214件中 41 - 50件表示
  • フランコ・カウジオ

    フランコ・カウジオから見たジーコジーコ

    17歳の時にユヴェントスに入団した。その後セリエBのレッジーナ、パレルモで数年プレーした後、1970年にユヴェントスに復帰、その後11年間背番号7をつけてロベルト・ベッテガ、マルコ・タルデッリ、ディノ・ゾフ、ジュゼッペ・フリオらと共に6回のスクデット優勝、1回のUEFAカップ優勝に貢献した。1981年にウディネーゼに移籍、ブラジルのジーコとチームメートになった。ミラン戦、カウジオの決勝ゴールにより、チームの対ミラン公式戦、史上初の勝利をもたらしている。その後インテル・ミラノを経て地元クラブであるUSレッチェのセリエA初昇格に伴い復帰、USトリエスティーナでキャリアを終えた。フランコ・カウジオ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカFC (サンパウロ州)

    アメリカFC (サンパウロ州)から見たジーコジーコ

    ジーコの兄エドゥーもテクニカルコーチを勤めたこともある。アメリカFC (サンパウロ州) フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・レアンドロ・フェレイラ

    ジョゼ・レアンドロ・フェレイラから見たジーコジーコ

    1978年にフラメンゴでデビューし、ジーコやベベットらと一時代を築き、現役生活を全て同クラブで過ごした。1981年にはコパ・リベルタドーレス優勝、トヨタカップではリヴァプールを破り世界一に輝いた。ジョゼ・レアンドロ・フェレイラ フレッシュアイペディアより)

  • ゼ・セルジオ

    ゼ・セルジオから見たジーコジーコ

    現役時代は左ウイングとしてブラジルのサンパウロFC、サントスFCといった名門クラブやブラジル代表で活躍。1978年には21歳の若さでワールドカップ・アルゼンチン大会のブラジル代表メンバーにジーコやリベリーノ、トニーニョ・セレーゾらと共に名を連ねたが、怪我のため本大会での出場機会はなかった。ゼ・セルジオ フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジ・ベンジョール

    ジョルジ・ベンジョールから見たジーコジーコ

    彼の音楽性として、カリオカの美学が挙げられる。リオの一般庶民の娯楽であるサンバやサッカー、またブラジル人の女性などが歌詞におり込まれ、また彼の歌詞の中には、サッカー選手やミュージシャンに限らず有名人の名前などが出てくることが、リオのセンスをよく表しており、同じブラジルでもサンパウロにはない感覚だといわれる。中でもCamisa 10 da Gávea(ガーヴェアの10番)はジーコに捧げた曲として知られる。またFio Maravilha(素敵なフィオ)は、フラメンゴの選手で友人だったフィオに捧げた曲だったが、フィオ自身が名誉毀損だと言い出したことから使えなくなり、Filho Maravilha(素敵な息子)に改めたというエピソードがある。ジョルジ・ベンジョール フレッシュアイペディアより)

  • イレブン (漫画)

    イレブン (漫画)から見たジーコジーコ

    しかし青葉はリオ・ガルシアFC時代のダメージとイタリア戦でのダメージが重なり、骨、腱、靭帯を損傷しており、Jリーグ参加は危ぶまれていた。手術をうけたあと、他のメンバーの活躍を尻目にリハビリに専念。治療後、北海道の「北海道ポラリス(架空チーム)」に入団し、開幕から活躍。鹿島アントラーズ戦でジーコと対戦し、その素質を見込まれ、OA(アフリカサッカー連合)に推薦される。イレブン (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ省 (ブラジル)

    スポーツ省 (ブラジル)から見たジーコジーコ

    1990年、フェルナンド・コロール・デ・メロ大統領政権下ではアルトゥール・アントゥネス・コインブラ(通称:ジーコ)がスポーツ担当大臣に任命され1991年まで勤めた。スポーツ省 (ブラジル) フレッシュアイペディアより)

  • レオヴェジウド・リンス・ダ・ガマ・ジュニオール

    レオヴェジウド・リンス・ダ・ガマ・ジュニオールから見たジーコジーコ

    2006年には、チッタとともにスカウティング担当として、ジーコ監督率いるワールドカップドイツ大会の日本代表スタッフに加わった。レオヴェジウド・リンス・ダ・ガマ・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川祥之

    長谷川祥之から見たジーコジーコ

    黒崎比差支、奥野僚右、大野俊三、本田泰人やサントス、そしてジーコなどとJリーグ開幕当初の鹿島アントラーズの黄金期を築いた功労者の一人。リーグ戦では長谷川が点を入れた試合は34連勝で、「長谷川が決めればチームは負けない」という伝説も残している。その後も息の長い活躍を続け、マジーニョや柳沢敦、平瀬智行らと先発ポジションを争い続けた。1999年頃から先発出場の機会は減ったが、その後もスーパーサブとして存在感を保ち、選手としてはもうピークを過ぎているであろう後も鹿島のサポーターの間では長い間人気を博していた。2003年7月27日、1stステージホーム最終戦のセレッソ大阪戦で現役を引退。その後、鹿島の下部チームのコーチに就任。長谷川祥之 フレッシュアイペディアより)

  • テレ・サンタナ

    テレ・サンタナから見たジーコジーコ

    1980年末にブラジル代表監督就任を打診され、これを引き受けた。マラカナン・スタジアム創立30周年記念のソビエト連邦戦には敗れたが、ムンディアリート(FIFAワールドカップ50周年記念国際親善試合)ではアルゼンチンと西ドイツから勝ち点4を奪うまずまずの結果を残した。1982 FIFAワールドカップ本大会前のブラジル代表は黄金のカルテット(ジーコ、トニーニョ・セレーゾ、ファルカン、ソクラテス)やレアンドロなどのスター選手を抱え、優勝候補の呼び名も高かった。テレ・サンタナ フレッシュアイペディアより)

214件中 41 - 50件表示

「ジーコ」のニューストピックワード