479件中 51 - 60件表示
  • ポルトガル系モザンビーク人

    ポルトガル系モザンビーク人から見たジンバブエジンバブエ

    今日のブラジルとなっている彼等のラテンアメリカの領土のプランテーションで労働させる以前の15世紀においては、ポルトガル人の探検者は、黒人奴隷をポルトガルに連行するために、今日のモザンビークと他の二つのポルトガル語圏アフリカの国家(アンゴラとギニアビサウ)に相当する地域に向かった。最初の恒久的なポルトガル人のコミュニティは16世紀にこの地域に設立された。地域は居住していたポルトガル人入植者の家族によって17世紀に:en:prazos(農業用地)に分割された。モザンビークは19世紀にポルトガルの領土であると宣言された。20世紀初頭に、本土の政府は、より多くの白人移民と地域への定住を許可し、1960年代のモザンビークには370,000人のポルトガル人入植者が存在し、経済を向上させた。その間にアントニオ・サラザールの率いるポルトガルから数千人のポルトガル市民が、ブラジルやアメリカ合衆国と同様に、特に隣国のローデシアと南アフリカなど外国に流出した。1974年に黒人と一部のメスチーソ(ムラート)、白人はポルトガル支配に対して反乱を起こした。カーネーション革命がポルトガルで勃発し、1975年にポルトガルの海外植民地は独立した。多くのポルトガル系住民はすぐに移住し、彼等のほとんどはポルトガルに戻り、retornadosと呼ばれることになった。その他は隣国のマラウイやジンバブエ、南アフリカ、またはブラジル、アメリカ合衆国に向かった。出国したポルトガル系市民においては、多くはスーツケース一つと$150(150エスクード)のみを伴うことが許され、全ての家具は各自の家に残された。残った全てのポルトガル系定住者は政府によってモザンビークの市民権を得るか、出国するかの決定期間が3ヶ月与えられ、彼等は3ヶ月経つ前にモザンビーク市民権を選んだ。千人以上のポルトガル系が内戦勃発後に出国し、彼等は南アフリカ、スワジランド、ポルトガルに逃げた。ポルトガル系モザンビーク人 フレッシュアイペディアより)

  • ミルトン・ハイスクール

    ミルトン・ハイスクールから見たジンバブエジンバブエ

    ミルトン・ハイスクール()は、ジンバブエ・ブラワーヨの公立学校。ミルトン・ハイスクール フレッシュアイペディアより)

  • ワールド・モニュメント財団

    ワールド・モニュメント財団から見たジンバブエジンバブエ

    ブンブシ国立記念物 Bumbusi National Monument(ジンバブエワールド・モニュメント財団 フレッシュアイペディアより)

  • シンガポールの行政機関

    シンガポールの行政機関から見たジンバブエジンバブエ

    シンガポール大使館 - ジンバブエシンガポールの行政機関 フレッシュアイペディアより)

  • EARLY MORLEY BIRD

    EARLY MORLEY BIRDから見たジンバブエジンバブエ

    2007年8月12日 「ジンバブエもっと詳しく」 - 物価が高くなり、暮らし経済が心配なジンパブエという国について詳しく解説EARLY MORLEY BIRD フレッシュアイペディアより)

  • ジンバブエ共和国

    ジンバブエ共和国から見たジンバブエジンバブエ

    ジンバブエ共和国 フレッシュアイペディアより)

  • マラビ帝国

    マラビ帝国から見たジンバブエジンバブエ

    なお、マラビ族(Maravi )は、マラウイ、ザンビア, ジンバブエ、モザンビークにおける複数の部族(black tribes)の総称でもある。マラビ帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 福島富士男

    福島富士男から見たジンバブエジンバブエ

    南アフリカやジンバブエを中心とする英語、ショナ語などの現代文学、アフリカの民話、口承文芸を専攻する。ナディン・ゴーディマーの翻訳が多い。福島富士男 フレッシュアイペディアより)

  • ブライダルベール滝

    ブライダルベール滝から見たジンバブエジンバブエ

    ジンバブエにおけるブライダルベール滝ブライダルベール滝 フレッシュアイペディアより)

  • ワールド・ジャンプ・デー

    ワールド・ジャンプ・デーから見たジンバブエジンバブエ

    フィンランド、バルト三国、ベラルーシ、ウクライナ、ルーマニア、ブルガリア、ギリシャ、トルコ、エジプト、リビア、コンゴ民主共和国東部、ジンバブエ、南アフリカなどワールド・ジャンプ・デー フレッシュアイペディアより)

479件中 51 - 60件表示

「ジンバブエ」のニューストピックワード