479件中 31 - 40件表示
  • 炭疽菌

    炭疽菌から見たジンバブエジンバブエ

    1979年、ローデシアとジンバブエでの炭疽流行炭疽菌 フレッシュアイペディアより)

  • ザンビア

    ザンビアから見たジンバブエジンバブエ

    ザンビア共和国(ザンビアきょうわこく)、通称ザンビアは、アフリカ南部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。かつてはイギリス領北ローデシアであった地域である。内陸国であり、コンゴ民主共和国、タンザニア、マラウイ、モザンビーク、ジンバブエ、ナミビア、アンゴラの7つの国に接している。首都はルサカ。2010年に発表された世界平和度指数ランキングでは149か国中51位となり、アフリカでもっとも平和な国の一つとして評価されている。ザンビア フレッシュアイペディアより)

  • 東京ラブストーリー

    東京ラブストーリーから見たジンバブエジンバブエ

    完治の同僚。ジンバブエ育ちで自由奔放に生きる。人から愛されることに慣れていない。破局するまで完治を愛していたが、結局和賀との息子(アフリカ)を身篭る。和賀とは結婚せず、シングルマザーとして生きるつもりでいる。東京ラブストーリー フレッシュアイペディアより)

  • 計画都市

    計画都市から見たジンバブエジンバブエ

    マトボ(ジンバブエ) - マトボの丘群は2003年、世界文化遺産に登録された。計画都市 フレッシュアイペディアより)

  • ウゴ・チャベス

    ウゴ・チャベスから見たジンバブエジンバブエ

    近年は強権的な政治手法や外交・経済政策の失敗などで主に欧米から独裁者と批判を受けることが多くなったジンバブエのロバート・ムガベ大統領を自国に招待しており、「自由の闘士」と称賛している。エネルギー協力協定に調印した後に、解放者シモン・ボリーバルの刀のレプリカを渡した。チャベスは「彼は国民とともに新たな帝国主義者に立ち向かい続ける」と述べた。ウゴ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ史

    アフリカ史から見たジンバブエジンバブエ

    さらに高原の南縁にはアフリカ最大の石造遺跡でジンバブエの国名ともなったグレート・ジンバブエがあり、マプングブエに酷似した生活形態を持った集団が生活していた。最盛期には人口1万8000人を抱えるこの国家の台頭は13世紀ごろ、マプングブエ王国の没落と同時期に起こっていることから、金の交易ルートを巡り、衝突があったと考えられている。グレート・ジンバブエは1500年ごろに滅んだとされるが、その原因はよくわかっていない。アフリカ史 フレッシュアイペディアより)

  • チェワ族

    チェワ族から見たジンバブエジンバブエ

    学識者によれば、チニャンジャ語とチチェワ語、チェワ語は、16世紀に舌の使い方の差異から生じた言語であるという。20世紀初頭にチェワ語の語彙と文法は、ジンバブエで話されるショナ語の方言に影響を受けて類似した。このうち特に強い影響を受けたものを、チゼズズ語(ChiZezuru)やチマニカ語(ChiManyika)と呼ぶ。チェワ族 フレッシュアイペディアより)

  • モザンビークの国際関係

    モザンビークの国際関係から見たジンバブエジンバブエ

    1970年代から1980年代初頭まで、モザンビークの国際関係はローデシアと南アフリカ共和国、そして冷戦における二つの超大国間の関係と否応なく結ばれていた。モザンビークによるローデシアへの国連制裁措置施行の決定と同国の海への出口の封鎖は、イアン・スミス政権をして公然、非公然双方のモザンビークに対する不安定化工作に着手させた。ローデシアでの政権交代によって1980年にジンバブエが成立したためにこの危機は除去されたものの、南アフリカ共和国のアパルトヘイト政権がモザンビークに対する金融不安定化工作を続けた。モザンビークの国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • シビーン

    シビーンから見たジンバブエジンバブエ

    シビーンという表現は、アイルランドに由来するが、各地に広まっており、スコットランド、カナダ、アメリカ合衆国、イングランド、ジンバブエ、英語圏のカリブ海地域、ナミビア、南アフリカ共和国でも使われる。シビーン フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の政治

    2000年の政治から見たジンバブエジンバブエ

    4月15日 - ジンバブエで白人襲撃が激化し、農場主が射殺される(白人の死者は初めて)。2000年の政治 フレッシュアイペディアより)

479件中 31 - 40件表示

「ジンバブエ」のニューストピックワード