5553件中 41 - 50件表示
  • リヒテンシュタイン

    リヒテンシュタインから見たスイススイス

    リヒテンシュタイン公国(リヒテンシュタインこうこく、, アレマン語:Förschtatum Liachtaschta)、通称リヒテンシュタインは、西ヨーロッパの中央部に位置する立憲君主制国家。スイスとオーストリアに囲まれている。首都はファドゥーツ。非武装中立政策をとる。欧州自由貿易連合(EFTA)加盟国。リヒテンシュタイン フレッシュアイペディアより)

  • 神聖ローマ帝国

    神聖ローマ帝国から見たスイススイス

    神聖ローマ帝国の領域は今日のドイツ(南シュレスヴィヒを除く)、オーストリア(ブルゲンラント州を除く)、チェコ共和国、スイスとリヒテンシュタイン、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクそしてスロベニア(プレクムリェ地方を除く)に加えて、フランス東部(主にアルトワ、アルザス、フランシュ=コンテ、サヴォワとロレーヌ)、北イタリア(主にロンバルディア州、ピエモンテ州、エミリア=ロマーニャ州、トスカーナ、南チロル)そしてポーランド西部(主にシレジア、ポメラニア、およびノイマルク神聖ローマ帝国 フレッシュアイペディアより)

  • フラージャコー

    フラージャコーから見たスイススイス

    フラー・ジャコー(Furrer-Jacot)はスイスのジュエリーのメーカーおよびブランドである。フラージャコー フレッシュアイペディアより)

  • アルザス・ロレーヌ鉄道

    アルザス・ロレーヌ鉄道から見たスイススイス

    アルザス地方はフランスでも鉄道の発達の早かった地域の一つであり、1839年にはミュルーズとタンの間の鉄道が開業した。1844年にはストラスブール(仮駅) - ミュルーズ間が全通し、またサン=ルイを経てスイスのバーゼルまでの鉄道も開業した。1842年に公布されたフランスの鉄道幹線建設に関する法律(鉄道憲章)では、パリからストラスブール経由ドイツ国境までの路線が建設すべき幹線と指定され、1852年に全通した。当初これらの鉄道はストラスブール・バール(バーゼル)鉄道、パリ・ストラスブール鉄道などいくつかの会社に分かれていたが、1850年代には順次統合されて東部鉄道となった。アルザス・ロレーヌ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • パブリックアイ賞

    パブリックアイ賞から見たスイススイス

    パブリックアイ賞()とは、毎年「最も無責任で社会正義に適わない企業」を決定するための賞であり、ベルン・デクラレーション(BD)とスイスのグリーンピースによってコーディネートされ、世界各地からNGOが参画している。スイスのダボスで開かれる世界経済フォーラム(WEF)の年次総会に対抗するイベントとして2000年以来開催されており、2009年1月28日にその十周年を迎えた。パブリックアイ賞は「利益至上主義志向のグローバル化」への本質的な批判の場として、「企業の社会的責任」(CSR)とともに2005年以降注目を集めている。パブリックアイ賞 フレッシュアイペディアより)

  • イバ・マヨリ

    イバ・マヨリから見たスイススイス

    1994年は女子ツアーで3度の準優勝があり、その中には2月第2週に日本・大阪大会の決勝でマニュエラ・マレーバ・フラニエール(スイス)に敗れた試合も含まれていた。(マレーバ・フラニエールは、この試合を最後に世界ランキング9位で現役を引退した。)1994年から、マヨリは世界ランキング上位16名のみが参加できる女子ツアー年間最終戦「WTAツアー選手権」の出場資格を得た。1995年の全仏オープンで第12シードに選ばれたマヨリは、先の全豪オープン優勝で地元フランスの期待を集めていた第3シードのマリー・ピエルスを 6-2, 6-3 で破ったが、初めての準々決勝で日本の伊達公子に 5-7, 1-6 で敗れた。イバ・マヨリ フレッシュアイペディアより)

  • 大村博美

    大村博美から見たスイススイス

    フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、イギリス、ドイツ、スペイン、ポーランド、フィンランド、スイス、カナダ、オーストラリア、イスラエル、マレーシアなどで活動。大村博美 フレッシュアイペディアより)

  • ライフセービング

    ライフセービングから見たスイススイス

    欧米豪の海岸などは普段から自治体に雇用されたライフガードがパトロールしており、シーズン中の週末や休日に本職を別に持つボランティアがライフセーバーとしてパトロールに参加するという形態をとっている。(Lifeguardと一語の時は水辺のライフガード、Life Guardの二語に分かれる時はスイスや英国の近衛騎兵ライフ・ガード連隊を意味する)。ライフセービング フレッシュアイペディアより)

  • オットー・フランク

    オットー・フランクから見たスイススイス

    狂気に包まれつつあるドイツやフランクフルトにこれ以上残るのは危険と考えたオットーは家族をより安全な国に逃がそうと決めた。スイスにいる義弟エーリヒ・エリーアス(ジャム作りに使うペクチンを製造する業者『ポモジン工業』の子会社『オペクタ商会』のスイス支社長)は、オットーにオランダのアムステルダムに亡命して『オペクタ商会』のアムステルダム支社を起こさないかと薦めた。オットー・フランク フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアウトサイダー・アート

    日本のアウトサイダー・アートから見たスイススイス

    1997年(平成9年) - ローザンヌ(スイス・ヴォー州)のアール・ブリュット・コレクションにて、『Art incognito 展』日本のアウトサイダー・アート フレッシュアイペディアより)

5553件中 41 - 50件表示

「スイス」のニューストピックワード