630件中 51 - 60件表示
  • ロバート・ムガベ

    ロバート・ムガベから見たジンバブエジンバブエ

    ロバート・ガブリエル・ムガベ(Robert Gabriel Mugabe、1924年2月21日 - )は、ジンバブエの政治家。学位は法学修士、理学修士(経済学専攻)。Mugabeという姓の発音はショナ語では「ムガベ」だが、英語では「ムガビ」のようにも発音する。ロバート・ムガベ フレッシュアイペディアより)

  • エメラルド

    エメラルドから見たジンバブエジンバブエ

    コロンビア、ブラジル、ザンビア、ジンバブエ、マダガスカル、パキスタンなど各地で産出されるが、現在は、コロンビアが最大の産出国である。エメラルド フレッシュアイペディアより)

  • メタルギアソリッド

    メタルギアソリッドから見たジンバブエジンバブエ

    スネークの作戦サポート要員の一人。年齢は20代。身長165cm。FOXHOUNDのメディカルスタッフを務める遺伝子治療の専門家で、ATGC社社員の民間人だが、FOXHOUND隊員やゲノム兵の遺伝子治療を担当している。ベクターとなる転移遺伝子を発見し、遺伝子ターゲット法を考案。遺伝子治療の分野に貢献した功績がある。敵情に最も詳しい人物として作戦に参加するが、FOXHOUND側のスパイであった。ローデシア独立戦争期のジンバブエにおいて両親を失い、そこで少年兵だったグレイ・フォックスに拾われた後、ビッグ・ボスの手でアメリカに移住した。幼少期に親を亡くした為に自身の出生を知らず、遺伝子から自らのルーツを探ろうと遺伝子分野に進み、中東で行方不明になったアメリカ人女性「ナオミ・ハンター」の戸籍を入手した。フォックスによるクラーク博士の殺害事件を隠蔽して彼を匿い、作戦前にフォックスに由来する怨恨で、不凍液注射の際に独自に調整を施した暗殺ウィルスFOXDIEをスネークに注射していた事も分かる。しかし、スネークと接していく内に、スネークのことやスネークとフォックスの関係について触れ、スネークへの心象が変わってゆく。メタルギアソリッド フレッシュアイペディアより)

  • 2017年

    2017年から見たジンバブエジンバブエ

    ジンバブエ北部のザンビアとの国境付近でバスが木に衝突し、43人が死亡。2017年 フレッシュアイペディアより)

  • マラウイ

    マラウイから見たジンバブエジンバブエ

    第二次世界大戦後、1953年に北ローデシア(現ザンビア)、南ローデシア(現ジンバブエ)、ニヤサランド(現マラウイ)をあわせたローデシア・ニヤサランド連邦(イギリス領中央アフリカ連邦、CAF、1953年 - 1963年)が成立した。これは、地下資源の豊富な北ローデシア、製造業が盛んな南ローデシアと、黒人労働力の供給先であるニヤサランドを結びつけて経済発展を図った白人入植者(アングロアフリカン)の策であった。しかし、1958年11月23日の(AAPC)に出席したバンダをはじめとした急進派の独立運動がアフリカ各地で高揚した。ニヤサランドでは1959年にローデシア・ニヤサランド連邦への反対運動を続けたバンダがグウェル(現ジンバブエ領内)に投獄されたが、いわゆる1960年の「アフリカの年」を迎えるなかで、連邦分離の動きは止まらず、連邦の維持は困難になっていた。1962年には連邦内の自治権を獲得し、1963年には連邦離脱の権利を認めさせ、ローデシア・ニヤサランド連邦は解体した。マラウイ フレッシュアイペディアより)

  • ザンビア

    ザンビアから見たジンバブエジンバブエ

    ザンビア共和国(ザンビアきょうわこく)、通称ザンビアは、アフリカ南部に位置する共和制国家。イギリス連邦加盟国のひとつである。かつてはイギリス領北ローデシアであった地域で、内陸国でありコンゴ民主共和国、タンザニア、マラウイ、モザンビーク、ジンバブエ、ナミビア、アンゴラ、ボツワナの8つの国に接している。首都はルサカで2013年のGDPは約224億ドルであり、島根県とほぼ同じ経済規模である。2012年に発表された世界平和度指数ランキングでは158か国中51位となり、アフリカでもっとも平和な国の一つとして評価されている。ザンビア フレッシュアイペディアより)

  • 2009年

    2009年から見たジンバブエジンバブエ

    ジンバブエ中央銀行、100兆ジンバブエ・ドル紙幣の発行を発表。2009年 フレッシュアイペディアより)

  • ボツワナ鉄道

    ボツワナ鉄道から見たジンバブエジンバブエ

    1980年にボツワナ国内の鉄道をジンバブエ国鉄から政府が買い取り設立された。現在の総延長は888km、軌間は1,067mmの狭軌で北はフランシスタウンを経てジンバブエプラムトゥリーからブラワヨ方面、南はハボローネ、ロバツェから南アフリカ共和国マフィケングへそれぞれの国の鉄道網と接続している。他にセレビ・ピクウェ鉱山などへの3本の支線がある。本部はマハラピエに置いている。ボツワナ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たジンバブエジンバブエ

    1987年12月、ヨーロッパ武者修行を終え、北米に転戦。アメリカ合衆国カンザスシティに転戦、1988年春にカナダ・ニューブランズウィック州モンクトンに転戦、1988年秋アメリカ合衆国アラバマのNWAテリトリーと北米を転戦。武者修行中に、2度の短期凱旋もしている。1989年二度目の欧州遠征でオーストリアグラーツトーナメント、ウィーントーナメント、ジンバブエにも遠征した。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • たばこ

    たばこから見たジンバブエジンバブエ

    たばこの原料となる葉たばこの生産量は2014年に世界で744万トンにのぼっている。最大の生産国は中国であり、2012年には314万トンが生産され、世界生産の42%を占める一大生産国となっている。以下、ブラジル、インド、アメリカ合衆国、インドネシア、ジンバブエ、マラウイ、アルゼンチン、パキスタン、トルコの順となっている。葉たばこはアフリカのいくつかの国家において重要な輸出産品となっており、なかでも世界第6位の生産量を持つジンバブエと世界第7位の生産量を持つマラウイにおいて、タバコは多大な外貨を稼ぐ最重要の輸出商品となっている。また、たばこの生産は消費の拡大に伴って増加傾向にある。たばこ フレッシュアイペディアより)

630件中 51 - 60件表示

「ジンバブエ」のニューストピックワード