237件中 101 - 110件表示
  • キャティサック・セーナームアン

    キャティサック・セーナームアンから見たジーコジーコ

    キャティサック・セーナームアン(Kiatisuk Senamuang、????????????? ?????????、1973年8月11日 - )は、タイ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。元タイ代表。愛称はジーコキャティサック・セーナームアン フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・ジェンティーレ

    クラウディオ・ジェンティーレから見たジーコジーコ

    執拗なまでのマンマークを武器に「エースキラー」の異名を取ったユヴェントスFC黄金期の中心選手。また、1982 FIFAワールドカップではジーコ(ブラジル)、ディエゴ・マラドーナ(アルゼンチン)といった選手たちを抑え込み、イタリア代表の優勝に貢献した。クラウディオ・ジェンティーレ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・フェルナンデス (サッカー選手)

    ルイス・フェルナンデス (サッカー選手)から見たジーコジーコ

    選手時代のキャリアのピークは1984年に自国で開催された欧州選手権。フランス代表では、スペイン大会で「銀の中盤」と評されたミシェル・プラティニ、アラン・ジレス、ジャン・ティガナを中盤の底で支えたベルナール・ジャンジニに代わり、新たな「銀の中盤」を形成。決勝でスペイン代表を破り、フランス初の国際タイトルを手にした。2年後に行われたワールドカップ・メキシコ大会では前評判も高く、準々決勝ではジーコ擁するブラジル代表をPK戦の末に破ったが、前回大会同様、西ドイツ戦で敗退、準決勝で姿を消した。欧州選手権としては1992年のスウェーデン大会にも背番号10で出場しているが、グループリーグ敗退の憂き目に会っている。代表キャップは60。ルイス・フェルナンデス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 大沢あかね

    大沢あかねから見たジーコジーコ

    9歳から子役モデルとして活動。その後も大沢啓二が各タレント事務所に売り込みタレント活動も開始。13歳の時に、NHKの人気子供番組『天才てれびくん』の1999年度てれび戦士となり注目を集める。2001年以降、学習研究社発行の雑誌(2004年5月まで『ピチレモン』、以後『Fapri』)にて専属モデルを務めていたが、2010年現在モデルとしての活動はほとんど行なっていない。「将来はお笑い芸人を目指す」と発言し、中島知子(オセロ)が目標と語る。自ら編み出した持ちギャグもいくつかあり、「(右肘をさすりながら)こっちはジーコ、(左肘をさすりながら)こっちはフィーゴ(この一連の動きを2回繰り返す)、(股間を指差しながら)じゃあこっちは?…(一呼吸置いて股間付近をさする手つきで)ベッケンバウアー♪」などがある。ラサール石井や上島竜兵、寺門ジモンなどと同様、祖父の啓二が東京出身であることもあり、関西出身にもかかわらず、全国ネットの番組では標準語で話している。『クイズ!紳助くん』など関西ローカルの番組に出演する際は関西弁を使うことが多い。ハイヒールモモコとは旧知の仲で、関西ローカルの番組では共演が多い。モモコの長男である仁一郎と同じ託児施設に預けられていたという事で、当時小学生だった彼女は彼の面倒もよく見ていたという話もあり、母親であるモモコとの面識も深い。母親がある時期から家事を放棄したため、炊事、洗濯、掃除をすべてこなすようになったそうである。同じような境遇であるからか、若槻千夏に可愛がられている様子が若槻のブログで述べられる。料理の腕は優秀な方で、2007年5月23日放送『愛のエプロン』の「スピード料理バトル第2弾」では、予選お題の「7分でロールキャベツ作製」を見事にクリア。結果的には参加者4人の中で最下位に終わったものの、得点は79点と十分な評価を受けた。沖縄が大好きで、プライベートでは友人たちと沖縄料理などを食べに行くことで仕事の疲れなどをリフレッシュしている。2009年2月4日、自叙伝『母ひとり、娘(こ)ひとり』を幻冬舎から出版する。同月2月16日、劇団ひとりとの結婚を発表、翌17日の未明にそろって婚姻届を提出した。2010年3月2日に妊娠を発表、同年9月8日に第1子となる女児を出産した。大沢あかね フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見たジーコジーコ

    ジーコが日本代表監督に就任すると、本来のボランチとして出場するようになった。トルシエ時代より出場機会は減ったが、主要大会のメンバーには毎回選出された。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・マルケス・マリアーノ

    ラファエル・マルケス・マリアーノから見たジーコジーコ

    2003年にAAポンチ・プレッタに入団後、SEパルメイラスなど複数のクラブを渡り歩いた。2006年、トルコに渡りサムスンスポルのサッカー部門に入団。翌2007年から2年間はマニサスポルでプレーし、この間にトルコ国籍を取得した他、当時フェネルバフチェSK監督であったジーコから非公式に獲得のオファーを受けた。ラファエル・マルケス・マリアーノ フレッシュアイペディアより)

  • ハトのおよめさん

    ハトのおよめさんから見たジーコジーコ

    本名は「シゲモンド=リチャード=ハロルド=アントゥネス=コインブラ」。本人曰く、ワニさんと同じく工事現場で働いている。出来ることと言えば誘導と念仏くらい。一見して何の動物かわからないが、どうやら犬の「パピヨン」らしい。ハトのおよめさん フレッシュアイペディアより)

  • トニーニョ・セレーゾ

    トニーニョ・セレーゾから見たジーコジーコ

    1980年代にサッカーブラジル代表ではジーコ、ソクラテス、パウロ・ロベルト・ファルカンと「黄金のカルテット」を中盤で形成し、数々のタイトルをもたらした。トニーニョ・セレーゾ フレッシュアイペディアより)

  • 本山雅志

    本山雅志から見たジーコジーコ

    ジーコが代表を率いるようになった2003年からは代表に招集される機会が多くなり、FWもしくはトップ下としてAFCアジアカップ2004などに参加したものの、ある程度の出場機会が与えられたにも関わらず最後まで無得点だった事でアピールできず、ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップの代表からは外れた。本山雅志 フレッシュアイペディアより)

  • ミウトン・ケイロス・ダ・パイション

    ミウトン・ケイロス・ダ・パイションから見たジーコジーコ

    2006年には、ジュニオールとともにスカウティング担当として、ジーコ監督率いるワールドカップドイツ大会の日本代表スタッフに加わった。ミウトン・ケイロス・ダ・パイション フレッシュアイペディアより)

237件中 101 - 110件表示

「ジーコ」のニューストピックワード