630件中 41 - 50件表示
  • 東京ラブストーリー

    東京ラブストーリーから見たジンバブエジンバブエ

    本作のヒロイン。完治の同僚。商社マンの娘でジンバブエ育ち。自由奔放に生きる。劇中当初は和賀と交際しつつ、完治に興味を抱いていた。和賀が家族を捨ててリカを選んだことで和賀と破局し、さとみに失恋した完治と交際をはじめる。愛に生きる性格故、様々な男性と浮き名を流し、贅沢を味わい尽くす。だが、他人から愛されることに慣れておらず、パニック障害を抱える。また、感情のコントロールが下手で特に「怒り」を制御出来ない。また愛する男性と上手く行きかけても破滅的で無軌道な行動をとってしまう。完治を心から愛していたが、突然会社を退社して留学のため渡米し、完治の前から姿を消す。結局和賀との息子(アフリカ)を身篭る。結局、和賀とは結婚せず、シングルマザーとして生きるつもりで完治と別れた。完治にとっては「東京」の象徴とみなされていたが、語学堪能でアフリカ育ちの彼女にとって東京は窮屈なコンクリートジャングルだったようで長期休暇では海外を飛び歩いている。東京ラブストーリー フレッシュアイペディアより)

  • デズモンド・ムピロ・ツツ

    デズモンド・ムピロ・ツツから見たジンバブエジンバブエ

    2004年、ツツは60年前に住んだソフィアタウンのキリスト・ザ・キング教会で初の講演を行い、およそ10年間の間に南アフリカが達成した成果をたたえたが、人々の間の富の格差が拡大していることを警告した。彼は政府の軍事支出、ジンバブエにおけるムガベ政権の政策、そして話者が上級の地位を支配するあり方に疑問を呈し、後者の問題は民族間の緊張をかきたてると述べた。彼はこの三つの点について同じことを、後にヨハネスブルクで毎年行われているネルソン・マンデラ講演会(Nelson Mandela Lecture)の時に述べている。講演の席でツツは、ムベキ指導下のANCが、メンバー内での「ごますり、追従、服従(sycophantic, obsequious conformity)」を要求していることを非難した。ツツとムベキは長期にわたり緊張関係にあった。ムベキはツツがTRCを通じてANCのアパルトヘイトに対する武装闘争を犯罪として扱っていることを批判し、ツツはムベキがエイズのパンデミックを積極的に放置したことを嫌悪した。ムベキは前任者のマンデラと同じように、ツツがポピュリストであると批判し、更にANC内の働きを理解していなかったと主張している。ツツは後にANC指導者で南アフリカ大統領のジェイコブ・ズマを非難し、2006年には、ズマが強姦と汚職のために告訴されていたことから、立候補しないように促した。。デズモンド・ムピロ・ツツ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の政治

    2000年の政治から見たジンバブエジンバブエ

    4月15日 - ジンバブエで白人襲撃が激化し、農場主が射殺される(白人の死者は初めて)。2000年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ダム

    ダムから見たジンバブエジンバブエ

    貯水容量においても莫大な容量を有する人造湖が続々と誕生した。フーバーダムは総貯水容量が348.5億立方メートルと日本にある全てのダム貯水容量を凌駕する容量を有するが、ジンバブエとザンビア国境にあるカリバダムは総貯水容量が1,806億立方メートルと琵琶湖の約67倍の容量を誇り人造湖単体としては世界最大の人造湖を生み出した。1957年にウガンダに建設されたオーエン・フォールズダムが世界最大ともいわれるが、総貯水容量2兆7000億立方メートルの大半はヴィクトリア湖の容量であり、ダムによる増量分は2,700億立方メートルである。このほか世界有数の大河川の本流にもダムが建設され、1958年黄河に完成した三門峡ダム、1970年ナイル川に完成したアスワン・ハイ・ダム、1991年パラナ川に完成したイタイプダムなどはダム・人造湖の規模においても世界有数であり、2009年長江に完成した三峡ダムはダム・人造湖のほか世界最大の水力発電所を擁する。ダム フレッシュアイペディアより)

  • 世界基督教統一神霊協会の年表

    世界基督教統一神霊協会の年表から見たジンバブエジンバブエ

    アフリカのジンバブエのクレオパス.クンディオナ (26) に文鮮明の亡くなった次男・文興進が霊的に再臨したとして、文鮮明の公認の下で、幹部や信者らに罪の告白をさせるために1987年から1988年にかけて世界を回る。世界基督教統一神霊協会の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 象牙

    象牙から見たジンバブエジンバブエ

    かつて日本は最大の象牙輸入国であったがワシントン条約(CITES)の締結により1989年より象牙の輸入禁止措置が採られ、事実上世界の象牙貿易は終了した。しかしその後、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエのゾウの個体数が間引きが必要な規模へ急増。1997年のワシントン条約締結国会議で、ナンバーリングを行う等の措置を条件に貿易再開を決議。1999年に日本向けに1度限りの条件で貿易が行われた。南部アフリカ諸国はゾウの急増により農業被害や人的被害が見られることもあり引き続き貿易の継続を要望したが、一方で無制限に貿易が再開されると錯覚した密猟者がアフリカ各地で活動を活発化、混乱が生じたことから再開の目処は立たなくなった。象牙 フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・リホフツェワ

    エレーナ・リホフツェワから見たジンバブエジンバブエ

    リホフツェワはダブルスの名手としてよく知られ、女子テニスツアーでダブルス通算27勝を挙げている。1997年から1999年にかけては、日本の杉山愛とペアを組み、6つのダブルス・タイトルを獲得した。2000年の全米オープンで、リホフツェワはカーラ・ブラック(ジンバブエ)と組んで初の4大大会女子ダブルス決勝に進出したが、杉山とアラール=デキュジスの組に 1-6, 6-1, 1-6 で敗れて準優勝になった。2004年、彼女はウィンブルドンを除く3大会で4大大会女子ダブルス決勝に進出した。パートナーはすべて同じロシアのスベトラーナ・クズネツォワと組んだが、すべての決勝戦でビルヒニア・ルアノ・パスクアル(スペイン)&パオラ・スアレス(アルゼンチン)組に敗れ、3大会とも準優勝に終わってしまう。2004年度の4大大会女子ダブルス決勝戦は「ルアノ・パスクアル&スアレス組が、リホフツェワ&クズネツォワ組に3戦全勝」の結果になった。その後も、リホフツェワは様々な選手たちとペアを組んで好成績を維持してきた。エレーナ・リホフツェワ フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ史

    アフリカ史から見たジンバブエジンバブエ

    さらに高原の南縁にはアフリカ最大の石造遺跡でジンバブエの国名ともなったグレート・ジンバブエがあり、マプングブエに酷似した生活形態を持った集団が生活していた。最盛期には人口1万8000人を抱えるこの国家の台頭は13世紀ごろ、マプングブエ王国の没落と同時期に起こっていることから、金の交易ルートを巡り、衝突があったと考えられている。グレート・ジンバブエは1500年ごろに滅んだとされるが、その原因はよくわかっていない。アフリカ史 フレッシュアイペディアより)

  • アジア・アフリカ諸国の独立年表

    アジア・アフリカ諸国の独立年表から見たジンバブエジンバブエ

    白人中心の共和国であり、国際的承認はされなかった。内戦後1979年にイギリスに復帰、翌年ジンバブエとして再独立。アジア・アフリカ諸国の独立年表 フレッシュアイペディアより)

  • グレース・ムガベ

    グレース・ムガベから見たジンバブエジンバブエ

    グレース・ムガベ(チェワ語: 、セナ語: Grace Ntombizodwa Mugabe、、1965年7月23日 - )は、ジンバブエの政治活動家。学位は博士(ジンバブエ大学・2014年)。ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線女性局局長。旧姓はマルフ(、)。第2代ジンバブエ大統領ロバート・ムガベ(2017年12月、革命により辞職)の妻。グレース・ムガベ フレッシュアイペディアより)

630件中 41 - 50件表示

「ジンバブエ」のニューストピックワード