630件中 71 - 80件表示
  • ガザ州

    ガザ州から見たジンバブエジンバブエ

    州内は平坦で、北西のジンバブエ及び西の南アフリカとの国境地帯には山地があり、北のマニカ州との境にはサヴァ川、北部から東部へチャンガネ川、西部から南部にリンポポ川が流れてチャンガネ川とリンポポ川はチョクウェ付近で合流し、河口付近の街シャイシャイでインド洋に注ぐ。東にイニャンバネ州、南西にマプト州と接する。ガザ州 フレッシュアイペディアより)

  • オーウェン・マセコ

    オーウェン・マセコから見たジンバブエジンバブエ

    オーウェン・マセコ(Owen Maseko 、1975年8月24日 - )は、ジンバブエの画家。オーウェン・マセコ フレッシュアイペディアより)

  • フェリックス・タンガワリマ

    フェリックス・タンガワリマから見たジンバブエジンバブエ

    フェリックス・タンガワリマ(、1958年3月23日 - )は、ジンバブエのハラレ出身のサッカー審判員。1988年にFIFAより国際審判員として認定され、2003年にサッカー審判員の定年となっている45歳までの間アフリカ国内を中心に多くの試合でレフェリーを務めた。フェリックス・タンガワリマ フレッシュアイペディアより)

  • 学生平和賞

    学生平和賞から見たジンバブエジンバブエ

    2003年…ジンバブエの学生団体のZINASU学生平和賞 フレッシュアイペディアより)

  • アルバート・ルツーリ

    アルバート・ルツーリから見たジンバブエジンバブエ

    彼は1898年ごろにキリスト教の宣教師であるジョン・バンヤン・ルツーリ(John Bunyan Lutuli)とムトンヤ・グメダ(Mtonya Gumede)の第3子として、現在のジンバブエのブラワヨに生まれた。彼の父の死後、彼と彼の母は先祖代々の土地である南アフリカのクワズール・ナタール州にあるグロートビル(Groutville)に行き、おばのマルチン・ルツーリ(Martin Luthuli)と暮らした。彼はキリスト教のなかの宗派の一つであるメソジストの教会で洗礼を受けた。1920年に彼は政府の奨学金でアダムズ大学のハイレベルのコースを受け、続いて教員養成学校のスタッフに参加し、当時のアダムズ大学高校の校長であるZ・K・マシューズ(Z.K. Mathews)と並んで教えた。彼の母による金銭面での協力があったので、彼はフォートヘア大学(University of Fort Hare)の奨学金を断られた。彼は1928年にアフリカ教員協会(the African Teacher's Association)の事務官に、1933年には協会の会長になった。また、彼は宣教師としても働いた。1933年に部族のリーダーが彼に部族のリーダーにならないかと尋ねた。2年間彼は迷ったが、1936年の年初に彼はこの申し出を受け、1952年にこの組織が政府によって壊滅されるまでリーダーを勤めた。アルバート・ルツーリ フレッシュアイペディアより)

  • サヴァイヴァル (アルバム)

    サヴァイヴァル (アルバム)から見たジンバブエジンバブエ

    ボブ・マーリーは"アフリカ・ユナイト"の中で汎アフリカ主義の団結を表明し、"ジンバブエ"では独立が遅れていたローデシアの応援歌を歌った。この歌はジンバブエ独立宣言の直後、1980年のジンバブエ独立の祝典でも歌われた。"ジンバブエ"は非公式な国歌とまでとらえられている。サヴァイヴァル (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ビンガ山

    ビンガ山から見たジンバブエジンバブエ

    ビンガ山(ビンガさん、)は、モザンビークの最高地点であり、標高は約2,436mである。この山はジンバブエとの国境近くのシマニマニ山塊、マニッカ州州都シモイオの西に位置している。ビンガ山 フレッシュアイペディアより)

  • インターナショナル・レールウェイ・ジャーナル

    インターナショナル・レールウェイ・ジャーナルから見たジンバブエジンバブエ

    各地域担当のエディターは2012年9月現在10名(日本人1名を含む)、地域担当記者は12名である。ドイツ・スイスからイスラエル・ジンバブエに至るまで、世界各地に担当者がいる。インターナショナル・レールウェイ・ジャーナル フレッシュアイペディアより)

  • シャシェ川

    シャシェ川から見たジンバブエジンバブエ

    シャシェ川(英語:Shashe River)は、ボツワナの東端における河川である。東の国境都市のフランシスタウンをシャシェ川が流れ、ボツワナ、ジンバブエと南アフリカ共和国の国境でリンポポ川と合流している。シャシェ川 フレッシュアイペディアより)

  • ジョヴァンニ・アリギ

    ジョヴァンニ・アリギから見たジンバブエジンバブエ

    ポッコーニ大学卒業。1960年ミラノ大学で博士号(経済学)取得。1963年から1966年までローデシア共和国(現ジンバブエ)などで教鞭を執ったが、政治活動を理由に逮捕され、国外退去処分を受け、タンザニアに移る(この時期にイマニュエル・ウォーラーステインと知り合う)。1969年にイタリアに帰国し、トレント大学に職を得た。1979年に渡米し、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校教授を経て、1998年からジョンズ・ホプキンス大学社会学部教授。ジョヴァンニ・アリギ フレッシュアイペディアより)

630件中 71 - 80件表示

「ジンバブエ」のニューストピックワード