187件中 31 - 40件表示
  • ジーコ

    ジーコから見た黄金のカルテット

    1982年のFIFAワールドカップ・スペイン大会では名将テレ・サンタナ監督の下でソクラテス、ファルカン、トニーニョ・セレーゾと共に「黄金のカルテット」(クワトロ・オーメンジ・オロ)を形成。技巧的なパスワークと攻撃力で優勝候補の大本命と目されたが、2次リーグ最終戦でのイタリア戦では、クラウディオ・ジェンティーレの執拗なマンマークにあう。5分にイタリアのパオロ・ロッシに先制されたブラジルは12分、ハーフウェイラインを超えドリブルして来たソクラテスがジーコに素晴らしいスルーパスを出し、ジーコがこれを見事としか言いようのないターンでクラウディオ・ジェンティーレのマークを外し、そのままゴールへ走り込んだソクラテスへサッカー史に残るような美しいリターンのスルーパスを出し、同点ゴールのお膳立てをする。ソクラテスの自陣ハーフウェイライン手前から始まる、40mをゆうに超える2人のこの強烈なワンツープレーと美しい2本のスルーパスに、イギリスBBCの著名なアナウンサー、ジョン・モトソンは絶叫し、「すごいぞ、ブラジルサッカーの哲学は!!」(Thumbs up for Brazilian football philosophy!!)とまで表現する。またモトソンはジェンティーレの激しいマークを、素晴らしいボディコントロールとテクニックで外すジーコのターンに「おお、何てターンだ!」と感銘を受けている。しかし2-2で迎えた75分、ブラジルはDFのミスからロッシに3点目を決められ、2次リーグ敗退(現在の規定でベスト8相当)、志半ばで大会を去った。しかし、この時に披露したサッカーは「ブラジルサッカー史上最も魅了したチーム」と称えられている。2002年以降自身が監督に就任した日本代表の中盤を称した「黄金のカルテット」はこのチームが語源である。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たアルシンド・サルトーリ

    1993年にJリーグが開幕した当初、この小さな町のクラブは横浜マリノスやヴェルディ川崎といった大都市の名門クラブに対し圧倒的な不利が予想されていた。しかし、自分のプレーが活きて、且つ合致するアルシンドを日本に呼び寄せて開幕戦の名古屋グランパス戦でJリーグ初のハットトリックを決め5-0で圧勝すると勢いに乗り、大方の予想を覆し1stステージ制覇。チャンピオンシップ準優勝の結果を残し日本のサッカー界を積極的に盛り上げ、鹿島町(現、鹿嶋市)からも表彰を受けた。空前のサッカーブームによりジーコの下、鹿島アントラーズ初期黄金期を築きあげ、来日前のプロサッカークラブの設立と成功を実現させる。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たイビチャ・オシム

    日本代表監督時代はチームに細かい約束事やペーパープランは与えず、大まかな指針を決めた後は選手間で協議をさせることで、現場の現実を組織全体の方向性に反映させるというやり方をとった。オシムやベンゲルを始めとした日本で指導した有識者達の多くから、日本人は実際に起こっている現実から判断をせず、現実と乖離する決まり事に従うという独特の短所があると指摘されており、ジーコはそれが実践的な戦いの大きな妨げになっているとし「自主性」を大きなテーマとしたのである。また近代サッカーにおいては、ミスの有無こそが勝敗を大きく左右すると考えていたために、特に中盤の選手には一定の技術水準を求めた。この選考基準に対して、走力を優先する後任のオシム監督は「水を運ぶ選手(豊富な運動量でチームを支える選手)が福西しかいなかった」と批判したが、一方でW杯予選を勝ち抜いたことを「ジーコの果たした仕事は大きくトルシエより上だ。それは単純に予選を突破したという意味でね」と一定の評価をしている。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たミシェル・プラティニ

    1983年にイタリアのウディネーゼへ移籍すると、ジーコ個人は1983-84シーズンに19得点をあげ得点ランキングの2位となった(20得点で得点王となったミシェル・プラティニより試合出場が4試合少ない)。これらの活躍によってサポーターの人気を集めたが、クラブとの間で契約問題で揉め、1984-85シーズンを最後にイタリアを去る事となった。また、インテルへの移籍話もあったが上手く交渉がまとまらず実現しなかった。ジーコ自身インテルへの移籍に非常に乗り気だったので残念だったと語っている。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たペレ

    しばしば「白いペレ」と呼ばれ、最も技術のあるフィニッシャー、最も優れたパサーの一人、また1980年代初頭の世界一の選手とも一般的に考えられている。また、歴史上最も優れたフリーキックのスペシャリストの一人としても知られており、速いスピードで曲がるボールを蹴ることができた。2004年3月には、ペレによる偉大な存命サッカー選手125人にも名を連ねた。史上最も偉大なサッカー選手と一般的に考えられているペレは、「今までの間、私に最も近づいたのはジーコだった」と述べた。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たクラウディオ・ジェンティーレ

    1982年のFIFAワールドカップ・スペイン大会では名将テレ・サンタナ監督の下でソクラテス、ファルカン、トニーニョ・セレーゾと共に「黄金のカルテット」(クワトロ・オーメンジ・オロ)を形成。技巧的なパスワークと攻撃力で優勝候補の大本命と目されたが、2次リーグ最終戦でのイタリア戦では、クラウディオ・ジェンティーレの執拗なマンマークにあう。5分にイタリアのパオロ・ロッシに先制されたブラジルは12分、ハーフウェイラインを超えドリブルして来たソクラテスがジーコに素晴らしいスルーパスを出し、ジーコがこれを見事としか言いようのないターンでクラウディオ・ジェンティーレのマークを外し、そのままゴールへ走り込んだソクラテスへサッカー史に残るような美しいリターンのスルーパスを出し、同点ゴールのお膳立てをする。ソクラテスの自陣ハーフウェイライン手前から始まる、40mをゆうに超える2人のこの強烈なワンツープレーと美しい2本のスルーパスに、イギリスBBCの著名なアナウンサー、ジョン・モトソンは絶叫し、「すごいぞ、ブラジルサッカーの哲学は!!」(Thumbs up for Brazilian football philosophy!!)とまで表現する。またモトソンはジェンティーレの激しいマークを、素晴らしいボディコントロールとテクニックで外すジーコのターンに「おお、何てターンだ!」と感銘を受けている。しかし2-2で迎えた75分、ブラジルはDFのミスからロッシに3点目を決められ、2次リーグ敗退(現在の規定でベスト8相当)、志半ばで大会を去った。しかし、この時に披露したサッカーは「ブラジルサッカー史上最も魅了したチーム」と称えられている。2002年以降自身が監督に就任した日本代表の中盤を称した「黄金のカルテット」はこのチームが語源である。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たエドゥアルド・アントゥネス・コインブラ

    1975年にサンドラ夫人と結婚。3人の息子をもうける。長男のジュニオールは元サッカー選手、サガン鳥栖でプレイしていた時にはジーコも鳥栖まで訪れた。なお、長男の妻は日系人である。次男はブラジルで有名な歌手ブルーノ・コインブラ。実兄はエドゥ(元鹿島アントラーズ監督、元日本代表テクニカルディレクター)。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    ジーコは日本代表の監督として、2006 FIFAワールドカップに出場し、AFCアジアカップ2004では優勝を果たした。また、フェネルバフチェSKを指揮し、UEFAチャンピオンズリーグ2007?08で準々決勝に進出した。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た日本サッカー協会

    FIFAワールドカップ・日韓大会終了後、フィリップ・トルシエの後任として2002年7月22日に日本代表監督に就任。日本代表監督最高額の年俸だった。それまで監督経験は無かったものの、ブラジル代表のスタッフを務めた経験や、鹿島の選手やテクニカルディレクターとして同クラブの躍進に尽力した経験からの抜擢であり、日本サッカー協会会長の川淵三郎の強い意向でもあった。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たジェフユナイテッド市原・千葉

    ジェフ市原(現、ジェフ千葉)のDFとして対戦経験もある宮澤ミシェル曰く「ボールの捨て方もうまかった選手」。エースであるジーコには相手選手の何人もの激しいプレッシングが襲いかかり、ボールを回さざるを得なくなること(これを「捨てる」と表現)も多々あったのだが、ジーコはボールをそのまま下げるよりむしろ無理な体勢からでも相手バックラインの隙間を狙ったスルーパスを狙い、結果的に走り込んだFWやサイドMFへのアシストにつながることが多かったという。ジーコ フレッシュアイペディアより)

187件中 31 - 40件表示

「ジーコ」のニューストピックワード