48件中 11 - 20件表示
  • スイス国際航空

    スイス国際航空から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    スイス国際航空 フレッシュアイペディアより)

  • スイスエアラインズ

    スイスエアラインズから見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    スイスエアラインズ フレッシュアイペディアより)

  • Swiss International Air Lines

    Swiss International Air Linesから見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    Swiss International Air Lines フレッシュアイペディアより)

  • LX (航空会社コード)

    LX (航空会社コード)から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    LX (航空会社コード) フレッシュアイペディアより)

  • スイス・ワールドカーゴ

    スイス・ワールドカーゴから見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    スイス・ワールドカーゴ フレッシュアイペディアより)

  • ジュネーヴ空港

    ジュネーヴ空港から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    就航する主な航空会社は、当空港を拠点の一つとするイージージェット(32.6%)を中心に、スイス インターナショナル エアラインズ(11.7%)、ブリティッシュ・エアウェイズ(8.7%)、エールフランス(8.3%)、ルフトハンザドイツ航空(6.8%)、KLMオランダ航空(3.6%)、イベリア航空(3.3%)など。ジュネーヴ空港 フレッシュアイペディアより)

  • ユニバース (書体)

    ユニバース (書体)から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    エレガントかつ合理的なスタイルが特徴であり、ヘルベチカほどではないにしても、多くのシチュエーションで利用されてきた。スイス インターナショナル エアラインズやドイツ銀行、日本国内の企業では三洋電機などがコーポレート・タイプ(企業の制定書体)として利用している。公共サイン表示用としての使用例では、ドイツのフランクフルト・アム・マイン国際空港などがある。ユニバース (書体) フレッシュアイペディアより)

  • クオリフライヤー

    クオリフライヤーから見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    クロスエア→現在のスイス インターナショナル エアラインズ(ルフトハンザ傘下)クオリフライヤー フレッシュアイペディアより)

  • イブ・ロッシー

    イブ・ロッシーから見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    かつて彼はスイス空軍の戦闘機パイロットを務めており、ミラージュIII、F-5、ホーカーハンターなどに乗っていた。スイス航空でボーイング747を操縦していた経験もあり、現在はスイス インターナショナル エアラインズのエアバスA320のパイロットを務めている。イブ・ロッシー フレッシュアイペディアより)

  • エーハイム

    エーハイムから見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    1974年にはコンタクト・エアー社を設立し、航空事業に参入した。現在はルフトハンザドイツ航空、スイス インターナショナル エアラインズと業務提携し、シュトゥットガルト空港、チューリッヒ空港を拠点に主に中央ヨーロッパ各国へ定期便を持つ。エーハイム フレッシュアイペディアより)

48件中 11 - 20件表示