237件中 111 - 120件表示
  • ジョルジ・デ・アモリン・カンポス

    ジョルジ・デ・アモリン・カンポスから見たジーコジーコ

    1985年にCRフラメンゴに移籍し、ジーコらとともに1986年のリオ・デ・ジャネイロ州選手権と、1987年のブラジル全国選手権制覇に貢献した。1988年にはソウルオリンピックブラジル代表に選ばれ、銀メダルを獲得した。1989年にドイツのバイエル・レバークーゼンに海外移籍。そこでボランチに転向した。バイエルン時代には右サイドバックとして、ブンデスリーガーの優勝に貢献し、1994年のワールドカップ・アメリカ大会ではレギュラーメンバーとしてプレーした。準決勝では得意のクロスでロマーリオの得点をアシスト、決勝では前半20分に負傷でカフーとの交代を余儀なくされたが、母国のワールドカップ優勝に貢献した。ジョルジ・デ・アモリン・カンポス フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見たジーコジーコ

    中でも10番は攻撃にアクセントをつける選手のポジションとされ、特別の意味をもつ背番号であると考えられている。海外の代表チームにおいてもペレ、ジーコ、マラドーナ、ロベルト・バッジョなど攻撃的で創造的な名手が背負った。9番は相手ゴールに一番近いポジションとされゴールゲッターの番号とされてきた。また1番は通常ゴールキーパーに与えられる。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・メロ

    フェリペ・メロから見たジーコジーコ

    憧れの選手はジーコで、そのジーコが鹿島アントラーズに在籍していたことや自身が幼い頃に柔道を習っていた経験から日本に関心を持っている。ユヴェントス移籍後はしばしば妻とともに、トリノの日本料理店で寿司や刺身、てんぷらを食べている。フェリペ・メロ フレッシュアイペディアより)

  • エジヴァウド・アウヴェス・デ・サンタ・ローザ

    エジヴァウド・アウヴェス・デ・サンタ・ローザから見たジーコジーコ

    地元アラゴアス州のCSAでプレーしていた1954年に、アラゴアス州選抜の一員として出場したパライーバ州選抜との試合でハットトリックを達成したことで注目を集め、フラメンゴに移籍した。フラメンゴには1954年から1964年まで所属し、350試合に出場してクラブ史上2位の240ゴールを挙げた。後にフラメンゴのアイドルとなるジーコにとっての幼い頃のアイドルがジーダであり、ジーコが初めて口にした言葉のひとつは「ジーダ」だったという。エジヴァウド・アウヴェス・デ・サンタ・ローザ フレッシュアイペディアより)

  • エジノ・ナザレト・フィリョ

    エジノ・ナザレト・フィリョから見たジーコジーコ

    フルミネンセFCで7年間プレーした後、ヨーロッパ移籍を果たし、ジーコと同じウディネーゼ・カルチョでプレーした。エジノ・ナザレト・フィリョ フレッシュアイペディアより)

  • 太倉坐ドゥグラス

    太倉坐ドゥグラスから見たジーコジーコ

    ジーコが設立したCFZ・ド・リオ出身。2006年は日本の羽黒高等学校に通いながらアマチュア登録選手としてモンテディオ山形に籍を置いていた。2007年2月からはニューウェーブ北九州(現・ギラヴァンツ北九州)に入団。2009年シーズン限りで退団した。2010年から関東サッカーリーグ1部・tonan前橋へ移籍。2014年からヴィアティン桑名(現・ヴィアティン三重)へ移籍。同年7月、日本国籍を取得。太倉坐ドゥグラス フレッシュアイペディアより)

  • フランコ・カウジオ

    フランコ・カウジオから見たジーコジーコ

    17歳の時にユヴェントスに入団した。その後セリエBのレッジーナ、パレルモで数年プレーした後、1970年にユヴェントスに復帰、その後11年間背番号7をつけてロベルト・ベッテガ、マルコ・タルデッリ、ディノ・ゾフ、ジュゼッペ・フリオらと共に6回のスクデット優勝、1回のUEFAカップ優勝に貢献した。1981年にウディネーゼに移籍、ブラジルのジーコとチームメートになった。ミラン戦、カウジオの決勝ゴールにより、チームの対ミラン公式戦、史上初の勝利をもたらしている。その後インテル・ミラノを経て地元クラブであるUSレッチェのセリエA初昇格に伴い復帰、トリエスティーナでキャリアを終えた。フランコ・カウジオ フレッシュアイペディアより)

  • インターコンチネンタルカップ (サッカー)

    インターコンチネンタルカップ (サッカー)から見たジーコジーコ

    大会MVPに選ばれた選手にはトヨタ自動車から副賞として同社製の自動車が贈られていた(例:セリカ、カリーナ、エスティマ、ランドクルーザーなど)。第2回大会(1981年)当時、ブラジルでは外貨の流出防止や国内の産業保護のため、外国産車の輸入に厳しい規制がかけられていたが、その大会でMVPになったジーコは当時の大統領に電話一本で輸入許可を取りつけ長年愛用していた。インターコンチネンタルカップ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • フットサル日本代表

    フットサル日本代表から見たジーコジーコ

    2003年、当時のサッカー日本代表監督ジーコの紹介により、元フットサルブラジル代表選手のセルジオ・サッポを監督に招聘した。2004年、2004 FIFAフットサル世界選手権のアジア予選を兼ねた2004 AFCフットサル選手権に準優勝したことにより、日本は1989年以来15年ぶりの世界選手権本大会出場を果たした。パラグアイ(4-5)、イタリア(0-5)に連敗し、グループ最終戦のアメリカ合衆国(1-1)戦でなんとか勝ち点1を獲得したもののグループ最下位で終えた。 前回に続いて出場を果たした2008年大会(この大会より「FIFAフットサルワールドカップ」に名称変更)では、格下のソロモン諸島(7-2)とキューバ(4-1)から2勝したが、格上のブラジル(1-12)、ロシア(1-9)に2敗し、グループ5チーム中3位となって第1ラウンドで敗退した。フットサル日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 川口能活

    川口能活から見たジーコジーコ

    日韓W杯後にジーコ監督が就任してからも控えの立場が続き、FIFAコンフェデレーションズカップ2003のメンバーに選出されるが出場機会は無かったが、AFCアジアカップ2004では全6試合に出場。決勝トーナメント準々決勝のヨルダン戦、1-1のまま縺れ込んだPK戦ではいずれも入れられたら敗退が決まる状況で2本のシュート(3回終了時1-3)を阻止する。結果的にヨルダンは3人成功後4人連続で失敗し、日本の逆転勝利となった。ホスト国中国との決勝戦でも大会で披露した好調ぶりを発揮し、チームは2大会連続3度目優勝を果たす。自身もアジアカップ2004 ベストイレブンのタイトルを獲得。同大会ではシュート阻止率94.0%を記録した(サッカー解析システム「opta(オプタ)」より)。川口能活 フレッシュアイペディアより)

237件中 111 - 120件表示

「ジーコ」のニューストピックワード