187件中 81 - 90件表示
  • ジーコ

    ジーコから見たサッカーイングランド代表

    4月に行われた欧州遠征で欧州の代表チームと相次いで親善試合を行った。初戦のハンガリー戦で敗れたものの、強豪チェコを1-0と破った。6月の欧州遠征ではイングランドと戦い小野伸二の同点ゴールで1-1のドローに持ち込んだ。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たウディネーゼ・カルチョ

    1983年にイタリアのウディネーゼへ移籍すると、ジーコ個人は1983-84シーズンに19得点をあげ得点ランキングの2位となった(20得点で得点王となったミシェル・プラティニより試合出場が4試合少ない)。これらの活躍によってサポーターの人気を集めたが、クラブとの間で契約問題で揉め、1984-85シーズンを最後にイタリアを去る事となった。また、インテルへの移籍話もあったが上手く交渉がまとまらず実現しなかった。ジーコ自身インテルへの移籍に非常に乗り気だったので残念だったと語っている。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た愛称

    愛称である「Zico」は「やせっぽち」の意味で、より原音に近い表記をすればズィーク () となる。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た2009年

    2009年1月、CSKAモスクワの監督に就任。契約期間は3年間。UEFAカップ 2008-09ではラウンド16でこの大会を制覇したシャフタール・ドネツクに敗れたが、ロシア国内では3月7日のロシア・スーパーカップでルビン・カザンを下し優勝。5月31日のロシア・カップ決勝では同じくルビン・カザンを1-0で下し二冠を獲得している。2009年9月10日、CSKAモスクワの監督を成績不良を理由に解任される(首脳陣との確執があったとも伝えられている)。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たポニーキャニオン

    ブラジルは、サンバやボサノヴァ、またブラジル音楽などで知られる音楽大国であるが、彼もまたブラジル音楽を好むことで知られる。1994年には友人であるファギネルが来日した際のアルバムにコーラスで参加。ポニーキャニオンでは、ホベルト・メネスカルと組んでジーコレーベルと称して、何組かのアーチストのアルバムを発売、また息子であるブルーノもパゴージ(サンバの一形態)でCDデビューを果たした。エスコーラ・ジ・サンバ・ベイジャ・フロールの大ファンとして知られ、その一員としてパレード会場を行進する姿が日本のメディアでも紹介されている。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たエレクトロニックアーツ

    1994年、エレクトロニックアーツよりスーパーファミコンソフト「ジーコサッカー」が発売された。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た南雲堂

    『1990-1991JSLイヤーブック』日本サッカーリーグ編、南雲堂、1990 ISBN 4-523-31032-7ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たフェネルバフチェSK

    ジーコは日本代表の監督として、2006 FIFAワールドカップに出場し、AFCアジアカップ2004では優勝を果たした。また、フェネルバフチェSKを指揮し、UEFAチャンピオンズリーグ2007?08で準々決勝に進出した。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見た2006 FIFAワールドカップ

    ジーコは日本代表の監督として、2006 FIFAワールドカップに出場し、AFCアジアカップ2004では優勝を果たした。また、フェネルバフチェSKを指揮し、UEFAチャンピオンズリーグ2007?08で準々決勝に進出した。ジーコ フレッシュアイペディアより)

  • ジーコ

    ジーコから見たインターコンチネンタルカップ (サッカー)

    フラメンゴには10年以上に渡って在籍し中心選手として君臨。1981年のコパ・リベルタドーレス、トヨタカップと4度のブラジル全国選手権(1980年、1982年、1983年、1987年)で勝利に導く。ピッチではジュニオールやヌネスらのサポートもあり、アジーリオ、アンドラージ、モーゼル、レアンドロらを率いて考えられるあらゆる方法で得点を生み出し、正確なパスでフィールド全体を統率、フラメンゴ黄金期を築き上げる。ジーコ フレッシュアイペディアより)

187件中 81 - 90件表示

「ジーコ」のニューストピックワード

  • 世界と戦えば立ち位置見える

  • 世界で戦えば、自分たちの今の立ち位置が見えてくる。

  • 彼は勝ち取っていないが、僕はバロンドールを3回手にしている