237件中 71 - 80件表示
  • 自動契約機

    自動契約機から見たジーコジーコ

    レイク - 無人契約機(過去は「ひとりででき太」という名称がついていて、元サッカー日本代表監督のジーコが宣伝していた)自動契約機 フレッシュアイペディアより)

  • イレブン (漫画)

    イレブン (漫画)から見たジーコジーコ

    帰国後、Jリーグからの要望もありワールドカップ制覇を目的としたチームは一時解散。Jリーグに散っておのおの技を磨くことになった。しかし茂はリオ・ガルシアFC時代のダメージとイタリア戦でのダメージが重なり、骨、腱、靭帯を損傷しており、Jリーグ参加は危ぶまれていた。手術をうけたあと、他のメンバーの活躍を尻目にリハビリに専念。治療後、北海道の「北海道ポラリス(架空チーム)」に入団し、南雲と再会。開幕戦のベルリィ戦では美浦、アンタレス戦ではヂーコと対戦し、その素質を見込まれる。ポラリスは第1ステージを12勝8敗の5位という成績で終える。イレブン (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • シャンペン・シャワー

    シャンペン・シャワーから見たジーコジーコ

    作者のかわみなみ自身がサッカーファンで日本国外のサッカー事情に詳しく、登場人物の多くは当時の実在の選手をモデルにしたものである。たとえばヴィトーリオは当時のブラジル代表がモデルであり、主将のディッコはジーコがモデルである、またサルバドールFCはイタリア代表、FCジェロムは西ドイツ代表の選手達がモデルとなっている。ただし人物の性格は独自の味付けが行われている。なお、作者は少女誌という媒体で当時の日本国内にはないプロサッカーリーグを舞台にした作品が連載ができた理由について「これといった理由が思い浮かばない」とした上で、「(自身が)何かに付けてサッカーの話題をしていた」ことや、「『キャプテン翼』の影響」などを挙げている。シャンペン・シャワー フレッシュアイペディアより)

  • 陽だまりのイレブン

    陽だまりのイレブンから見たジーコジーコ

    ジーコ 本人役、本作主人公。陽だまりのイレブン フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌邦

    山本昌邦から見たジーコジーコ

    2002年W杯終了後、ジーコの監督就任後もコーチとしてチームに留まり、同年11月20日のアルゼンチン戦では、実母死去により緊急帰国したジーコに代わり、監督代行を務めた。その後、後述のU-23日本代表の監督に専念するため、アルゼンチン戦を最後に日本代表コーチを退任。山本昌邦 フレッシュアイペディアより)

  • ゼムノビッチ・ズドラヴコ

    ゼムノビッチ・ズドラヴコから見たジーコジーコ

    2006 FIFAワールドカップで日本代表が惨敗した時には、「ジーコの後任にふさわしいのは?」とのマスコミからの問いに、「外国人ならイビチャがベスト」と答えた。実際にオシムが日本代表監督に就任すると、今度はドラガン・ストイコビッチらと共に代表スタッフ入り濃厚と報道される。結局日本代表チームには加わることはなかったが、オシムのJリーグの試合視察時への同行や相談役として、チームの外から彼をサポートした。ゼムノビッチ・ズドラヴコ フレッシュアイペディアより)

  • エドゥアルド

    エドゥアルドから見たジーコジーコ

    エドゥアルド・アントゥネス・コインブラ - ブラジル出身のサッカー選手、サッカー指導者。ジーコの実兄。通称エドゥ。1947年生。エドゥアルド フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・ガブリエル・デ・メロ・エ・シウバ

    フェリペ・ガブリエル・デ・メロ・エ・シウバから見たジーコジーコ

    好きな選手はジーコである。フェリペ・ガブリエル・デ・メロ・エ・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ルイス・ビジャヌエバ

    ホセ・ルイス・ビジャヌエバから見たジーコジーコ

    チリの公用語であるスペイン語のほかに、ポルトガル語と英語も堪能であるため、ブニョドコルではジーコ監督の言葉を選手に伝える通訳のような役目も担っていた。ホセ・ルイス・ビジャヌエバ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーダイジェスト

    サッカーダイジェストから見たジーコジーコ

    500号 ペレ、マラドーナ、ヨハン・クライフ、ジーコ、ベッケンバウアー、ミシェル・プラティニ、ロベルト・バッジョ、釜本邦茂、カズ、中田英寿 2000年1月5/12日号サッカーダイジェスト フレッシュアイペディアより)

237件中 71 - 80件表示

「ジーコ」のニューストピックワード