630件中 11 - 20件表示
  • アフリカ広域知的財産機関

    アフリカ広域知的財産機関から見たジンバブエジンバブエ

    アフリカ広域知的財産機関(アフリカこういきちてきざいさんきかん、英:African Regional Intellectual Property Organization、ARIPO)は、英語圏を中心とするアフリカ諸国からなる知的財産権に関する国際機関である。加盟国における知的財産権の出願受付、登録などの業務を行う。本部はジンバブエのハラレ。アフリカ広域知的財産機関 フレッシュアイペディアより)

  • ブッシュバック属

    ブッシュバック属から見たジンバブエジンバブエ

    6本から8本の横縞を持つ種で、アンゴラ、ザンビア、ボツワナ、ジンバブエなど広域に分布している。ブッシュバック属 フレッシュアイペディアより)

  • 北ンデベレ語

    北ンデベレ語から見たジンバブエジンバブエ

    北ンデベレ語 (きたンデベレご、北ンデベレ語: isiNdebele、) は、ニジェール・コンゴ語族ののバントゥー語群に属す、ジンバブエ南西部で話される言語である。南アフリカ共和国の南ンデベレ語は近縁だが異なる言語である。北ンデベレ語 フレッシュアイペディアより)

  • ルピヤ・バンダ

    ルピヤ・バンダから見たジンバブエジンバブエ

    南ローデシア(現在のジンバブエ)南マタベレランド州、グワンダに生まれる。両親は北ローデシア(ザンビア)に職を得、移る。バンダにはオランダ改革派教会の後援で教育を受けることができた。1960年政治活動を開始し、統一民族独立党(UNIP)青年部に入党する。1966年ホープ・ムワンザ・マクルと結婚し5人の子を儲けた。ルピヤ・バンダ フレッシュアイペディアより)

  • テレンス・レンジャー

    テレンス・レンジャーから見たジンバブエジンバブエ

    テレンス・オズボーン・レンジャー(Terence Osborn Ranger、1929年11月29日 - 2015年1月3日)は、アフリカ史、特にの研究を行なった高名なイギリスの歴史家。レンジャーは、ポスト・コロニアル世代の歴史学者のひとりであり、その業績は、1960年代から現代まで、1980年のジンバブエ独立の以前にも、以降にも及んでいる。テレンス・レンジャー フレッシュアイペディアより)

  • アジア・アフリカの競馬

    アジア・アフリカの競馬から見たジンバブエジンバブエ

    このほか、アジア・アフリカのパート2国には、インド、マレーシア、ジンバブエ、マカオが認定されている。アジア・アフリカの競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 南ンデベレ語

    南ンデベレ語から見たジンバブエジンバブエ

    南ンデベレ語 (みなみンデベレご、 South Ndebele) は、ニジェール・コンゴ語族ののバントゥー語群に属す、南アフリカ共和国のプレトリア北東で話される言語である。ジンバブエの北ンデベレ語は近縁だが異なる言語である。南ンデベレ語 フレッシュアイペディアより)

  • チェワ族

    チェワ族から見たジンバブエジンバブエ

    学識者によれば、チニャンジャ語とチチェワ語、チェワ語は、16世紀に舌の使い方の差異から生じた言語であるという。20世紀初頭にチェワ語の語彙と文法は、ジンバブエで話されるショナ語の方言に影響を受けて類似した。このうち特に強い影響を受けたものを、チゼズズ語(ChiZezuru)やチマニカ語(ChiManyika)と呼ぶ。チェワ族 フレッシュアイペディアより)

  • ジンバブエの鉄道

    ジンバブエの鉄道から見たジンバブエジンバブエ

    ジンバブエの鉄道では、ジンバブエにおける鉄道について記す。ジンバブエの鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • アレグザンダー・マコール・スミス

    アレグザンダー・マコール・スミスから見たジンバブエジンバブエ

    アレグザンダー・“サンディ”・マコール・スミス(Alexander "Sandy" McCall Smith、CBE、、1948年8月24日 - )は、ローデシア(現・ジンバブエ)生まれのスコットランドの作家、エディンバラ大学の医事法の名誉教授。20世紀後半に医事法と生命倫理学の権威となった。代表作は『No.1レディーズ探偵社』シリーズ。アレグザンダー・マコール・スミス フレッシュアイペディアより)

630件中 11 - 20件表示

「ジンバブエ」のニューストピックワード