214件中 81 - 90件表示
  • 平成の森

    平成の森から見たジーコジーコ

    なお、当時の鹿島アントラーズには英雄ジーコも所属していたが、彼自身は平成の森でのキャンプには参加していない。平成の森 フレッシュアイペディアより)

  • ミウトン・ケイロス・ダ・パイション

    ミウトン・ケイロス・ダ・パイションから見たジーコジーコ

    2006年には、ジュニオールとともにスカウティング担当として、ジーコ監督率いるワールドカップドイツ大会の日本代表スタッフに加わった。ミウトン・ケイロス・ダ・パイション フレッシュアイペディアより)

  • 大沢 あかね

    大沢あかねから見たジーコジーコ

    9歳から子役モデルとして活動。その後も大沢啓二が各タレント事務所に売り込みタレント活動も開始。13歳の時に、NHKの人気子供番組『天才てれびくん』の1999年度てれび戦士となり注目を集める。2001年以降、学習研究社発行の雑誌(2004年5月まで『ピチレモン』、以後『Fapri』)にて専属モデルを務めていたが、2010年現在モデルとしての活動はほとんど行なっていない。「将来はお笑い芸人を目指す」と発言し、中島知子(オセロ)が目標と語る。自ら編み出した持ちギャグもいくつかあり、「(右肘をさすりながら)こっちはジーコ、(左肘をさすりながら)こっちはフィーゴ(この一連の動きを2回繰り返す)、(股間を指差しながら)じゃあこっちは?…(一呼吸置いて股間付近をさする手つきで)ベッケンバウアー♪」などがある。ラサール石井や上島竜兵、寺門ジモンなどと同様、祖父の啓二が東京出身であることもあり、大阪出身にもかかわらず、全国ネットの番組では標準語で話している。『クイズ!紳助くん』など関西ローカルの番組に出演する際は関西弁を使うことが多い。ハイヒールモモコとは旧知の仲で、関西ローカルの番組では共演が多い。モモコの長男である仁一郎と同じ託児施設に預けられていたという事で、当時小学生だった彼女は彼の面倒もよく見ていたという話もあり、母親であるモモコとの面識も深い。母親がある時期から家事を放棄したため、炊事、洗濯、掃除をすべてこなすようになったそうである。同じような境遇であるからか、若槻千夏に可愛がられている様子が若槻のブログで述べられる。料理の腕は優秀な方で、2007年5月23日放送『愛のエプロン』の「スピード料理バトル第2弾」では、予選お題の「7分でロールキャベツ作製」を見事にクリア。結果的には参加者4人の中で最下位に終わったものの、得点は79点と十分な評価を受けた。沖縄が大好きで、プライベートでは友人たちと沖縄料理などを食べに行くことで仕事の疲れなどをリフレッシュしている。2009年2月4日、自叙伝『母ひとり、娘(こ)ひとり』を幻冬舎から出版する。同月16日、劇団ひとりとの結婚を発表、翌17日の未明にそろって婚姻届を提出した。2010年3月2日に妊娠を発表、同年9月8日に第1子となる女児を出産した。大沢あかね フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ監督経験者

    Jリーグ監督経験者から見たジーコジーコ

    ジーコ(鹿島 総監督=1999シーズン途中-シーズン終了)Jリーグ監督経験者 フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・コール

    ジョー・コールから見たジーコジーコ

    ブラジルの英雄のジーコをアイドル視しており、パソコンのスクリーンセーバーをジーコにしているという。ジョー・コール フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・カルロス

    ジョアン・カルロスから見たジーコジーコ

    1996年、エドゥー(ジーコの実兄)の後を受けて鹿島監督に就任。なお、ジーコは同時に鹿島のテクニカルディレクターに就任している。1998年のシーズン途中で辞任するまで2年半監督を務める。ジョアン・カルロス フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルギ・シュチェンニコフ

    ゲオルギ・シュチェンニコフから見たジーコジーコ

    PFC CSKAモスクワの下部組織出身。2008年にトップチームに昇格するが、リザーブチームと掛け持ちしていた。公式戦デビューは2008年8月6日のロシア・カップ・トルペド・ウラジミール戦。同年10月24日、UEFAカップ 2007-08のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で欧州カップ戦デビュー。2009年シーズンから、当時のジーコ監督に見い出され、当時17歳ので左サイドバックのレギュラーとしてプレーする。その後、ヴァグネル・ラヴ、ユーリ・ジルコフといった主力選手の退団、相次ぐ監督交代など、チームは混乱し、リーグ戦5位に終わったが、シュチェンニコフはシーズン通じて安定した働きを見せ、所属するCSKAではアラン・ジャゴエフ(2008年受賞)に次ぐ、ロシア・プレミアリーグ年間最優秀若手選手賞に輝いた。ゲオルギ・シュチェンニコフ フレッシュアイペディアより)

  • ジーニョ

    ジーニョから見たジーコジーコ

    クラブチームでは1986年にフラメンゴでキャリアデビュー。フラメンゴではジーコ、ベベット、ジョルジーニョ、レオナルド,モーゼル、アルシンド等と共にプレーした。ジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーイタリア代表

    サッカーイタリア代表から見たジーコジーコ

    2年後の1982年W杯スペイン大会。開幕直前に処分が解けたロッシをベアルツォット監督は代表に招集したことで、懐疑的な声が多く挙がり、批判を浴びた。当時のイタリアは司令塔のジャンカルロ・アントニョーニ、ドリブラーのブルーノ・コンティ、キャプテンのGKディノ・ゾフらタレントは揃っていたものの、イタリアを優勝候補に挙げる者は少なかった。案の定1次リーグは、ロッシが全くの不発で無得点に終わり、3戦3引き分けと大苦戦。総得点差で辛くも突破した。だが2次リーグではアルゼンチン戦に勝利すると続くブラジル戦で、突如としてロッシが復活。ジーコら黄金のカルテットを擁し、史上最強といわれたブラジル相手にハットトリックの大活躍。結果3-2で優勝候補のブラジルを下し準決勝に進出した。準決勝のポーランド戦でもロッシが2得点を挙げ2-0で勝利。決勝は西ドイツと対戦。ここでもロッシは先制ゴールを挙げ、イタリアは3-1で西ドイツに勝利。復活したエースの活躍でイタリアは1938年以来44年振り3度目の優勝に輝いた。なおロッシは大会MVP、得点王の2冠を達成している。サッカーイタリア代表 フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・ジェンティーレ

    クラウディオ・ジェンティーレから見たジーコジーコ

    執拗なまでのマンマークを武器に「エースキラー」の異名を取ったユヴェントスFC黄金期の中心選手。また、1982 FIFAワールドカップではジーコ(ブラジル)、ディエゴ・マラドーナ(アルゼンチン)といった選手たちを抑え込み、イタリア代表の優勝に大きく貢献した。クラウディオ・ジェンティーレ フレッシュアイペディアより)

214件中 81 - 90件表示

「ジーコ」のニューストピックワード