214件中 51 - 60件表示
  • ルイス・フェルナンデス (サッカー選手)

    ルイス・フェルナンデス (サッカー選手)から見たジーコジーコ

    選手時代のキャリアのピークは1984年に自国で開催された欧州選手権。フランス代表では、スペイン大会で「銀の中盤」と評されたミシェル・プラティニ、アラン・ジレス、ジャン・ティガナを中盤の底で支えたベルナール・ジャンジニに代わり、新たな「銀の中盤」を形成。決勝でスペイン代表を破り、フランス初の国際タイトルを手にした。2年後に行われたワールドカップ・メキシコ大会では前評判も高く、準々決勝ではジーコ擁するブラジル代表をPK戦の末に破ったが、前回大会同様、西ドイツ戦で敗退、準決勝で姿を消した。欧州選手権としては1992年のスウェーデン大会にも出場しているが、グループリーグ敗退の憂き目に会っている。代表キャップは60。ルイス・フェルナンデス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ジーコサッカー

    ジーコサッカーから見たジーコジーコ

    ジーコサッカー(ZICO Soccer)は、エレクトロニック・アーツ・ビクター(現エレクトロニック・アーツ)が1994年3月4日に発売したスーパーファミコン用ソフト。元サッカー日本代表監督で、発売当時はJリーグ・鹿島アントラーズに所属していたジーコが監修している。ジーコサッカー フレッシュアイペディアより)

  • オシムジャパン

    オシムジャパンから見たジーコジーコ

    攻撃面では、同じポゼッションサッカーを標榜するといえども、ジーコ時代と比較して中央からの攻めが減少し、フィールドをワイドに使い両サイドでのパス交換、オーバーラップによるサイドアタックを意図する割合が非常に大きくなった。そのためサイドチェンジによる逆サイドアタックも多様された。練習の段階から運動量と共にパスのタッチ数などが制限されたものが多く、試合でもパスを含めた全ての面でスピーディーなサッカーを目指していた。しかし、運動量が思うように効果を挙げられない試合では(相手が自陣に引いて、カウンター狙いに徹した場合など)、両サイド共に上げてしまった場合カウンター対策を取れない事から、サイドの選手の仕掛けが減り、結果ゴール前へ運べない・横パスバックパスの多いサッカーになる事もあった。ただし、オシム監督自身がボールを保持している方が好みだったことを後に中村俊輔が理由として挙げている。オシムジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 三浦淳宏

    三浦淳宏から見たジーコジーコ

    2003年よりジーコジャパンに選出され、三都主アレサンドロのサブとして4バックの左SBでプレー。しかし代表に参加している間に、ヴェルディではポジションを争っていた相馬崇人が左SBで結果を残し、2004年にはオズワルド・アルディレス監督の「代表招集でクラブの練習に出られない三浦より、常にクラブにいる相馬を使う」という方針で相馬に完全にポジションを奪われることになった。そのため日本代表選手がクラブでは控えという妙な立場に立たされるが、「いつか自分が必要とされるときが来る」と信じて、腐ることはなく練習に打ち込んだ。三浦淳宏 フレッシュアイペディアより)

  • IN.FIGHT

    IN.FIGHTから見たジーコジーコ

    創設のきっかけについて河津は「1991年に前身の住友金属にジーコが加入しプロ化が間近に迫った」ことを挙げている。IN.FIGHTという名称は団員の多数決により決まり、スタジアムで入会を呼びかけるうちに徐々に人数が増え1992年秋には80人、1993年のJリーグ開幕直前には200人に増加。団員が増加した事で会費制を導入して活動資金に充てることになった。IN.FIGHT フレッシュアイペディアより)

  • ライー

    ライーから見たジーコジーコ

    しかし、ライーは1994年に入っても不振を極め、当時、日本で最晩年を迎えたジーコ待望論が起きるほどだった。迎えたアメリカワールドカップの開幕戦、注目のブラジル代表の10番、主将、プレーメーカーはライーだった。ライーはPKで得点するが、全般的に低調で、決勝トーナメントに入るとライーの指定席はベンチとなり、これ以降、ブラジル代表主将は「闘将ドゥンガ」のものとなった。ライー フレッシュアイペディアより)

  • 藤田俊哉

    藤田俊哉から見たジーコジーコ

    一方で日本代表においては、ファルカン、加茂周、トルシエ、ジーコと歴代の監督により招集されたが、いずれの監督下でもレギュラーではなくサブとしての登用であった事から、当時はインタビューなどで「頂点を極めたなんて思ったことは一度もありません」と語っている。海外クラブに所属する選手を重用する傾向があったジーコ監督時代の2003年には、代表定着を狙うためにオランダのFCユトレヒトに半年間の期限付き移籍。この時期は積極的に代表に呼ばれたが、やはりレギュラー定着はできなかった。ユトレヒトでは1ゴールを記録するなど上々の成績を残した。シーズン終了後には移籍期間延長の打診もあり、藤田自身もオランダでのプレーの続行を望んだが、ユトレヒトには完全移籍に移行する際の移籍金を支払う資金力が無く、加えて成績が下降傾向だった磐田からは移籍期限終了に伴う磐田への復帰を強く要請されたため、日本へ復帰した。藤田俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー個人シーズンゴール数ランキング

    サッカー個人シーズンゴール数ランキングから見たジーコジーコ

    ジーコ 65ゴール 1979シーズンサッカー個人シーズンゴール数ランキング フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・マルケス・マリアーノ

    ラファエル・マルケス・マリアーノから見たジーコジーコ

    2003年にAAポンチ・プレッタに入団後、SEパルメイラスなど複数のクラブを渡り歩いた。2006年、トルコに渡りサムスンスポル (Samsunspor) のサッカー部門に入団。翌2007年から2年間はマニサスポルでプレーし、この間にトルコ国籍を取得した他、当時フェネルバフチェSK監督であったジーコから非公式に獲得のオファーを受けた。ラファエル・マルケス・マリアーノ フレッシュアイペディアより)

  • ファンタジスタ

    ファンタジスタから見たジーコジーコ

    古くはW杯スイス大会で活躍したフェレンツ・プスカシュは大会で10番を付け、4年後のW杯スウェーデン大会でペレも大会で10番を背負っていた。その他にもジーコ、マラドーナ、バッジョ、ジダン、リバウドがかつて背負っていた(ただし、9番を背負ったアルフレッド・ディ・ステファノや5番を背負ったフランツ・ベッケンバウアーの様な一部の例外も存在する)。歴代のファンタジスタによって10番のイメージが確立され、今日の様な「10番=ファンタジスタ」という代名詞となった。ファンタジスタ フレッシュアイペディアより)

214件中 51 - 60件表示

「ジーコ」のニューストピックワード

  • 世界と戦えば立ち位置見える

  • 世界で戦えば、自分たちの今の立ち位置が見えてくる。

  • 彼は勝ち取っていないが、僕はバロンドールを3回手にしている