214件中 71 - 80件表示
  • 吉田康弘 (サッカー選手)

    吉田康弘 (サッカー選手)から見たジーコジーコ

    広島大河フットボールクラブでサッカーを始める。高校は東海大第一高校へ進学し、明治大学を経て、1992年に鹿島アントラーズへ入団。その才能は注目を集め、ジーコから後継者として指名されていた。しかし鹿島ではレギュラーに定着できず、1995年には清水エスパルスへ移籍。翌年1996年に地元サンフレッチェ広島に加入した。吉田康弘 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 桜井直人

    桜井直人から見たジーコジーコ

    浦和レッズ時代はサテライト暮らしの不遇な日々を送っていた()が、1999年途中にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)へレンタル移籍後に本領を発揮してレギュラーの座を獲得。翌2000年からはV川崎へ完全移籍となった。2005年に地元の大宮アルディージャに移籍。同年にはレッズでチームメイトだった永井雄一郎共に、ジーコ・ジャパンのトレーニングキャンプに選出されるも、メンバーとしては残れなかったため、公式試合には出場していない。2007年以降出場機会が激減。2008年シーズン終了後、戦力外通告を受けた。同年限りで現役を引退し、大宮のU-12コーチに就任したが、2010年からは古巣、浦和のハートフルクラブのコーチに就任することとなった。桜井直人 フレッシュアイペディアより)

  • 奥大介

    奥大介から見たジーコジーコ

    2004年2月、茨城県鹿嶋市内での代表合宿中に奥と久保竜彦、小笠原満男、山田卓也、茂庭照幸、大久保嘉人、都築龍太が夜中に無断でキャバクラに行っていたことが発覚し、ジーコ監督から怒りを買ってしまい代表から外されてしまった(その後、代表への選出がないのは奥だけである)。以降このメンバーはキャバクラセブンと呼ばれるようになった。奥大介 フレッシュアイペディアより)

  • パウロ・ロベルト・ファルカン

    パウロ・ロベルト・ファルカンから見たジーコジーコ

    ブラジル代表では1976年に代表デビューを飾るが、通算記録は36試合9ゴールと少なめである。当初は攻撃的MFとしてプレーしていたため、ジーコの控えであった。しかし1982年ワールドカップでは、ボランチとしてジーコ、ソクラテス、トニーニョ・セレーゾとともに黄金のカルテットを形成した。特に2次リーグ・イタリア戦の後半23分の2-2の同点に追いつくミドルシュートの場面などは、そこに至るパスや選手の連動性の巧妙さと共にその存在感を示した。パウロ・ロベルト・ファルカン フレッシュアイペディアより)

  • 田中誠 (サッカー選手)

    田中誠 (サッカー選手)から見たジーコジーコ

    日本代表にはなかなか縁がなかった(トルシエ政権下では、田中が必ずしも得意でないフィード力がDFに求められていたことが原因、と田中はインタビューで示唆している)が、ジーコ指揮下では右のストッパーとして次第に出場機会を得る。2006年ドイツW杯代表にも選出されたが、ドイツでの直前合宿中に左ハムストリング肉離れのため離脱し帰国。本大会への出場はかなわなかった。田中誠 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • シルバ・ジョゼ・レイナルド・フェルナンデス

    シルバ・ジョゼ・レイナルド・フェルナンデスから見たジーコジーコ

    ジーコの兄エドゥーによるエドゥー・サッカーセンターにて選手兼コーチとしてコーチ業を学んだ後、中京高校のヘッドコーチに就任、また2007年から2008年までは中京学院大学の監督も兼任した。幼児から中学生までを対象としたサッカースクールとして、中京高校レイ・サンボーラ・サッカースクールも開講している。シルバ・ジョゼ・レイナルド・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ・サッポ

    セルジオ・サッポから見たジーコジーコ

    2003年4月、当時のサッカー日本代表監督であるジーコの推薦により来日。日本サッカー協会のフットサルテクニカルアドバイザーとして契約。同年11月、前任の原田理人監督辞任に伴い、フットサル日本代表監督に就任。セルジオ・サッポ フレッシュアイペディアより)

  • 住友金属工業蹴球団

    住友金属工業蹴球団から見たジーコジーコ

    そこで1991年に元ブラジル代表のジーコを獲得。また地元自治体の支援を受け国内初となる全席オールシートのサッカー専用スタジアム(茨城県立カシマサッカースタジアム)の建設を発表するとこれが決定的な要因となり、初年度からのJリーグ参加が決定した。住友金属工業蹴球団 フレッシュアイペディアより)

  • ミルジャラル・カシモフ

    ミルジャラル・カシモフから見たジーコジーコ

    現役を引退した後、カシモフは所属していたマシュアル・ムバレクでコーチを務めることになった。2006年にはとともにウズベキスタン代表、U-23サッカーウズベキスタン代表のコーチを行った。2007年12月、カシモフはFCブニョドコルの監督に就任した。カシモフの下でブニョドコルはAFCチャンピオンズリーグ2008において準決勝に進出した。これは現在でもクラブ最高記録である。2008年7月にジーコがブニョドコルの監督に就任した際にはアドバイザーコーチを務めた。ミルジャラル・カシモフ フレッシュアイペディアより)

  • 関塚隆

    関塚隆から見たジーコジーコ

    1991年に現役を引退し、指導者へと転身。母校の早大ア式蹴球部監督を経て、1993年に鹿島アントラーズにコーチとして招かれ、そこで大学時代および本田技研時代の恩師である宮本征勝の薫陶を受けた。その後1995年に宮本の清水エスパルス監督就任に伴い清水に籍を移すが、翌年鹿島に復帰。ジーコ、ジョアン・カルロス、ゼ・マリオ、トニーニョ・セレーゾといったブラジル人指導者の下で「勝者のメンタリティー」を学んだ。1998年、1999年には鹿島の監督代行も務めた。関塚隆 フレッシュアイペディアより)

214件中 71 - 80件表示

「ジーコ」のニューストピックワード