5553件中 91 - 100件表示
  • クリーター

    クリーターから見たスイススイス

    そのアンディ・スニープだが、かつて彼が在籍していたイギリスのスラッシュメタルバンドサバトとはライブで共演したことがあり、そのライブの様子が『V.A. / Doomsday News ?-Thrashing East Live-』としてCDとVHSでリリースされている。また、後にギタリストとして加入するトミー・ヴェッターリも、当時在籍していたスイスのスラッシュメタルバンドコロナーのメンバー(トミー・T・バロンの名で活動していた)として共演している。クリーター フレッシュアイペディアより)

  • コロナー

    コロナーから見たスイススイス

    コロナー(CORONER) は、スイスのスラッシュメタルバンドである。コロナー フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・テンプルトン・ストロング

    ジョージ・テンプルトン・ストロングから見たスイススイス

    ジョージ・テンプルトン・ストロング(George Templeton Strong Jr., 1856年5月26日ニューヨーク ? 1948年6月27日ジュネーヴ)はアメリカ合衆国出身のスイスの作曲家・水彩画家。ジョージ・テンプルトン・ストロング フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第4番 (オネゲル)

    交響曲第4番 (オネゲル)から見たスイススイス

    旧バーゼル室内管弦楽団の創立20周年記念として、その創立者で指揮者のパウル・ザッハーの依頼を受ける。1946年に作曲され、翌1947年1月21日にザッハーによってスイスのバーゼルで初演された。ちなみに、創立10周年記念に作曲されたのが交響曲第2番である。交響曲第4番 (オネゲル) フレッシュアイペディアより)

  • オーボエ協奏曲 (リヒャルト・シュトラウス)

    オーボエ協奏曲 (リヒャルト・シュトラウス)から見たスイススイス

    第二次世界大戦終戦直後の1945年に、スイスのチューリヒ近郊で作曲された協奏曲である。この頃シュトラウスはバイエルンの山荘に滞在していたが、そこへアメリカ軍に従軍していたオーボエ奏者のジョン・デ・ランシーが慰問に訪れた。デ・ランシーは「あなたの作品にはオーボエの素晴らしいソロが多く出てきますが、そのオーボエのための協奏曲を書くつもりはないのですか?」と問いかけたが、シュトラウスは「特にありません」と返答した。デ・ランシーが引き上げてしばらくした後、シュトラウスは気が変わり、同年の秋から移住したスイスでオーボエ協奏曲の作曲を始めた。オーボエ協奏曲 (リヒャルト・シュトラウス) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の自転車競技

    2011年の自転車競技から見たスイススイス

    再三延期されていた、スポーツ仲裁裁判所(CAS)のアルベルト・コンタドールに対する公聴会を当年11月21日〜24日に、スイスのローザンヌで行うことを決定した。2011年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • 五百籏頭眞治郎

    五百籏頭眞治郎から見たスイススイス

    東京高等商業学校卒業と同時に、母校1919年(大正8年)神戸高等商業学校講師に就任し、月給60円を得る。同教授を経て、第一次世界大戦終戦直後の経済通論研究の命を受け、1920年(大正9年)に2年間の滞在予定で渡仏する。その後、私費で1929年(昭和4年)まで10年間フランス、ドイツ、イタリア、スイス、イギリスなど西欧諸国に留学。高商在学中に飯島幡司や福田徳三との知遇を得て、金融論の研究から出発し、留学中よりトマス・アクィナスの影響を受けた所有権思想の研究などを行う。留学中の大半はイタリアで過ごした。ドイツでは、現地の女性から結婚を申し込まれるが岩下壮一に学業に専念すべきとたしなめられ、断る。五百籏頭眞治郎 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・マーティン・レフラー

    チャールズ・マーティン・レフラーから見たスイススイス

    生前レフラーは、ミュールーズ生まれと主張してきたために、ほぼすべての音楽事典が、この贋情報を掲載している。存命中に発表された記事でさえ、レフラーの「典型的なアルザス気質」を詳説したほどであり、後にダリウス・ミヨーは自伝の中でレフラーを「スイス出身の老作曲家」と回想した。実のところは、音楽学者でレフラーの伝記作家のエレン・ナイトが明らかにしたように、レフラーはフランス人ではなく生粋のドイツ人であった。ベルリン市民を両親に、ベルリン近郊のシェーネベルクに生まれ、マルティン・カール・レフラー(Martin Karl Löffler)と名付けられた。したがって国籍はフランスではなくプロイセンであり、母語はドイツ語であった。チャールズ・マーティン・レフラー フレッシュアイペディアより)

  • リンゼイ・ジャコベリス

    リンゼイ・ジャコベリスから見たスイススイス

    2006年2月17日のトリノオリンピック女子スノーボードクロス決勝には、ターニャ・フリーデン(スイス)、ドミニク・マルテ(カナダ)、マエル・リッカー(カナダ)、リンゼイ・ジャコベリス(アメリカ)の4人が出場。レースは序盤からジャコベリスが他の選手をリードしながら展開。カナダの2人の選手がレース途中で転倒し、ジャコベリスはゴールまであと140フィート(43メートル)を残して2位のターニャ・フリーデン(スイス)に3秒リードしていた。しかし、ゴール目前のキッカーを超える際にどういうわけかグラブトリックを試み、その際にボードの端から着地してしまって転倒。すぐに体勢を立て直してコースに復帰したものの、後ろから追走していたフリーデンに追い抜かれて銀メダルに終わった。リンゼイ・ジャコベリス フレッシュアイペディアより)

  • タマラ・ド・レンピッカ

    タマラ・ド・レンピッカから見たスイススイス

    父はポーランド人弁護士ボリース・グールスキイ(ポーランド語の本名はボリス・グルヴィク=グルスキであるが、ロシア帝国支配下のポーランド立憲王国では官庁で使われる公式言語としてロシア語が強制されていたため、登録上はロシア語の綴りおよび発音となる)、母マルヴィナ(旧姓デクレル)はポーランド人の上流階級(シュラフタ)出身という、裕福な家庭に生まれる。兄と妹がいた。スイス、ローザンヌの全寮制学校で学んでいた1911年の冬、祖母とともにイタリアとコート・ダジュールに旅行し、そこで、イタリアの巨匠たちの絵画に間近に接する。1912年、両親が離婚すると、裕福な叔母ステファーニヤ・イェンセンのいるロシア帝国の首都サンクトペテルブルクに行く。母が再婚した時には、ずっとそこで暮らそうと決心した。1913年、15歳の時、オペラ観劇で見初めた美しい男性に恋をする。1916年、叔父のコネを利用して、その男性と結婚する。男性はタデウシュ・ウェンピツキというポーランド人弁護士で、スマートな美男子の女たらしとして有名で、結婚したのも持参金が目当てだったとも言われることがあるが、タデウシュが当時金銭的に困窮していた形跡はなく、一方で当時のポーランド人の社交界の女性の間では女性経験の豊富な美男子を獲らえて結婚することが優れた女の証、亭主は価値ある女である自分を美しい芸術作品として引き立たせるためのただの「額縁」、浮気は女のウサ晴らし、などという女性主導の自由奔放な文化があったことから、激しい性格でプライドが高く競争心の強いタマラの方が、タデウシュに群がる他の女たちを押しのけて金銭で釣るなども含めてあの手この手で彼を獲得することに躍起になったというのが真相のようである。タマラ・ド・レンピッカ フレッシュアイペディアより)

5553件中 91 - 100件表示

「スイス」のニューストピックワード