630件中 81 - 90件表示
  • 国際社会主義機構 (ジンバブエ)

    国際社会主義機構 (ジンバブエ)から見たジンバブエジンバブエ

    国際社会主義機構(International Socialist Organization)は、ジンバブエの政治団体。トロツキズムを標榜し、第四インターナショナルの一派でイギリスの社会主義労働者党が率いる国際社会主義潮流に加盟している。国際社会主義機構 (ジンバブエ) フレッシュアイペディアより)

  • ロジ語

    ロジ語から見たジンバブエジンバブエ

    ロジ語(Lozi、Silozi、Rozi)はバントゥー語群(ニジェール・コンゴ語族)に属する言語である。話者は主にザンビア南西部、及びその周辺の国々に居住するロジ族の人々である。ロジ語及びその方言はザンビアの人口のおよそ6%にあたる人々によって話されているか理解されている。ザンビアのリビングストン市周辺地域には多くのロジ語話者がいる。ロジ語は、またジンバブエ、ボツワナ、ナミビアのカプリビ州に話者がいる。ロジ語 フレッシュアイペディアより)

  • ツワナ語

    ツワナ語から見たジンバブエジンバブエ

    ツワナ語(ツワナご、Setswana)はニジェール・コンゴ語族に属し、南アフリカのツワナ族の間で使われる言語。話者はボツワナ共和国の他、南アフリカ共和国、ジンバブエ、ナミビアにもいる。ほとんどのアフリカ諸語と同様もともと文字を持たず、現代において表記するときはラテン文字で書かれる。このときの特徴としてはドイツ語のようにchを1と読む、thを2ではなく硬音の3と読むなどが挙げられる。また名詞クラスが多彩なのは南アフリカ諸語に共通する特徴だが、ツワナ語でも19種に分けられている。ツワナ語 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴンゴ

    モンゴンゴから見たジンバブエジンバブエ

    モンゴンゴはアフリカ南部に広く分布する。いくつかの分布帯に分けられるが、最大のものはナミビア北部からボツワナ北部、ザンビア南西部、ジンバブエ西部に及ぶ。他の分布帯はマラウィ東部、またモザンビーク東部に見られる。モンゴンゴ フレッシュアイペディアより)

  • ジム・レッドマン

    ジム・レッドマンから見たジンバブエジンバブエ

    18歳のとき、イギリス植民地であった南ローデシア(現在のジンバブエ)に移住しレース活動を始め、1959年にノートンから世界GP参戦。1960年、ホンダチームに加わってから頭角を現し、1961年のベルギーGP250ccクラスで初勝利。翌1962年には250ccと350ccの2クラスで年間タイトルを獲得し2冠王(ダブルタイトル)となる。その後も数多くの勝利を積み重ね、ホンダの世界GP第一期参戦時のエースとして活躍。1966年西ドイツGP500ccクラスで優勝(世界GP最高峰クラスでのホンダの初優勝)。マン島TTレースでも6度の優勝を果たした。ジム・レッドマン フレッシュアイペディアより)

  • ナタ川

    ナタ川から見たジンバブエジンバブエ

    ナタ川(ボツワナでの呼称; ツワナ語: Noka ya Nata、英語: Nata River)またはアマンザニャマ川(ジンバブエでの呼称; 英語: Amanzanyama River)は、アフリカ南部の天然河川。ボツワナ国内におけるナタ川は、限られた雨季の間だけマカディカディ塩湖に現れる湿地の水源となっており、同塩湖では数多くの生息地域限定種が繁殖している。ナタ川 フレッシュアイペディアより)

  • バビアナ

    バビアナから見たジンバブエジンバブエ

    現在約60 - 80種の原種が確認されている。すべてアフリカ大陸南部の南アフリカ、ナミビア、ジンバブエに自生している。インド洋上のソコトラ島に分布する1種は染色体数などの違いから別属Cyanixiaに分割された。バビアナ フレッシュアイペディアより)

  • ブライダルベール滝

    ブライダルベール滝から見たジンバブエジンバブエ

    ジンバブエにおけるブライダルベール滝ブライダルベール滝 フレッシュアイペディアより)

  • ムランジェ山

    ムランジェ山から見たジンバブエジンバブエ

    ムランジェ山は熱帯収束帯(別名:赤道低圧帯)に位置しているため、気候は北半球の北東貿易風と南半球の南東貿易風が流れ込むことによる影響を強く受けている。熱帯収束帯地域の衛星写真を見ると、多くの場合で赤道地区に帯状の雲が写されていることからも分かるように、熱帯収束帯による主な影響は、赤道地域に雨季と乾季をもたらす点である。この熱帯収束帯は、太陽の場所に影響を受けて南北への移動を行うことが知られている。赤道と中央アフリカに着目すると、1月の熱帯収束帯は北部ジンバブエ辺りまで南下しているのが見られる。そのため、ムランジェ山は赤道からおよそ1800kmも南に位置するにもかかわらず、熱帯収束帯の影響下に含まれる(詳しくは図を参照のこと)。ムランジェ山 フレッシュアイペディアより)

  • パントマイム (イギリス)

    パントマイム (イギリス)から見たジンバブエジンバブエ

    イギリスのほか、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ジンバブエ、ジャマイカ、南アフリカ、インド、アイルランド、ジブラルタル、マルタなどで同様のものが演じられている。なお、アメリカでは、パントマイムは日本同様無言劇の意味で使われている。パントマイム (イギリス) フレッシュアイペディアより)

630件中 81 - 90件表示

「ジンバブエ」のニューストピックワード