479件中 21 - 30件表示
  • ブッシュバック属

    ブッシュバック属から見たジンバブエジンバブエ

    6本から8本の横縞を持つ種で、アンゴラ、ザンビア、ボツワナ、ジンバブエなど広域に分布している。ブッシュバック属 フレッシュアイペディアより)

  • クロサイ

    クロサイから見たジンバブエジンバブエ

    ケニア、タンザニアから、カメルーン、更にナミビア、ジンバブエ、南アフリカに渡るサハラ砂漠以南のアフリカ大陸に広範に分布する。クロサイ フレッシュアイペディアより)

  • ズールー語

    ズールー語から見たジンバブエジンバブエ

    クワズール・ナタール州およびハウテン州で広範に話され、レソト、スワジランド、ジンバブエにも話者がいる。ジンバブエ南部で話されているズールー語は、一般に(北)ンデベレ語と呼ばれている。マラウイやタンザニア南部で話されるンゴニ語(ンゴニ族の言語)とも近隣関係にあると考えられているが、これは19世紀からのズールー族の移民とも関係が深い。ズールー語 フレッシュアイペディアより)

  • 北ンデベレ語

    北ンデベレ語から見たジンバブエジンバブエ

    北ンデベレ語 (きたンデベレご、 North Ndebele) は、ニジェール・コンゴ語族ののバントゥー語群に属す、ジンバブエ南西部で話される言語である。南アフリカ共和国の南ンデベレ語は近縁だが異なる言語である。北ンデベレ語 フレッシュアイペディアより)

  • 世界基督教統一神霊協会の年表

    世界基督教統一神霊協会の年表から見たジンバブエジンバブエ

    アフリカのジンバブエのクレオパス.クンディオナ (26) に文鮮明の亡くなった次男,文興進が霊的に再臨したとして、文鮮明の公認の下で、幹部や信者らに罪の告白をさせるために1987年から1988年にかけて世界を回る。世界基督教統一神霊協会の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年

    2009年から見たジンバブエジンバブエ

    ジンバブエ中央銀行、100兆ジンバブエ・ドル紙幣の発行を発表。2009年 フレッシュアイペディアより)

  • マラウイ

    マラウイから見たジンバブエジンバブエ

    第二次世界大戦後、1953年に北ローデシア(現ザンビア)、南ローデシア(現ジンバブエ)、ニヤサランド(現マラウイ)をあわせたローデシア・ニヤサランド連邦(イギリス領中央アフリカ連邦、CAF、1953年 - 1963年)が成立した。これは、地下資源の豊富な北ローデシア、製造業が盛んな南ローデシアと、黒人労働力の供給先であるニヤサランドを結びつけて経済発展を図った白人入植者(アングロアフリカン)の策であった。しかし、1958年11月23日の(AAPC)に出席したバンダをはじめとした急進派の独立運動がアフリカ各地で高揚した。ニヤサランドでは1959年にローデシア・ニヤサランド連邦への反対運動を続けたバンダがグウェル(現ジンバブエ領内)に投獄されたが、いわゆる1960年の「アフリカの年」を迎えるなかで、連邦分離の動きは止まらず、連邦の維持は困難になっていた。1962年には連邦内の自治権を獲得し、1963年には連邦離脱の権利を認めさせ、ローデシア・ニヤサランド連邦は解体した。マラウイ フレッシュアイペディアより)

  • エメラルド

    エメラルドから見たジンバブエジンバブエ

    コロンビア、ブラジル、ザンビア、ジンバブエ、マダガスカル、パキスタンなど各地で産出されるが、現在は、コロンビアが最大の産出国である。エメラルド フレッシュアイペディアより)

  • ダム

    ダムから見たジンバブエジンバブエ

    貯水容量においても莫大な容量を有する人造湖が続々と誕生した。フーバーダムは総貯水容量が348.5億立方メートルと日本にある全てのダム貯水容量を凌駕する容量を有するが、ジンバブエとザンビア国境にあるカリバダムは総貯水容量が1,806億立方メートルと琵琶湖の約67倍の容量を誇り人造湖単体としては世界最大の人造湖を生み出した。1957年にウガンダに建設されたオーエン・フォールズダムが世界最大ともいわれるが、総貯水容量2兆7000億立方メートルの大半はヴィクトリア湖の容量であり、ダムによる増量分は2,700億立方メートルである。このほか世界有数の大河川の本流にもダムが建設され、1958年黄河に完成した三門峡ダム、1970年ナイル川に完成したアスワン・ハイ・ダム、1991年パラナ川に完成したイタイプダムなどはダム・人造湖の規模においても世界有数であり、2009年長江に完成した三峡ダムはダム・人造湖のほか世界最大の水力発電所を擁する。ダム フレッシュアイペディアより)

  • ルピヤ・バンダ

    ルピヤ・バンダから見たジンバブエジンバブエ

    南ローデシア(現在のジンバブエ)南マタベレランド州、グワンダに生まれる。両親は北ローデシア(ザンビア)に職を得、移る。バンダにはオランダ改革派教会の後援で教育を受けることができた。1960年政治活動を開始し、統一民族独立党(UNIP)青年部に入党する。1966年ホープ・ムワンザ・マクルと結婚し5人の子を儲けた。ルピヤ・バンダ フレッシュアイペディアより)

479件中 21 - 30件表示

「ジンバブエ」のニューストピックワード