203件中 91 - 100件表示
  • ジーコ

    ジーコから見た愛称

    愛称である「Zico」は「やせっぽち」の意味で、より原音に近い表記をすればズィーク () となる。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た2009年

    2009年1月、CSKAモスクワの監督に就任。契約期間は3年間。UEFAカップ 2008-09ではラウンド16で敗退した。ロシア国内では国内カップ戦で優勝したものの、リーグ戦は首位に勝点を大きく引き離され4位と低迷していた。CSKAモスクワはジーコが来る前の過去6シーズンで優勝3回、準優勝2回のロシアリーグの強豪であり、2009年9月10日にジーコは成績不振で解任された。ジーコが率いた2009シーズンの成績は巨額スポンサーと契約を結び、黄金時代が到来した2003年以降の中でワースト記録となっている(2014年現在)。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たポニーキャニオン

    ブラジルは、サンバやボサノヴァ、またブラジル音楽などで知られる音楽大国であるが、彼もまたブラジル音楽を好むことで知られる。1994年には友人であるファギネルが来日した際のアルバムにコーラスで参加。ポニーキャニオンでは、ホベルト・メネスカルと組んでジーコレーベルと称して、何組かのアーチストのアルバムを発売、また息子であるブルーノもパゴージ(サンバの一形態)でCDデビューを果たした。エスコーラ・ジ・サンバ・ベイジャ・フロールの大ファンとして知られ、その一員としてパレード会場を行進する姿が日本のメディアでも紹介されている。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たエレクトロニックアーツ

    1994年、エレクトロニックアーツよりスーパーファミコンソフト「ジーコサッカー」が発売された。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た南雲堂

    『1990-1991JSLイヤーブック』日本サッカーリーグ編、南雲堂、1990 ISBN 4-523-31032-7ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たフェネルバフチェSK

    日本代表監督として、2006 FIFAワールドカップに出場し、AFCアジアカップ2004では優勝を果たした。また、フェネルバフチェSKを指揮し、UEFAチャンピオンズリーグ2007?08で準々決勝に進出した。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たインターコンチネンタルカップ (サッカー)

    フラメンゴでは、10年以上に渡って在籍し中心選手としてプレーし、コパ・リベルタドーレス1981やトヨタカップ、4度のブラジル全国選手権(1980年、1982年、1983年、1987年)で優勝した。コパ・リベルタドーレス1981では、ジュニオール、ヌーネス、アジーリオ、バロニーニョ、レアンドロ、アンドラーデ、モーゼルらと共に得点を量産し、正確なパスでフラメンゴ黄金期を築いた。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た2006 FIFAワールドカップ

    日本代表監督として、2006 FIFAワールドカップに出場し、AFCアジアカップ2004では優勝を果たした。また、フェネルバフチェSKを指揮し、UEFAチャンピオンズリーグ2007?08で準々決勝に進出した。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た日本サッカーリーグ

    翌1990年のブラジル初の大統領選挙によって誕生したフェルナンド・コロール・デ・メロ大統領は、ジーコをスポーツ担当大臣に任命した。ジーコはおよそ1年間この政治的な任務を務めたが、1991年に将来のプロリーグ参加を表明していた日本サッカーリーグ2部の住友金属工業蹴球団(現、鹿島アントラーズ)のオファーを受けると大臣を辞任し、再び現役選手としてピッチに立つ事になった。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たAFCアジアカップ2004

    日本代表監督として、2006 FIFAワールドカップに出場し、AFCアジアカップ2004では優勝を果たした。また、フェネルバフチェSKを指揮し、UEFAチャンピオンズリーグ2007?08で準々決勝に進出した。ジーコ フレッシュアイペディアより)

203件中 91 - 100件表示

「ジーコ」のニューストピックワード