7607件中 51 - 60件表示
  • ユハ・ヴァイニオ

    ユハ・ヴァイニオから見たスイススイス

    ヴァイニオは1960年代初期から作曲をはじめ、死去するまで作曲を続けた。出身地のコトカのほか、ヘルシンキとエスポーにも数年間住んだ。晩年にはスイスのに住み、1990年10月に心臓発作で死去した。死後、ヘルシンキにある家族墓地で埋葬された。ユハ・ヴァイニオ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーゼフ・シュミット

    ヨーゼフ・シュミットから見たスイススイス

    しかし、ナチス・ドイツの侵攻はフランスにも及ぶところとなり、アメリカのエージェントがキューバへの脱出を図るための手配を進めたが戦禍にあって捗らず、1942年3月に出国査証がポルトガルの領事館から発行されたもののフランス政府によって出国を阻まれ、居場所を失ったヨーゼフはスイスへ密入国した。ヨーゼフ・シュミット フレッシュアイペディアより)

  • エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイア (1972-)

    エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイア (1972-)から見たスイススイス

    エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイア(, 1972年6月22日 - )は、イタリア王国の旧王家サヴォイア家の一員で、現当主の元王太子ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイアの長男、最後の国王ウンベルト2世の孫である。イタリアの王政廃止に伴うサヴォイア家の国外追放によって祖父と父が亡命していたスイスのジュネーヴで生まれた。エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイア (1972-) フレッシュアイペディアより)

  • LGBT史年表

    LGBT史年表から見たスイススイス

    1942年  スイスが同性愛を非犯罪化する。性交同意年齢は20歳とされた。LGBT史年表 フレッシュアイペディアより)

  • メートル法化

    メートル法化から見たスイススイス

    中世のヨーロッパでは、貿易ギルドによって都市ごとに度量衡の規則が作られた。例えばエルはヨーロッパで一般的に使われた長さの単位だったが、その長さは、ドイツの一部では40.2 cm、オランダでは70 cm、エジンバラでは94.5 cmとバラバラであった。1838年のスイスでの調査では、フィートは37種類、エルは68種類、乾量の計量には83種類、液量の計量には70種類、重量物の計量には63種類の、地域によって異なる値の単位が存在した。1687年にアイザック・ニュートンが『自然哲学の数学的諸原理(プリンキピア)』を著したとき、彼は読者が大きさを理解できるようにパリで使用されていたフィートの大きさを記載した。ローカルな都市間のまたは国家の計量の標準を保持しようとする努力の一例には、1641年のスコットランド法や、1824年の帝国単位の標準化がある。後者はいまでもイギリス国内で使用されている。後期帝政中国では、一度領域内の容積の単位の統一に成功していたが、1936年の公式調査では、尺が200 mmから1250 mmまでの53種類、升が500 mLから8 Lまでの32種類、斤が300 gから2500 gまでの36種類もあった。 このような状況の下で、革命下のフランスは、最終的に今日の世界のほとんどで使われている国際単位系(SI単位系)につながるメートル法を作った。メートル法化 フレッシュアイペディアより)

  • ヘルマン・ヘッセ

    ヘルマン・ヘッセから見たスイススイス

    ヘルマン・カール・ヘッセ(Hermann Karl Hesse, 1877年7月2日 - 1962年8月9日)は、ドイツ生まれのスイスの作家。主に詩と小説によって知られる20世紀前半のドイツ文学を代表する文学者である。ヘルマン・ヘッセ フレッシュアイペディアより)

  • 民主主義

    民主主義から見たスイススイス

    古代アテナイや古代ローマでは民会が実施された。現代ではイニシアチブ(国民発案、住民発案など)、レファレンダム(国民投票、住民投票など)、リコール(罷免)が直接民主主義に基づく制度とされ、都市国家の伝統を受け継ぐスイスやアメリカ合衆国のタウンミーティングなどでは構成員の参加による自治が重視されている。民主主義 フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・クーベリック

    ラファエル・クーベリックから見たスイススイス

    ラファエル・イェロニーム・クーベリック( チェコ語発音, 1914年6月29日 ボヘミア - 1996年8月11日 スイス・ルツェルン)は、チェコ出身で、ドイツを中心に国際的に活躍した指揮者、作曲家。ラファエル・クベリークとも表記される。ラファエル・クーベリック フレッシュアイペディアより)

  • アルザス地域圏

    アルザス地域圏から見たスイススイス

    アルザス地域圏(アルザスちいきけん、アルザス語: 、アレマン語: 、標準、、)は、フランス中東部にかつて存在した地域圏である。ストラスブール(独:シュトラースブルク)を首府とする。ヴォージュ山脈のある西側の大部分をかつてのロレーヌ地域圏と接し、残りはかつてのフランシュ=コンテ地域圏と接している。東はドイツとスイスに接する。地域圏内にはバ=ラン県とオー=ラン県二つの県を含む。中フランクと重なるブルーバナナ圏に属している。アルザス地域圏 フレッシュアイペディアより)

  • TEE

    TEEから見たスイススイス

    TEEは本来すべて国際列車であるが、1965年5月30日からは西ドイツとフランスでそれぞれの国内のみを走る列車もTEEとされるようになった。このきっかけは国際特急列車(F-Zug)であったラインゴルトを新たにTEEにしようとしたことである。ラインゴルトはオランダ、西ドイツ、スイスの3ヶ国を走る国際列車で、一等車のみの編成であり、1962年以来使用されている車両もTEEに十分ふさわしいものであった。そこで1964年のTEE委員会で、西ドイツ、オランダ、スイスの3国鉄はラインゴルトをTEEとすることを提案した。ところが、ラインゴルトは途中のデュースブルクで西ドイツの国内特急列車ラインプファイル(ドルトムント - ミュンヘン)と客車のほぼ半数を入れ替えていた。そこで西ドイツ国鉄はラインプファイルも同時にTEEに加えられるべきであると主張した。これに対してフランス国鉄はル・ミストラル(パリ - ニース)もラインゴルトなどと同等の客車を用いており、TEEとされるべきであると主張した。委員会での交渉の結果、ラインプファイル、ル・ミストラルのほか、ラインゴルトと同型の客車が使われているブラウエル・エンツィアン(ハンブルク - ミュンヘン)もTEEに昇格することになり、3往復の国内TEEが誕生した。なお、イタリアで1953年から運転されていた電車特急セッテベロもTEEに加えることが検討されたが、特急料金が高すぎるとしてこのときは見送られた。TEE フレッシュアイペディアより)

7607件中 51 - 60件表示

「スイス」のニューストピックワード