214件中 31 - 40件表示
  • 1953年のスポーツ

    1953年のスポーツから見たジーコジーコ

    3月3日 - ジーコ(ブラジル、サッカー)1953年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • しんじないと倶楽部

    しんじないと倶楽部から見たジーコジーコ

    サムライブルーの23人を発表するジーコの記者会見を再現する。最後の三人「柳沢、玉田・・・巻(ウオーー)」のあまりにも有名なフレーズを3段オチで見事に着地させるコーナー。ドイツW杯期間限定だったが、サッカーW杯の中継と重なったため、実際に放送されたのは2回だけだった。しんじないと倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • エドゥアルド

    エドゥアルドから見たジーコジーコ

    エドゥアルド・アントゥネス・コインブラ - ブラジル出身のサッカー選手、サッカー指導者。ジーコの実兄。通称エドゥ。1947年生。エドゥアルド フレッシュアイペディアより)

  • エジヴァウド・アウヴェス・デ・サンタ・ローザ

    エジヴァウド・アウヴェス・デ・サンタ・ローザから見たジーコジーコ

    地元アラゴアス州のCSAでプレーしていた1954年に、アラゴアス州選抜の一員として出場したパライーバ州選抜との試合でハットトリックを達成したことで注目を集め、フラメンゴに移籍した。フラメンゴには1954年から1964年まで所属し、350試合に出場してクラブ史上2位の240ゴールを挙げた。後にフラメンゴのアイドルとなるジーコにとっての幼い頃のアイドルがジーダであり、ジーコが初めて口にした言葉のひとつは「ジーダ」だったという。エジヴァウド・アウヴェス・デ・サンタ・ローザ フレッシュアイペディアより)

  • ゼムノビッチ・ストラヴゴ

    ゼムノビッチ・ストラヴゴから見たジーコジーコ

    2006年のドイツ・ワールドカップで日本代表が惨敗した時には、「ジーコの後任にふさわしいのは?」とのマスコミからの問いに、「外国人ならイビチャがベスト」と答えた。実際にオシムが日本代表監督に就任すると、今度はドラガン・ストイコビッチらと共に代表スタッフ入り濃厚と報道される。結局日本代表チームには加わることはなかったが、オシムのJリーグの試合視察時への同行や相談役として、チームの外から彼をサポートした。ゼムノビッチ・ストラヴゴ フレッシュアイペディアより)

  • 久松真一 (脚本家)

    久松真一 (脚本家)から見たジーコジーコ

    ドキュメンタリースペシャル『ジーコ 神様の素顔』(フジテレビ 1994年)久松真一 (脚本家) フレッシュアイペディアより)

  • 週刊サッカーダイジェスト

    週刊サッカーダイジェストから見たジーコジーコ

    500号 ペレ、マラドーナ、ヨハン・クライフ、ジーコ、ベッケンバウアー、ミシェル・プラティニ、ロベルト・バッジョ、釜本邦茂、カズ、中田英寿 2000年1月5/12日号週刊サッカーダイジェスト フレッシュアイペディアより)

  • ドグラス・ピレス・デ・ソウザ

    ドグラス・ピレス・デ・ソウザから見たジーコジーコ

    ジーコが設立したCFZ・ド・リオ出身。2006年は日本の羽黒高等学校に通いながらアマチュア登録選手としてモンテディオ山形に籍を置いていた。2007年2月からはニューウェーブ北九州(現・ギラヴァンツ北九州)に入団。2009年シーズン限りで退団した。2010年から関東サッカーリーグ1部・tonan前橋へ移籍。ドグラス・ピレス・デ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • 中村元樹

    中村元樹から見たジーコジーコ

    小学5年生の時、当時イタリア・ペルージャに所属していた中田英寿の活躍を見て海外でサッカーをすることを意識し始める。6年次にはジーコ主催のサッカースクールに参加し、1ヶ月間のブラジル留学を経験する。帰国後も海外でサッカーをすることを考えていたが、治安や経済的負担など問題で日本の中学・高校に進学する。進学した芦屋高校ではサッカー部がなく、フットサル部に所属つつ、社会人チームのFC Breezeに参加していた。中村元樹 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊サッカーマガジン

    週刊サッカーマガジンから見たジーコジーコ

    1000号 岡田武史(横浜F・マリノス監督) ジーコ(日本代表監督) 2004年11月23日号週刊サッカーマガジン フレッシュアイペディアより)

214件中 31 - 40件表示

「ジーコ」のニューストピックワード