479件中 71 - 80件表示
  • フェリックス・タンガワリマ

    フェリックス・タンガワリマから見たジンバブエジンバブエ

    フェリックス・タンガワリマ(、1958年3月23日 - )は、ジンバブエのハラレ出身のサッカー審判員。1988年にFIFAより国際審判員として認定され、2003年にサッカー審判員の定年となっている45歳までの間アフリカ国内を中心に多くの試合でレフェリーを務めた。フェリックス・タンガワリマ フレッシュアイペディアより)

  • ウィズダム・シジバ

    ウィズダム・シジバから見たジンバブエジンバブエ

    ウィズダム・トーマス・シジバ(、1914年12月12日 ? 2009年3月10日)は、ジンバブエのブラワヨ出身のクリケット選手。てんかんを患わっていた。ウィズダム・シジバ フレッシュアイペディアより)

  • ジマニ・カザミラ

    ジマニ・カザミラから見たジンバブエ共和国ジンバブエ

    カザミラは、1941年にローデシア共和国のソールズベリー(現在はジンバブエ共和国の首都であるハラレ)に生まれた。小学校と中学校の途中までをローデシア共和国で通い、中学校の後半と高校はニアサランド (現在のマラウイ) の学校に通った。その後、アメリカ合衆国へ留学し、1964年にプリンストン大学で政治学の学位を取得。さらに、マンチェスター大学大学院において1974年に政治・政策研究の博士号(doctorate in government)を得た。ジマニ・カザミラ フレッシュアイペディアより)

  • ダイアン・バーチ

    ダイアン・バーチから見たジンバブエジンバブエ

    ミシガン州出身ではあるが、出生後すぐに伝道師である父に伴いジンバブエ、南アフリカ、オーストラリアを転々とし、10歳の時にアメリカに帰国する。オレゴン州ポートランドに移り住んだが、キリスト教の禁欲的な環境に育った彼女は一般的なティーンエイジャーからは浮いた存在であった。幸い7歳の時からピアノの訓練をしており、特異な音楽の才能に恵まれていたため、初めて出会うジャズ、ポップス、ソウルなど様々なジャンルの音楽を吸収していった。ダイアン・バーチ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・トムソン

    ジョージ・トムソンから見たジンバブエジンバブエ

    トムソンは英連邦大臣を務めている間、南ローデシア(現在のジンバブエ)の独立問題の解決に奔走し、南ローデシア政権に対する経済制裁を決断した。ジョージ・トムソン フレッシュアイペディアより)

  • エセル・ムタリカ

    エセル・ムタリカから見たジンバブエジンバブエ

    ムタリカは元々南ローデシア(現在のジンバブエ)の出身であった。ビング・ワ・ムタリカと結婚したのち、2007年年に死ぬまで37年の間ムタリカと連れ添い、四人の子供を生み育てた。また、慈善活動家としても知られており、マラウイの貧しい人々を救済するためのエセル・ムタリカ財団を設立した。エセル・ムタリカ フレッシュアイペディアより)

  • シャンガーン人

    シャンガーン人から見たジンバブエジンバブエ

    シャンガーン人はかつてソシャンガネの建国したガザ帝国──今日のジンバブエのモスリゼに都を置いた──によって支配され、この名前は今日までツォンガ人を表す際に誤用されてきた。なぜならツォンガ人はソシャンガネの支配した中では小集団に過ぎなかったからである。ガザ帝国は現在のジンバブエ南東部から形成され、今日のモザンビークのソファラ州、マニカ州、イニャンバネ州、ガザ州、マプト州の一部と南アフリカの一部を覆っていた。ソシャンガネは首都をモスリゼからガザ州に移した。彼の死後、息子のムジラが権力を握り、ムジラの後には1895年にポルトガルによってマンダラカジ(今日のガザ州のマジャカゼ)に投獄されたングングニャーネが現れた。シャンガーン人 フレッシュアイペディアより)

  • ジンバブエの世界遺産

    ジンバブエの世界遺産から見たジンバブエジンバブエ

    ジンバブエの世界遺産(ジンバブエのせかいいさん)はユネスコの世界遺産に登録されているジンバブエの文化・自然遺産の一覧。ジンバブエの世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • マラウイの国際関係

    マラウイの国際関係から見たジンバブエジンバブエ

    2001年、マラウイは南部アフリカ開発共同体(Southern African Development Community:SADC)の議長国に就任した。当時のマラウイ大統領であったムルジは、テロに反対する世界的連帯や、ジンバブエにおける土地改革問題などの諸懸案に関し、積極的な役割を果たした。マラウイの国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • マラウイの経済

    マラウイの経済から見たジンバブエジンバブエ

    マラウイは、主要貿易相手国である南アフリカ共和国とジンバブエの2カ国との間に二国間貿易協定を結んでおり、輸出入の関税を免除している。政府は、医療施設や教育施設の改善、森林伐採や水質汚染などの環境問題、土壌の疲弊による農作物収穫量の減少、近年急速に深刻化しているHIV/AIDSなどへの対処などの諸問題に直面している。マラウイの経済 フレッシュアイペディアより)

479件中 71 - 80件表示

「ジンバブエ」のニューストピックワード