187件中 21 - 30件表示
  • ジーコ

    ジーコから見た駒野友一

    ジーコジャパンにおいて一番多く得点を決め(11得点)、本大会のエースとして期待された久保竜彦と、フランスリーグ・アンでアシストランク3位だった松井大輔をメンバーから外し、ドイツブンデスリーガで1得点の高原、日本Jリーグで1得点の玉田を招集したことに物議をかもした。特に久保は、2006年に行われたW杯メンバー発表前の代表戦すべてに先発出場した上での落選だったが、腰痛から復帰したばかりではあった。また、一番若い年齢の選手が駒野友一の24歳で、アテネ五輪代表メンバーからの選出は駒野・茂庭照幸の2名だけだった(茂庭の招集は田中誠の怪我による追加招集。茂庭はバカンスに入っていたハワイから緊急帰国、代表に合流した)。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たアドリアーノ・レイテ・リベイロ

    2003年には母国ブラジルで過去30年で最も輝いた選手としてジーコが1位に選ばれた。ブラジル国民の大半がインターネットなどで投票し、2位のロナウドとはダブルスコアの大差であった。また、主に攻撃的MFとしてプレーしながらロマーリオに次ぐブラジル歴代代表4位の66得点(88試合)の記録を持つ。また、サッカー日本代表の親善試合でイギリス遠征中、ジーコやスタッフの待機する控え室にベッカムが「少年時代のヒーローだった」と正装姿で訪問したり、ブラジル代表のアドリアーノがパルマでのチームメイトだった中田英寿に「ジーコのサインが欲しい」と交渉したりと、現代のスーパープレイヤー達も崇拝する名実共にサッカー界の英雄であり、その知名度ゆえ各国のメディアに対する発言力も大きい。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たトニーニョ・セレーゾ

    1982年のFIFAワールドカップ・スペイン大会では名将テレ・サンタナ監督の下でソクラテス、ファルカン、トニーニョ・セレーゾと共に「黄金のカルテット」(クワトロ・オーメンジ・オロ)を形成。技巧的なパスワークと攻撃力で優勝候補の大本命と目されたが、2次リーグ最終戦でのイタリア戦では、クラウディオ・ジェンティーレの執拗なマンマークにあう。5分にイタリアのパオロ・ロッシに先制されたブラジルは12分、ハーフウェイラインを超えドリブルして来たソクラテスがジーコに素晴らしいスルーパスを出し、ジーコがこれを見事としか言いようのないターンでクラウディオ・ジェンティーレのマークを外し、そのままゴールへ走り込んだソクラテスへサッカー史に残るような美しいリターンのスルーパスを出し、同点ゴールのお膳立てをする。ソクラテスの自陣ハーフウェイライン手前から始まる、40mをゆうに超える2人のこの強烈なワンツープレーと美しい2本のスルーパスに、イギリスBBCの著名なアナウンサー、ジョン・モトソンは絶叫し、「すごいぞ、ブラジルサッカーの哲学は!!」(Thumbs up for Brazilian football philosophy!!)とまで表現する。またモトソンはジェンティーレの激しいマークを、素晴らしいボディコントロールとテクニックで外すジーコのターンに「おお、何てターンだ!」と感銘を受けている。しかし2-2で迎えた75分、ブラジルはDFのミスからロッシに3点目を決められ、2次リーグ敗退(現在の規定でベスト8相当)、志半ばで大会を去った。しかし、この時に披露したサッカーは「ブラジルサッカー史上最も魅了したチーム」と称えられている。2002年以降自身が監督に就任した日本代表の中盤を称した「黄金のカルテット」はこのチームが語源である。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たドゥンガ

    2011年4月、同年3月に起こった東北地方太平洋沖地震の惨事を悼み日本でのチャリティーマッチとは別に南米でチャリティーマッチを行った。Jリーグで活躍したブラジル人を中心にアルシンド、ドゥンガ、ロマーリオなどが参加した。なお、三浦知良にも参加を要請したが、「Jリーグに専念したい」と言う理由で辞退している。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た羽田孜

    1994年6月22日、当時の総理大臣羽田孜より、日本サッカー界への貢献を評価して内閣総理大臣顕彰が贈られた。2011年現在でも外国人として唯一の受賞者である。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たFIFAワールドカップ

    ジーコはブラジル代表として72試合に出場し52ゴールを挙げ、FIFAワールドカップへは1978年、1982年、1986年の3大会に出場した。これらの大会では優勝を逃したが、1982年のブラジル代表は最も優れたブラジル代表の一つと考えられている。ジーコはしばしば、フットボールの歴史においてワールドカップの優勝メンバーとなることができなかった中で最も優れた選手の一人と考えられている。ジーコは1981年と1983年の世界最優秀選手に選ばれた。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た英国放送協会

    1982年のFIFAワールドカップ・スペイン大会では名将テレ・サンタナ監督の下でソクラテス、ファルカン、トニーニョ・セレーゾと共に「黄金のカルテット」(クワトロ・オーメンジ・オロ)を形成。技巧的なパスワークと攻撃力で優勝候補の大本命と目されたが、2次リーグ最終戦でのイタリア戦では、クラウディオ・ジェンティーレの執拗なマンマークにあう。5分にイタリアのパオロ・ロッシに先制されたブラジルは12分、ハーフウェイラインを超えドリブルして来たソクラテスがジーコに素晴らしいスルーパスを出し、ジーコがこれを見事としか言いようのないターンでクラウディオ・ジェンティーレのマークを外し、そのままゴールへ走り込んだソクラテスへサッカー史に残るような美しいリターンのスルーパスを出し、同点ゴールのお膳立てをする。ソクラテスの自陣ハーフウェイライン手前から始まる、40mをゆうに超える2人のこの強烈なワンツープレーと美しい2本のスルーパスに、イギリスBBCの著名なアナウンサー、ジョン・モトソンは絶叫し、「すごいぞ、ブラジルサッカーの哲学は!!」(Thumbs up for Brazilian football philosophy!!)とまで表現する。またモトソンはジェンティーレの激しいマークを、素晴らしいボディコントロールとテクニックで外すジーコのターンに「おお、何てターンだ!」と感銘を受けている。しかし2-2で迎えた75分、ブラジルはDFのミスからロッシに3点目を決められ、2次リーグ敗退(現在の規定でベスト8相当)、志半ばで大会を去った。しかし、この時に披露したサッカーは「ブラジルサッカー史上最も魅了したチーム」と称えられている。2002年以降自身が監督に就任した日本代表の中盤を称した「黄金のカルテット」はこのチームが語源である。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た電通

    また監督就任中は「日本サッカー協会に雇われている身」と常に日本サッカー協会と志を共にするスタンスを取っており、監督として本来強化のために重要であるスケジューリングについても、ほぼ協会の意向に従っていた。但し、アジアカップ終了直後に強豪であるアルゼンチンとの親善試合を組むという方針をとった協会に異議を唱えたり(アルゼンチン戦後の会見より)、ワールドカップでは試合時間が広告代理店や在京キー局の意向で決められてしまう(ヨーロッパの昼間は日本の夜であるため高視聴率が得られやすい)ことを批判するなど、協会の強化方針に疑問を呈していた。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た小学館

    『Jリーグオフィシャルガイド1992-1993』、小学館、1992 ISBN 4-09-102301-0ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た日産自動車

    日本代表監督時は、日本代表のスポンサーに日産自動車が入っている関係で、同社が日本サッカー協会へ寄贈したシーマのステアリングを自ら握っていることもある。2006年からはフーガに変わった。ジーコ フレッシュアイペディアより)

187件中 21 - 30件表示

「ジーコ」のニューストピックワード

  • 世界と戦えば立ち位置見える

  • 世界で戦えば、自分たちの今の立ち位置が見えてくる。

  • 彼は勝ち取っていないが、僕はバロンドールを3回手にしている