前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
237件中 1 - 10件表示
  • アルシンド・サルトーリ

    アルシンド・サルトーリから見たジーコジーコ

    CRフラメンゴの下部組織で育ち、1986年にトップデビューした。フラメンゴではジーコやジュニオールと共にプレーした。スピードのあるストライカーであったが、フラメンゴではポジションを得られず、1987年にフラメンゴがコパ・ウニオンを制覇した際には、ベベットやレナト・ガウショの控えとなった。アルシンド・サルトーリ フレッシュアイペディアより)

  • サッカー日本代表

    サッカー日本代表から見たジーコジーコ

    開催国だったため、アジア予選に出場しなかった2002年日韓W杯では、JFAは本大会のボーナスとして総額6億9000万円の予算を組んだ。1998年仏W杯後、日本代表監督に就任し、日韓W杯まで指揮を執ったフィリップ・トルシエの年棒は約9000万円で、日本代表初のW杯ベスト16(=決勝トーナメント進出)の快挙を成し遂げた。日韓W杯後、2006年ドイツW杯まで指揮したジーコの年棒は約2億2000万円だった。サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーイラク代表

    サッカーイラク代表から見たジーコジーコ

    2011年8月29日より元日本代表監督のブラジル人のジーコが監督に就任したが、ジーコは2012年3月から、スタッフは2011年10月から給料未払いとなり、2014年ブラジルW杯アジア4次予選B組第6節終了後、2012年11月27日にジーコ監督はイラクサッカー協会の契約不履行を理由に辞任した。2013年6月11日、日本に0-1で敗れ、2014年ブラジルW杯アジア予選4次予選での敗退が決まった。サッカーイラク代表 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年のJリーグ

    1993年のJリーグから見たジーコジーコ

    サントリーシリーズは、参加クラブの中で唯一JSL2部からの参入であった鹿島が、ジーコとアルシンドのブラジル人FWを擁して開幕戦を圧勝して勢いに乗り、第12節でV川崎を下すと完全に独走状態に入る。第16節(7月7日)の浦和戦に2-0と勝利して、2節を残してステージ優勝を飾った。1993年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木隆行

    鈴木隆行から見たジーコジーコ

    しかしその後はトップチームでの出場機会に恵まれず、1997年3月から9月、ブラジルのリオデジャネイロ州3部リーグに新設された、ジーコが出資し自ら会長を務めるクラブ、CFZ・ド・リオへとレンタル移籍する。ここで21試合7得点の成績を挙げ、リオ州2部昇格に貢献しジーコの期待に応えた。鈴木隆行 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たジーコジーコ

    日本代表に招集され、ソウルワールドカップ競技場で行われたアウェーの韓国戦(4月16日)で代表初出場。この試合で試合終了間際、左サイドでDFに囲まれながらのドリブル突破から相手DFのチョ・ビョングクのクリアミスを誘い代表初得点を記録し、ジーコジャパンの初勝利に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • レオナルド・ナシメント・ジ・アラウージョ

    レオナルド・ナシメント・ジ・アラウージョから見たジーコジーコ

    15歳でフラメンゴのユースに入団し、17歳でトップチームでデビューを果たした。当時のフラメンゴにはジーコ、レアンドロ、ベベット、レナト・ガウショなどの名選手が在籍しており、デビューイヤーのブラジル全国選手権で優勝した。1990年、サンパウロFCに移籍すると、彼やライー、その他の若きタレントたちはテレ・サンタナ監督からesquadrão tricolorと呼ばれ、自身2度目の全国選手権制覇を果たした。1991年にはスペインのバレンシアCFに移籍したが、2年後の1993年にサンパウロFCに復帰した。同年のコパ・リベルタドーレスで優勝し、インターコンチネンタルカップではトニーニョ・セレーゾのゴールをアシストしてクラブ世界一に貢献した。レオナルド・ナシメント・ジ・アラウージョ フレッシュアイペディアより)

  • パウロ・ロベルト・ファルカン

    パウロ・ロベルト・ファルカンから見たジーコジーコ

    ブラジル代表では1976年に代表デビューを飾るが、通算記録は36試合9ゴールと少なめである。当初は攻撃的MFとしてプレーしていたため、ジーコの控えであった。しかし1982年ワールドカップでは、ボランチとしてジーコ、ソクラテス、トニーニョ・セレーゾとともに黄金のカルテットを形成した。特に2次リーグ・イタリア戦の後半23分の2-2の同点に追いつくミドルシュートの場面などは、ゴールに至るパスや他選手との連動性の巧妙さと共にその存在感を示した。パウロ・ロベルト・ファルカン フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たジーコジーコ

    2004-05シーズンはメッシーナ移籍後、8月22日コッパ・イタリアの1回戦でアチレアレから1ゴール1アシストの活躍でイタリア公式戦初ゴールをあげ、レッジーナとの海峡ダービーで決勝アシストを決め「柳沢は海峡の王様だ」との見出しが地元紙に載るなどしたが、 リーグ戦では22試合で無得点に終わる。またこの期間、ジーコからも日本代表の招集がかからなくなった時期があった。シーズン途中からMFとして主に左サイドで起用されるようになる。W杯アジア最終予選イラン戦を控えた2005年3月22日、藤田俊哉の負傷離脱後に日本代表に緊急招集。これが2004年7月13日の親善試合セルビア・モンテネグロ戦以来8カ月ぶりの招集だった。イラン戦では途中出場を果たし、福西のゴールにつながるポストプレイをこなした。6月3日のバーレーン戦では1トップとして先発に復帰し、W杯出場のかかった6月8日の北朝鮮戦では5試合523分ぶりの決勝ゴールを挙げた。またコンフェデレーションズ杯のメキシコ戦では難易度の高いゴールを決める活躍を見せた。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たジーコジーコ

    引退後は全く異なる人生を送っていたがガリンシャの死の2か月前、1982年末にブラジルの誌により二人の特集が企画され再会を果たした。一方で翌1983年1月の葬儀にリオデジャネイロ選手組合会長のジーコらと同じく姿を見せなかったことが地元メディアの話題となった。ペレ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
237件中 1 - 10件表示

「ジーコ」のニューストピックワード