237件中 81 - 90件表示
  • 山下芳輝

    山下芳輝から見たジーコジーコ

    2002年、山下は仙台のエースとしてJ1リーグ全30試合に出場し、自己最高となる10ゴールを記録したが、同年の2002 FIFAワールドカップには登録されなかった。2003年にはジーコ監督により再び日本代表に招集されて1試合に出場したが、ゴールはならなかった。同年、仙台はJ2へ降格し福岡もJ1昇格に失敗したため、山下は再び移籍を希望して、2004年に柏レイソルへ完全移籍で入団した。しかし柏では思うような活躍が出来ず、3シーズンの在籍中にリーグ戦23試合出場で1得点に終わった。その中で、2004年のJ1・J2入れ替え戦では古巣の福岡と対戦し、2005年にはシーズン途中に大宮アルディージャへ短期の期限付き移籍を行い、2シーズンぶりの得点(結果的にJ1でのラストゴール)を決めたが、その間に柏がJ2降格となり、2006年には初めてJ2でのプレーとなった。山下芳輝 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川祥之

    長谷川祥之から見たジーコジーコ

    黒崎比差支、奥野僚右、大野俊三、本田泰人やサントス、そしてジーコなどとJリーグ開幕当初の鹿島アントラーズの黄金期を築いた功労者の一人。リーグ戦では長谷川が点を入れた試合は34連勝で、「長谷川が決めればチームは負けない」という伝説も残している。その後も息の長い活躍を続け、マジーニョや柳沢敦、平瀬智行らと先発ポジションを争い続けた。1999年頃から先発出場の機会は減ったが、その後もスーパーサブとして存在感を保ち、選手としてはもうピークを過ぎているであろう後も鹿島のサポーターの間では長い間人気を博していた。2003年7月27日、1stステージホーム最終戦のセレッソ大阪戦で現役を引退。その後、鹿島の下部チームのコーチに就任。長谷川祥之 フレッシュアイペディアより)

  • 田嶋秀任

    田嶋秀任から見たジーコジーコ

    当時はサッカーが趣味で、鹿島アントラーズファン、尊敬する人はジーコ(前サッカー日本代表監督)と語っていた。田嶋秀任 フレッシュアイペディアより)

  • マルセロ・ポンテス・ロペス

    マルセロ・ポンテス・ロペスから見たジーコジーコ

    在学中にフットサルのクラブで2年間コーチ経験を積み、卒業と同時に21歳でフラメンゴのフィジカルコーチに就任。1996年、フラメンゴで出会ったジーコに誘われる形で鹿島アントラーズのフィジカルコーチとして来日した。鹿島退団後はブラジルへ帰国するが、ブラジルでも行動を共にしていたジョアン・カルロスの名古屋グランパスエイト監督就任に伴い再来日する。その後も長期に渡り日本に留まり、コンサドーレ札幌、川崎フロンターレのコーチを歴任した。2009年再びジョアン・カルロスの下で働くためにブラジルへ帰国するが、2010年よりアルビレックス新潟のコーチ就任のため三度来日した。マルセロ・ポンテス・ロペス フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のサッカー

    2006年のサッカーから見たジーコジーコ

    2月22日 - 日本代表が横浜国際総合競技場で行われた2007AFCアジアカップ予選初戦となるインド戦で6-0で快勝。小野伸二(浦和)がジーコ監督就任後公式戦100ゴール目となる先制点を決める。2006年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジ・ベンジョール

    ジョルジ・ベンジョールから見たジーコジーコ

    彼の音楽性として、カリオカの美学が挙げられる。リオの一般庶民の娯楽であるサンバやサッカー、またブラジル人の女性などが歌詞におり込まれ、また彼の歌詞の中には、サッカー選手やミュージシャンに限らず有名人の名前などが出てくることが、リオのセンスをよく表しており、同じブラジルでもサンパウロにはない感覚だといわれる。中でもCamisa 10 da Gávea(ガーヴェアの10番)はジーコに捧げた曲として知られる。またFio Maravilha(素敵なフィオ)は、フラメンゴの選手で友人だったフィオに捧げた曲だったが、フィオ自身が名誉毀損だと言い出したことから使えなくなり、Filho Maravilha(素敵な息子)に改めたというエピソードがある。ジョルジ・ベンジョール フレッシュアイペディアより)

  • ジュニオル

    ジュニオルから見たジーコジーコ

    アルトゥール・アントゥネス・コインブラ・ジュニオール(Arthur Antunes Coimbra JUNIOR) - 2003年にサガン鳥栖に在籍したMF。ジーコの長男。ジュニオル フレッシュアイペディアより)

  • ショッピングセンターチェリオ

    ショッピングセンターチェリオから見たジーコジーコ

    1階にある「ジーコ広場」には、鹿島アントラーズに所属していたジーコのブロンズ像や直筆の特大サイン、アントラーズに在籍したブラジル人選手のサイン寄せ書きが壁面に設置されている。普段は休憩スペースとして使われているが、営業時間内に鹿島アントラーズの試合中継がスカパー!で放送される場合は、無料で放映している。ショッピングセンターチェリオ フレッシュアイペディアより)

  • 中村元樹

    中村元樹から見たジーコジーコ

    小学5年生の時、当時イタリア・ペルージャに所属していた中田英寿の活躍を見て海外でサッカーをすることを意識し始める。6年次にはジーコ主催のサッカースクールに参加し、1ヶ月間のブラジル留学を経験する。帰国後も海外でサッカーをすることを考えていたが、治安や経済的負担など問題で日本の中学・高校に進学する。進学した芦屋高校ではサッカー部がなく、フットサル部に所属つつ、社会人チームのFC Breezeに参加していた。中村元樹 フレッシュアイペディアより)

  • 都築龍太

    都築龍太から見たジーコジーコ

    都築はフィリップ・トルシエ監督時代の2001年に日本代表に初招集された。楢崎正剛と川口能活の牙城に阻まれて第3GKとしての立場が中心だったが、監督がジーコに交代して以降も安定して招集されていた。しかし2004年2月9日、他7人の選手と共に茨城県鹿嶋市の日本代表合宿所から無断外出し飲食していたことが発覚、当時のジーコ監督は「裏切り行為と感じた、信頼関係を失った」として都築ら8人を代表から外し、以降2006年に1度だけ招集された(この時は川口、楢崎が負傷していた)のを除き、代表から遠ざかった。都築龍太 フレッシュアイペディアより)

237件中 81 - 90件表示

「ジーコ」のニューストピックワード