237件中 11 - 20件表示
  • 鹿島アントラーズ

    鹿島アントラーズから見たジーコジーコ

    1991年、ブラジル代表で主将を務めたジーコが加入(川淵三郎によると、「当初、紹介した古河電工(現:ジェフユナイテッド市原・千葉)にそのまま加入してもらおうと思っていたが、当の古河電工はジーコ入団に難色を示し、その後断りをいれた。そのため、新たに住友金属を紹介したところ、住友金属のアピールもあって、ジーコの入団が実現した」と話している)。鹿島アントラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 中田英寿

    中田英寿から見たジーコジーコ

    ドイツW杯をもって日本代表から引退する事は以前から決まっていたが、2005年11月、中田は代表引退と同時に現役引退の意向を所属事務所社長の次原悦子に初めて話した。その後の話し合いで次原は中田の現役引退の意思が固い事を確認し、引退プロジェクトが始動。2、3月には守秘義務契約を交わした上で各スポンサーに報告を行った。また、現役最後の試合となったW杯のブラジル戦の前に監督のジーコには、この試合が現役引退の試合になるという事を伝えている。中田英寿 フレッシュアイペディアより)

  • 福田正博

    福田正博から見たジーコジーコ

    柔らかいボールタッチとスピードに乗ったドリブル突破からのチャンスメイク。瞬間的なスピードを生かしてディフェンスラインの裏に飛び込み自ら得点を決めることができる。20代後半の福田のプレーは鹿島時代のジーコをして「日本最高のプレーヤー」と言わしめ、「ドーハの悲劇」世代の日本代表選手の中では、三浦知良(カズ)に勝る能力の持ち主ともいわれた。福田正博 フレッシュアイペディアより)

  • 中村俊輔

    中村俊輔から見たジーコジーコ

    2006年6月、2006 FIFAワールドカップ日本代表に選出された。中村は、当時の代表監督ジーコに中心選手として重要視され、グループリーグ全3試合にフル出場したが、2敗1分で敗退した。第1戦のオーストラリア戦ではクロスボールが偶然にも直接得点となり、自身のW杯での唯一の得点となった。中村俊輔 フレッシュアイペディアより)

  • 澤登正朗

    澤登正朗から見たジーコジーコ

    2004年12月4日、新潟県中越地震チャリティーマッチにジーコジャパンドリームチームの一員として出場。澤登正朗 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たジーコジーコ

    2002年、当時の日本代表監督ジーコによってフル代表に初招集され、11月20日のキリンチャレンジカップ・アルゼンチン戦で初出場を果たし、以降、代表レギュラーの座を勝ち取る。翌2003年には、FIFAコンフェデレーションズカップ2003に全試合スタメン出場。同年8月20日のナイジェリア戦で待望の代表初ゴールを挙げる。当時のボランチは同期の小野伸二や稲本潤一、中田浩二といった海外組を始め、同じ国内組の福西崇史などがいたため激戦区であったが、2004年のアジアカップレギュラーとして日本代表の優勝に貢献した。翌年、中田英寿のボランチへのコンバート志願のあおりを受け、再び控えに回る事になり、2006年のドイツW杯ではフィールドプレーヤー(GK以外の選手)で、唯一ピッチに立つことがなかった。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • Zico

    Zicoから見たジーコジーコ

    Zico フレッシュアイペディアより)

  • Arthur Antunes Coimbra

    Arthur Antunes Coimbraから見たジーコジーコ

    Arthur Antunes Coimbra フレッシュアイペディアより)

  • ズィッコ

    ズィッコから見たジーコジーコ

    ズィッコ フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見たジーコジーコ

    トルシエが就任する以前で言えばカズこと三浦知良が代表的な例である。サッカー人気の上昇と共に日本代表の絶対的なエースとして君臨し期待にこたえて活躍し続けた分、選手としての絶頂期を過ぎそれまでのようなパフォーマンスを出来なくなってきた1997年のW杯予選では、ここぞとばかりにマスコミはカズを叩いた。また、高原直泰が所属リーグであまり活躍できていなかったとき、それにもかかわらず、ジーコが高原を代表戦で使い続けた。代表戦でも結果が出せなかった高原に対してマスコミは目の色を変えて批判し始めた。これもスターシステムの弊害の一種である。スター・システム フレッシュアイペディアより)

237件中 11 - 20件表示

「ジーコ」のニューストピックワード