237件中 41 - 50件表示
  • 桜井直人

    桜井直人から見たジーコジーコ

    浦和レッズ時代はサテライト暮らしの不遇な日々を送っていたが、1999年途中にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)へレンタル移籍後に本領を発揮してレギュラーの座を獲得。翌2000年からはV川崎へ完全移籍となった。2005年に地元の大宮アルディージャに移籍。同年にはレッズでチームメイトだった永井雄一郎共に、ジーコ・ジャパンのトレーニングキャンプに選出されるも、メンバーとしては残れなかったため、公式試合には出場していない。2007年以降出場機会が激減。2008年シーズン終了後、戦力外通告を受けた。同年限りで現役を引退し、大宮のU-12コーチに就任したが、2010年からは古巣、浦和のハートフルクラブのコーチに就任することとなった。2014年からはドリブルに特化したサッカースクール『ソルプレッサ・サッカースクール』で指導している。桜井直人 フレッシュアイペディアより)

  • FCブニョドコル

    FCブニョドコルから見たジーコジーコ

    2008年9月、ミルジャラル・カシモフがウズベキスタン代表監督となり、ブニョドコルの監督職を辞任。2008年9月26日、元日本代表監督のジーコが後任の監督に就任した。FCブニョドコル フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグを100倍楽しく見る方法!!

    Jリーグを100倍楽しく見る方法!!から見たジーコジーコ

    荒野の二人(アニメ、主人公:ジーコ、アルシンド)Jリーグを100倍楽しく見る方法!! フレッシュアイペディアより)

  • 名誉主将

    名誉主将から見たジーコジーコ

    その他、サッカーの試合ではオールスターマッチを開催する場合などに代表チームのキャプテンとして名誉主将を選出することがある。一例として、1995年に阪神淡路大震災の復興支援を謳って開催された「阪神淡路チャリテーFIFA(国際サッカー連盟)オールスターマッチ」では、日本サッカー協会が出場選手を決定。チームを米大陸選抜と世界選抜に分け、米大陸代表チームの代表監督にボラ・ミルティノビッチ、名誉主将にジーコことアルトゥール・アントゥネス・コインブラが選抜され、世界選抜チームの代表監督にロイ・ホジソン、名誉主将にピエール・リトバルスキーを選出したことが知られる。名誉主将 フレッシュアイペディアより)

  • エドゥアルド・アントゥネス・コインブラ

    エドゥアルド・アントゥネス・コインブラから見たジーコジーコ

    同国出身の伝説的選手、ジーコの実兄。エドゥアルド・アントゥネス・コインブラ フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルギ・シュチェンニコフ

    ゲオルギ・シュチェンニコフから見たジーコジーコ

    PFC CSKAモスクワの下部組織出身。2008年にトップチームに昇格するが、リザーブチームと掛け持ちしていた。公式戦デビューは2008年8月6日のロシア・カップ・トルペド・ウラジミール戦。同年10月24日、UEFAカップ 2007-08のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で欧州カップ戦デビュー。2009年シーズンから、当時のジーコ監督に見い出され、当時17歳ので左サイドバックのレギュラーとしてプレーする。その後、ヴァグネル・ラヴ、ユーリ・ジルコフといった主力選手の退団、相次ぐ監督交代など、チームは混乱し、リーグ戦5位に終わったが、シュチェンニコフはシーズン通じて安定した働きを見せ、所属するCSKAではアラン・ジャゴエフ(2008年受賞)に次ぐ、ロシア・プレミアリーグ年間最優秀若手選手賞に輝いた。ゲオルギ・シュチェンニコフ フレッシュアイペディアより)

  • ソクラテス (サッカー選手)

    ソクラテス (サッカー選手)から見たジーコジーコ

    1982年にスペインで行われた1982 FIFAワールドカップにはブラジル代表のキャプテンとして臨んだ。テレ・サンタナ監督に率いられ、ジーコ、ファルカン、トニーニョ・セレーゾとともに組んだ中盤は黄金のカルテットと呼ばれたが、イタリア代表、アルゼンチン代表と強豪が集った2次リーグで敗退した。1983年のコパ・アメリカでは決勝でウルグアイ代表に敗れて準優勝に終わった。1986年にはメキシコで開催された1986 FIFAワールドカップに出場したが、準々決勝でPK戦の末にフランス代表に敗れた。ソクラテス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 久松真一 (脚本家)

    久松真一 (脚本家)から見たジーコジーコ

    ドキュメンタリースペシャル『ジーコ 神様の素顔』(フジテレビ 1994年)久松真一 (脚本家) フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・レアンドロ・ジ・ソウザ・フェレイラ

    ジョゼ・レアンドロ・ジ・ソウザ・フェレイラから見たジーコジーコ

    1978年にフラメンゴでデビューし、ジーコやベベットらと一時代を築き、現役生活を全て同クラブで過ごした。1981年にはコパ・リベルタドーレス優勝、トヨタカップでは、リヴァプールを破り世界一に輝いた。ジョゼ・レアンドロ・ジ・ソウザ・フェレイラ フレッシュアイペディアより)

  • パウロ・アウトゥオリ

    パウロ・アウトゥオリから見たジーコジーコ

    こうした実績に目を付けたのが、ジーコ以来ブラジルスタイルが主流の鹿島アントラーズである。鹿島はこの年の10月に6年間監督を務めたトニーニョ・セレーゾの勇退を発表し、早くからサンパウロとの契約が切れるアウトゥオリに目を付けていたが、最終的にアウトゥオリで一本化し、トヨタカップ終了後に契約交渉を開始して、12月30日に就任決定となった。パウロ・アウトゥオリ フレッシュアイペディアより)

237件中 41 - 50件表示

「ジーコ」のニューストピックワード