに由来する怨恨で、不凍液注射の際に独自に調整を施した暗殺ウィルスFOXDIEをスネークに注射していた事も分かる。しかし、スネークと接していく内に、スネークのことやスネークとフォックスの関係について触れ、スネークへの心象が変わってゆく。メタルギアソリッド フレッシュアイペディアより)

  • アレグザンダー・マコール・スミス

    アレグザンダー・マコール・スミスから見たジンバブエジンバブエ

    アレグザンダー・“サンディ”・マコール・スミス(Alexander "Sandy" McCall Smith、CBE、、1948年8月24日 - )は、ローデシア(現・ジンバブエ)生まれのスコットランドの作家、エディンバラ大学の医事法の名誉教授。20世紀後半に医事法と生命倫理学の権威となった。代表作は『No.1レディーズ探偵社』シリーズ。アレグザンダー・マコール・スミス フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ広域知的財産機関

    アフリカ広域知的財産機関から見たジンバブエジンバブエ

    アフリカ広域知的財産機関(アフリカこういきちてきざいさんきかん、英:African Regional Intellectual Property Organization、ARIPO)は、英語圏を中心とするアフリカ諸国からなる知的財産権に関する国際機関である。加盟国における知的財産権の出願受付、登録などの業務を行う。本部はジンバブエのハラレ。アフリカ広域知的財産機関 フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・リホフツェワ

    エレーナ・リホフツェワから見たジンバブエジンバブエ

    リホフツェワはダブルスの名手としてよく知られ、女子テニスツアーでダブルス通算27勝を挙げている。1997年から1999年にかけては、日本の杉山愛とペアを組み、6つのダブルス・タイトルを獲得した。2000年の全米オープンで、リホフツェワはカーラ・ブラック(ジンバブエ)と組んで初の4大大会女子ダブルス決勝に進出したが、杉山とアラール=デキュジスの組に 1-6, 6-1, 1-6 で敗れて準優勝になった。2004年、彼女はウィンブルドンを除く3大会で4大大会女子ダブルス決勝に進出した。パートナーはすべて同じロシアのスベトラーナ・クズネツォワと組んだが、すべての決勝戦でビルヒニア・ルアノ・パスクアル(スペイン)&パオラ・スアレス(アルゼンチン)組に敗れ、3大会とも準優勝に終わってしまう。2004年度の4大大会女子ダブルス決勝戦は「ルアノ・パスクアル&スアレス組が、リホフツェワ&クズネツォワ組に3戦全勝」の結果になった。その後も、リホフツェワは様々な選手たちとペアを組んで好成績を維持してきた。エレーナ・リホフツェワ フレッシュアイペディアより)

  • レネ・スタブス

    レネ・スタブスから見たジンバブエジンバブエ

    スタブスとレイモンドは、ダブルスでパートナーを組んでいた間、私生活でもレズビアン関係にあった(後にスタブスが明らかにした)。2004年のウィンブルドン女子ダブルスでは、ジンバブエのカーラ・ブラックとペアを組んで3年ぶり2度目の優勝を果たし、杉山愛とリーゼル・フーバー(南アフリカ)の組を 6-3, 7-6 で破った。2006年度は年頭にアメリカのコリーナ・モラリューと組んだ優勝が1つあるが、シーズン途中からカーラ・ブラックと組むことが多くなった。2007年と2008年はクベタ・ペシュケ(チェコ)と組み、2009年以後は同じオーストラリアのサマンサ・ストーサーと組んで大半の試合に出場している。レネ・スタブス フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ハンリー

    ポール・ハンリーから見たジンバブエジンバブエ

    ハンリーは普段からダブルスのスペシャリストとして活動し、4大大会の男子シングルスには1度も出場記録がない。これまでにATPツアーでダブルス25勝を挙げている。ダブルスの自己最高ランキングは5位。彼が息を合わせてきたダブルス・パートナーには、ウェイン・アーサーズ(同じオーストラリアの選手)やケビン・ウリエット(ジンバブエ)などがいる。ポール・ハンリー フレッシュアイペディアより)

  • リーゼル・フーバー

    リーゼル・フーバーから見たジンバブエジンバブエ

    2001年9月23日、日本の東京・有明コロシアムで行われた「トヨタ・プリンセス・カップ」の女子ダブルスでツアー初優勝を達成する。パートナーはジンバブエのカーラ・ブラックと組み、第1シードの杉山愛&キム・クライシュテルス組を 6-1, 6-3 で破っての初優勝だった。この後日本の「ジャパン・オープン」にも出場し、オーストラリアのレイチェル・マッキランとのペアで優勝した。ここから、リーゼル・フーバーはダブルスのスペシャリストとしてのキャリアを開花させる。2002年は女子ダブルスで1勝、2003年は5勝を挙げた。2003年3月末の「マイアミ・マスターズ」と4月第1週のサラソタ大会で2週連続優勝を記録した時は、その2週連続で浅越しのぶと宮城ナナの日本ペアを決勝で破ったこともある。マイアミではマグダレナ・マレーバとペアを組み、サラソタでは2000年秋からダブルスに復帰したベテランのマルチナ・ナブラチロワと組んで優勝した。リーゼル・フーバー フレッシュアイペディアより)

479件中 11 - 20件表示

「ジンバブエ」のニューストピックワード