前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示
  • ぼくは航空管制官2

    ぼくは航空管制官2から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    登場航空会社…ANAグループ・中日本エアラインサービス・フェアリンク・日本貨物航空・大韓航空・アシアナ航空・中国東方航空・チャイナエアライン・エバー航空・シンガポール航空・タイ国際航空・カンタス航空・ノースウエスト航空・ユナイテッド航空・デルタ航空・ヴァリグ・ブラジル航空・エールフランス・ルフトハンザドイツ航空・アエロフロート・ロシア航空・アリタリア航空・スイス インターナショナル エアラインズ・ブリティッシュ・エアウェイズ・フェデックスぼくは航空管制官2 フレッシュアイペディアより)

  • ルフトハンザドイツ航空

    ルフトハンザドイツ航空から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    1997年に、エア・カナダ、スカンジナビア航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空とともに、世界初の航空連合であるスターアライアンスを結成した。2005年にスイスインターナショナルエアラインズの買収を表明し、2006年に完全子会社化する。2009年9月、オーストリア航空を買収したことを公表した。ルフトハンザドイツ航空 フレッシュアイペディアより)

  • スイスグローバルエアラインズ

    スイスグローバルエアラインズから見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    スイスグローバルエアラインズ(2015年2月まではスイスヨーロピアンエアラインズ)とは、スイスを拠点とする、スイス インターナショナル エアラインズの子会社の航空会社である。スイスグローバルエアラインズ フレッシュアイペディアより)

  • クローテン

    クローテンから見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    スイス インターナショナル エアラインズは、チューリッヒ空港のほかに、クローテン、ブラボー、チャーリー・ビルにオフィスを持つ。スイス・ワールド・カーゴは、アルファとブラボー・ビルにオフィスを持つ。スイス・プライベート航空は、スイス・コンプレックスにオフィスを持つ。また、スイスホテルを運営する企業のオフィスは、チューリッヒ空港内のプリオリア・ビジネス・センター及びクローテンに位置する。クローテン フレッシュアイペディアより)

  • チューリッヒ空港

    チューリッヒ空港から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    チューリッヒ空港(、)はスイス連邦チューリッヒにある空港である。チューリッヒ市の郊外クローテンに位置する。スイス最大規模の国際空港。スイスのフラッグキャリア、スイスインターナショナルエアラインズの本拠地。運営は、チューリッヒ空港株式会社()により行われている。チューリッヒ空港 フレッシュアイペディアより)

  • エーデルワイス航空

    エーデルワイス航空から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    スイスのチューリッヒを本拠地とする航空会社。スイスの旅行会社Kuoni Travelの子会社として創立、2008年2月8日にスイス インターナショナル エアラインズが同社から営業権の譲渡を受けて子会社とした。チャーターがメインだったが、スイスインターナショナルエアラインズとの共同運航便を中心に定期便も数多く運航する。スイスインターナショナルエアラインズ便名で世界の主要都市へ乗り入れることが多く、LX機材がメンテナンスなどで不足した場合でもそのまま使用する機会が多い。エーデルワイス航空 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA340

    エアバスA340から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    客室内には通路が2本配置され、標準的なエコノミークラスの座席配置は2-4-2の8アブレストで、間隔を詰めて3-3-3の9アブレストにすることも可能である。座席配置、ギャレーそして化粧室の配置は、航空会社の要望に応じて柔軟に配置や仕様をとることができる。エアバスが呈示している座席例では、ファーストクラスが2-2-2の6アブレスト、ビジネスクラスが2-3-2の7であるが、スイス インターナショナル エアラインズやタイ国際航空のようにファーストクラスにフルフラットシートを導入して1-2-1の4アブレストとする航空会社や、ビジネスクラスを2-2-2の6アブレストとする航空会社もある。その他、シンガポール航空が世界最長路線に用いたA340-500では、エコノミークラスを廃止して全席ビジネスクラスとして運航された。A340は長距離線用の機材として導入する航空会社が多かったことから、3クラスの座席配置を採用する事例が目立った。その一方で、ビジネスクラスの高級化を進めて、エコノミーとビジネスの2クラス構成で運航する航空会社も珍しくなくなった。2クラス化を進めている航空会社では、ビジネスとエコノミーの中間となるプレミアム・エコノミーを追加して実質3クラス構成として運航している航空会社も多くなっている。エアバスA340 フレッシュアイペディアより)

  • マクドネル・ダグラス DC-10

    マクドネル・ダグラス DC-10から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    スイスエア(現スイス インターナショナル エアラインズ)の要望で-30の航続距離をさらに伸ばした「ER型」も生産されが、フィンランド航空はスイスエア仕様機よりもさらに航続距離が長いタイプを要望。バルクカーゴエリアにより大型の燃料タンクを搭載し、エンジンを推力向上型のCF6-50C2Bへ換装。後に同型仕様の-30ERをカナディアン航空(現エアカナダ)やタイ国際航空、日本エアシステムが導入して長距離路線に導入した。マクドネル・ダグラス DC-10 フレッシュアイペディアより)

  • スイスインターナショナルエアラインズ

    スイスインターナショナルエアラインズから見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    スイスインターナショナルエアラインズ フレッシュアイペディアより)

  • スイス・インターナショナル・エアラインズ

    スイス・インターナショナル・エアラインズから見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    スイス・インターナショナル・エアラインズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示