187件中 41 - 50件表示
  • ジーコ

    ジーコから見た日系人

    1975年にサンドラ夫人と結婚。3人の息子をもうける。長男のジュニオールは元サッカー選手、サガン鳥栖でプレイしていた時にはジーコも鳥栖まで訪れた。なお、長男の妻は日系人である。次男はブラジルで有名な歌手ブルーノ・コインブラ。実兄はエドゥ(元鹿島アントラーズ監督、元日本代表テクニカルディレクター)。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た鹿島アントラーズ

    1975年にサンドラ夫人と結婚。3人の息子をもうける。長男のジュニオールは元サッカー選手、サガン鳥栖でプレイしていた時にはジーコも鳥栖まで訪れた。なお、長男の妻は日系人である。次男はブラジルで有名な歌手ブルーノ・コインブラ。実兄はエドゥ(元鹿島アントラーズ監督、元日本代表テクニカルディレクター)。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たサッカーアルゼンチン代表

    11月20日のアルゼンチン戦で実母マチウデ訃報の連絡を受ける。本人はサッカー日本代表指揮を全うすることを優先して帰国を渋るも周囲の説得で翻意して母国へ緊急帰国、「僕個人の予定で他の人の手を煩わせたくない」との理由でジーコ帰国前日に葬儀。数日後に執り行われたミサに合流。ジーコ監督不在時は臨時で替わった山本昌邦コーチが監督代行を務めた。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た日産・シーマ

    日本代表監督時は、日本代表のスポンサーに日産自動車が入っている関係で、同社が日本サッカー協会へ寄贈したシーマのステアリングを自ら握っていることもある。2006年からはフーガに変わった。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たアルトゥール・アントゥネス・コインブラ・ジュニオール

    1975年にサンドラ夫人と結婚。3人の息子をもうける。長男のジュニオールは元サッカー選手、サガン鳥栖でプレイしていた時にはジーコも鳥栖まで訪れた。なお、長男の妻は日系人である。次男はブラジルで有名な歌手ブルーノ・コインブラ。実兄はエドゥ(元鹿島アントラーズ監督、元日本代表テクニカルディレクター)。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たレオヴェジウド・リンス・ダ・ガマ・ジュニオール

    フラメンゴには10年以上に渡って在籍し中心選手として君臨。1981年のコパ・リベルタドーレス、トヨタカップと4度のブラジル全国選手権(1980年、1982年、1983年、1987年)で勝利に導く。ピッチではジュニオールやヌネスらのサポートもあり、アジーリオ、アンドラージ、モーゼル、レアンドロらを率いて考えられるあらゆる方法で得点を生み出し、正確なパスでフィールド全体を統率、フラメンゴ黄金期を築き上げる。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たフェルナンド・コロール・デ・メロ

    翌1990年のブラジル初の大統領選挙によって誕生したフェルナンド・コロール・デ・メロ大統領は、ジーコをスポーツ担当大臣に任命した。ジーコはおよそ1年間この政治的な任務を務めたが、1991年に将来のプロリーグ参加を表明していた日本サッカーリーグ2部の住友金属工業蹴球団(現、鹿島アントラーズ)のオファーを受けると大臣を辞任し、再び現役選手としてピッチに立つ事になった。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たヴァレリー・ガザエフ

    2008シーズンはウズベキスタンの強豪チームブニョドコルでリーグ戦途中から指揮を執ることになった。就任直後に行われたAFCチャンピオンズリーグはアデレード・ユナイテッドに敗退(1勝1敗・合計スコア 1-3)したが、ウズベキスタンカップとウズベキスタンリーグはともに優勝し、二冠に輝いた。ブニョドコルとの契約期間は2009年12月までだったが、ロシアプレミアリーグのCSKAモスクワがガザエフ監督の後任としてジーコに興味を示した為に、クラブとの話し合いの末、円満退団した。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たパオロ・ロッシ

    1982年のFIFAワールドカップ・スペイン大会では名将テレ・サンタナ監督の下でソクラテス、ファルカン、トニーニョ・セレーゾと共に「黄金のカルテット」(クワトロ・オーメンジ・オロ)を形成。技巧的なパスワークと攻撃力で優勝候補の大本命と目されたが、2次リーグ最終戦でのイタリア戦では、クラウディオ・ジェンティーレの執拗なマンマークにあう。5分にイタリアのパオロ・ロッシに先制されたブラジルは12分、ハーフウェイラインを超えドリブルして来たソクラテスがジーコに素晴らしいスルーパスを出し、ジーコがこれを見事としか言いようのないターンでクラウディオ・ジェンティーレのマークを外し、そのままゴールへ走り込んだソクラテスへサッカー史に残るような美しいリターンのスルーパスを出し、同点ゴールのお膳立てをする。ソクラテスの自陣ハーフウェイライン手前から始まる、40mをゆうに超える2人のこの強烈なワンツープレーと美しい2本のスルーパスに、イギリスBBCの著名なアナウンサー、ジョン・モトソンは絶叫し、「すごいぞ、ブラジルサッカーの哲学は!!」(Thumbs up for Brazilian football philosophy!!)とまで表現する。またモトソンはジェンティーレの激しいマークを、素晴らしいボディコントロールとテクニックで外すジーコのターンに「おお、何てターンだ!」と感銘を受けている。しかし2-2で迎えた75分、ブラジルはDFのミスからロッシに3点目を決められ、2次リーグ敗退(現在の規定でベスト8相当)、志半ばで大会を去った。しかし、この時に披露したサッカーは「ブラジルサッカー史上最も魅了したチーム」と称えられている。2002年以降自身が監督に就任した日本代表の中盤を称した「黄金のカルテット」はこのチームが語源である。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た山本昌邦

    11月20日のアルゼンチン戦で実母マチウデ訃報の連絡を受ける。本人はサッカー日本代表指揮を全うすることを優先して帰国を渋るも周囲の説得で翻意して母国へ緊急帰国、「僕個人の予定で他の人の手を煩わせたくない」との理由でジーコ帰国前日に葬儀。数日後に執り行われたミサに合流。ジーコ監督不在時は臨時で替わった山本昌邦コーチが監督代行を務めた。ジーコ フレッシュアイペディアより)

187件中 41 - 50件表示

「ジーコ」のニューストピックワード