48件中 31 - 40件表示
  • クロスエア

    クロスエアから見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    クロスエア (crossair) は、1975年にモリッツ・スタによって設立されたバーゼルを拠点とするスイスの航空会社。スイス航空に次ぐスイス第二の航空会社であり、1990年後半にスイス航空の子会社となった。しかし、親会社であったスイス航空は2002年に倒産した後、路線と機材を継承してスイス インターナショナル エアラインズに移行した。クロスエア フレッシュアイペディアより)

  • スイス航空

    スイス航空から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    現在はスイス航空の子会社だったクロスエアがスイス政府やスイスの州政府の援助により、スイス航空の資産を受け継いでスイス インターナショナル エアラインズ 、 スイスグローバルエアラインズ (スイスヨーロピアンエアラインズを2015年に改称)、エーデルワイス航空の3つの航空会社を運営している。スイス航空 フレッシュアイペディアより)

  • ミラノ・マルペンサ空港

    ミラノ・マルペンサ空港から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    スイス インターナショナル エアラインズ (Swiss International Air Lines)ミラノ・マルペンサ空港 フレッシュアイペディアより)

  • チューリッヒ

    チューリッヒから見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    チューリッヒ国際空港は市街から北西部に10km離れたクローテンにあり、スイス インターナショナル エアラインズのハブ空港となっている。中東や欧米を始め、アジア、アフリカなど世界各都市とそれぞれの航空会社により結ばれている。チューリッヒ空港の旅客ターミナルの地下には鉄道駅があり、チューリッヒ中心部を始めスイスの主要都市とは鉄道により結ばれている。チューリッヒ フレッシュアイペディアより)

  • Voluntary Agency Network of Korea

    Voluntary Agency Network of Koreaから見たスイスエアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    2006年6月、VANKは、世界の53の地図で韓国が中国領になっている「誤り」が発見されたと発表した。同月、スイスエアラインズ発行の機内誌にある世界地図に、韓国・北朝鮮の表記がなかったとし、"Sea of Japan"表記とともに「誤り」だと批判した。Voluntary Agency Network of Korea フレッシュアイペディアより)

  • スターアライアンス

    スターアライアンスから見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    ヨーロッパでは設立当初からルフトハンザドイツ航空とスカンジナビア航空が参加している。後にオーストリア航空等数多くの航空会社の参加が続いているが、参加航空会社の内、オーストリア航空やLOTポーランド航空などの数社はそれまで自社で運営してきたプログラムを停止し、ルフトハンザドイツ航空の「Miles & More」への乗り換えを行った上で参加している。この他にもスイス インターナショナル エアラインズやブリュッセル航空など、元クオリフライヤー加盟会社がルフトハンザの傘下となる形で加盟することが多い。南欧の加盟会社ではスペインのスパンエアーが2012年に経営破綻して消滅してしまい、加盟会社がTAPポルトガル航空だけになってしまったが、それでも中欧のドイツ語圏(ドイツ、オーストリア、スイス、ベルギーの一部)、北欧・南欧・西欧の航空会社が満遍なく加盟しているため、エールフランスやKLMオランダ航空、アリタリア-イタリア航空、アエロフロート・ロシア航空を中心とするスカイチームや、ブリティッシュ・エアウェイズ、イベリア航空やフィンランド航空を擁するワンワールドと比肩するネットワークを有している。他社に対する弱点としては、特にスカイチームに差をつけられている東欧・CIS諸国における路線網と言える。スターアライアンス フレッシュアイペディアより)

  • ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港

    ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

      スイスインターナショナルエアラインズ (チューリッヒ)ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • シェレメーチエヴォ国際空港

    シェレメーチエヴォ国際空港から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    モスクワ市内には当空港の他、ドモジェドヴォ空港・ヴヌーコヴォ国際空港などがあるが、2000年以降、設備の整ったドモジェドヴォ空港との競争が激化。日本航空、ルフトハンザドイツ航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、イベリア航空、オーストリア航空、スイス インターナショナル エアラインズといった各国のフラッグ・キャリアが乗り入れ先をドモジェドヴォ空港に変更してしまっている。シェレメーチエヴォ国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • コート・ダジュール空港

    コート・ダジュール空港から見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    スイス インターナショナル エアラインズ(チューリッヒ)コート・ダジュール空港 フレッシュアイペディアより)

  • ワンワールド

    ワンワールドから見たスイス インターナショナル エアラインズスイス インターナショナル エアラインズ

    2003年 - 2005年 - スイスインターナショナルエアラインズは、コードシェア便の拡張、ロンドン・ヒースロー空港でのスロット交換合意及びブリティッシュ・エアウェイズのエグゼクティブ・クラブでのスイス・フリークエント・フライヤー・プログラムの統合を含む、イギリスの航空会社として戦略同盟に合意したブリティッシュ・エアウェイズが確認書類にサインすると同時に、9月に加盟要請が受け付けられた。しかし、2004年6月に、スイスインターナショナルエアラインズは重大な経費並びに合併の障害が長期間の利益より重い事を引用して、合意を破棄した。BA同盟の破棄の結果、スイスはワンワールドに加入する申請を継続しない事を決定した。その後2005年3月に、ルフトハンザはスターアライアンスのメンバーへの道を開くため、スイスインターナショナルエアラインズを買収すると発表した。2003年中、ブリティッシュ・エアウェイズ及びKLMオランダ航空は同盟を拡大するため KLM の戦略パートナーノースウエスト航空を引き抜き、ワンワールドの加盟社をもっと増やすため、吸収合併が可能か話し合いを始めた。しかしながら、この話は実を結ばず KLM は次年度にエールフランスと合併した。ワンワールド フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示