49件中 21 - 30件表示
  • スワンナプーム国際空港

    スワンナプーム国際空港から見たスイスインターナショナルエアラインズスイスインターナショナルエアラインズ

    G オーストリア航空、ガルーダ・インドネシア航空、ガルフ航空、ルフトハンザドイツ航空、スイスインターナショナルエアラインズスワンナプーム国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ブリュッセル空港

    ブリュッセル空港から見たスイスインターナショナルエアラインズスイスインターナショナルエアラインズ

    スイスインターナショナルエアラインズ (Swiss International Air Lines)ブリュッセル空港 フレッシュアイペディアより)

  • ブリュッセル空港宝石強盗事件

    ブリュッセル空港宝石強盗事件から見たスイスインターナショナルエアラインズスイスインターナショナルエアラインズ

    現地時間2013年2月18日午後8時ごろブリュッセル国際空港で、スイスのチューリッヒに向けて出発準備だったスイスインターナショナルエアラインズの航空機に警備会社ブリンクス社が宝石類を積み込んでいたところ、事前に穴をあけられたフェンスを通って空港へ侵入した 2台の黒い自動車が航空機に横付けした。警察官の制服を着用し覆面を着けた8人組の強盗団が警備員に自動小銃を突き付け、積荷を強奪した。強盗団は銃を発砲することなく、5分ほどで犯行を終えて逃走した。航空機には乗客が乗っていたが、目撃した者はいなかった。奪われた積荷はアントワープからチューリッヒに輸送途中のダイヤモンドの原石120ケース、約5000万ユーロ(日本円で46億8000万円)相当であった。犯行グループが使った自動車のうち1台は、ベルギーの郊外で焼け落ちた状態で発見された。ブリュッセル空港宝石強盗事件 フレッシュアイペディアより)

  • フィウミチーノ空港

    フィウミチーノ空港から見たスイスエアラインズスイスインターナショナルエアラインズ

    スイスエアラインズ (Swiss International Airlines)フィウミチーノ空港 フレッシュアイペディアより)

  • スイス

    スイスから見たスイスインターナショナルエアラインズスイスインターナショナルエアラインズ

    日本からの直行便は、スイスインターナショナルエアラインズのチューリッヒ・東京間のみ。スイス フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・オヘア国際空港

    シカゴ・オヘア国際空港から見たスイスインターナショナルエアラインズスイスインターナショナルエアラインズ

    スイスインターナショナルエアラインズ(チューリッヒ)シカゴ・オヘア国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • ハイジャック

    ハイジャックから見たスイスエアラインズスイスインターナショナルエアラインズ

    1970年9月6日:トランス・ワールド航空のボーイング707型機、スイス航空(2001年破綻、スイスエアラインズが引継いでいる)のDC-8型機、エルアル・イスラエル航空のボーイング707型機、パンアメリカン航空のボーイング747型機の計4機の旅客機が同時にハイジャックされ、同乗していた私服警備員が犯人を銃撃戦の末取り押さえたエルアル航空機と、着陸できなかったパンアメリカン航空機以外の旅客機がヨルダンの砂漠にある元イギリス軍の空軍基地跡地に強制着陸させられ、その直後にはブリティッシュ・エアウェイズ機もハイジャックされて同じ空軍基地に強制着陸させられた。その後、全ての乗客が解放された後に3機が同時爆破された。収監されている同志の釈放を狙ってPFLPが起こした事件であった(PFLP旅客機同時ハイジャック事件)。ハイジャック フレッシュアイペディアより)

  • 機内誌

    機内誌から見たスイスインターナショナルエアラインズスイスインターナショナルエアラインズ

    スイスインターナショナルエアラインズ:SWISS MAGAZINE(国際版)のほか、日本発着便には日本語版alpen rose(アルペンローゼ)も搭載機内誌 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たスイスインターナショナルエアラインズスイスインターナショナルエアラインズ

    1982年に初号機がロールアウトした後に、スイス航空(現・スイスインターナショナルエアラインズ。ルフトハンザ・ドイツ航空が買収)へ納入された。後にシンガポール航空(「BIGTOP」の愛称が付いたが全機売却済み)、UTA(UTA、現エールフランス)、日本航空、南アフリカ航空、キャセイパシフィック航空、ヴァリグ・ブラジル航空、マレーシア航空、サベナ・ベルギー航空(2001年に倒産)等へ納入された。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たスイスエアラインズスイスインターナショナルエアラインズ

    2003年 - 2005年 - スイスインターナショナルエアラインズはコードシェアー便の拡張、ロンドン・ヒースロー空港でのスロット交換合意及びブリティッシュ・エアウェイズのエグゼクティブ・クラブでのスイス・フリークエント・フライヤー・プログラムの統合を含む、イギリスの航空会社として戦略同盟に合意した、ブリティッシュ・エアウェイズが確認書類にサインすると同時に、9月に加盟要請が受け付けられた。しかし、2004年6月に、スイスインターナショナルエアラインズは重大な経費並びに合併の障害が長期間の利益より重い事を引用して、合意を破棄した。BA同盟の破棄の結果、スイスはワンワールドに加入する申請を継続しない事を決定した(2005年3月に、ルフトハンザはスターアライアンスのメンバーへの道を開くため、スイスインターナショナルエアラインズを買収すると発表した)。2003年中、ブリティッシュ・エアウェイズ及びKLMオランダ航空は同盟を拡大するため KLM の戦略パートナーノースウエスト航空を引き抜き、ワンワールドの加盟社をもっと増やすため、吸収合併が可能か話し合いを始めた。しかしながら、この話は実を結ばず KLM は次年度にエールフランスと合併した。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

49件中 21 - 30件表示

「スイスインターナショナルエアラインズ」のニューストピックワード