5553件中 51 - 60件表示
  • ラ・テーヌ文化

    ラ・テーヌ文化から見たスイススイス

    ラ・テーヌ文化(La Tène culture)は、ヨーロッパの鉄器時代の文化であり、スイスのヌーシャテル湖北岸にあるラ・テーヌの考古遺跡で1857年 Hansli Kopp が多数の貴重な遺物を発掘したことから名付けられた。ラ・テーヌ文化 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩時計

    鳩時計から見たスイススイス

    人形の付いているタイプは小鳥と同時に針金などを使い薪割りを始める動きなどを時計の中に入れ、ほとんどの場合(サイズの小さいものを除く)、ポッポの時報と同時に鐘がなり、スイス製シリンダー式オルゴールが流れるものもある。1783年、ドイツで発明されたと伝えられているが発祥時期の明らかな文献は残っていない。ドイツとスイスの国境に近いドイツのシュヴァルツヴァルト地方がその原産地で、スイスでも一部作られている。鳩時計 フレッシュアイペディアより)

  • クリシュトーフ・アーゴタ

    クリシュトーフ・アーゴタから見たスイススイス

    クリシュトーフ・アーゴタ(Kristóf Ágota 1, 1935年10月30日 - 2011年7月27日)は、ハンガリー出身、スイスで活動した作家。日本ではフランス語からの翻訳で紹介されているためアゴタ・クリストフ (Agota Kristof) として知られている。クリシュトーフ・アーゴタ フレッシュアイペディアより)

  • プライベート・バンキング

    プライベート・バンキングから見たスイススイス

    プライベート・バンキングとは、金融機関によって提供される、富裕層を対象に総合的な資産管理を行う金融サービスである。富裕層向けに、資産の管理・運用への助言、税務や法律への助言、資産や事業の継承への助言、信託業務、遺言執行など様々なサービスを提供している。ヨーロッパで古くから発達し、とりわけスイスではプライベートバンクを含め多くの金融機関が設立され、プライベート・バンキングのサービスを提供している。プライベート・バンキング フレッシュアイペディアより)

  • 連邦院

    連邦院から見たスイススイス

    連邦院(独:Bundeshaus、仏:Palais fédéral、伊:Palazzo federale)はスイスの連邦議会議事堂と政府各省庁のオフィスの入った建物。連邦院 フレッシュアイペディアより)

  • アレン・ウェルシュ・ダレス

    アレン・ウェルシュ・ダレスから見たスイススイス

    アレンの初任地は、第一次世界大戦中のウィーンであった。国務長官のランシングはヨーロッパでの情報収集活動の強化を急いでおり、アレンに対しても合法的な諜報活動(インテリジェンス収集)を期待していた。1917年4月にアメリカが第一次大戦に参戦すると、交戦相手国駐在の在外公館が閉鎖され、アレンはスイスのベルンにある公使館に移り、外交官の日常活動と並行してインテリジェンス収集をおこなった。休戦後のヨーロッパで、ロシア革命の影響を見たアレンは、ボルシェビキ勢力の拡大を警戒するレポートを本国に送っている。この共産主義勢力に対する姿勢はその後もアレンの行動に一貫することとなる。アレン・ウェルシュ・ダレス フレッシュアイペディアより)

  • 文化遺産 (世界遺産)

    文化遺産 (世界遺産)から見たスイススイス

    基準(3)のみが適用された物件には、ブリッゲン(ノルウェー)、アルタの岩絵(ノルウェー)、ミュスタイアのザンクト・ヨハン修道院(スイス)、ベルン旧市街(スイス)、ブトリント(アルメニア)、ヘラクレスの塔(スペイン)、ベニ・ハンマードの城塞(アルジェリア)、メサ・ヴェルデ国立公園(アメリカ合衆国)などがある。この基準は一部の旧市街のほか、トゥウェイフルフォンテーン(ナミビア)、ツォディロ(ボツワナ)などの岩絵遺跡群の多くにも適用される。文化遺産 (世界遺産) フレッシュアイペディアより)

  • 世界経済フォーラム

    世界経済フォーラムから見たスイススイス

    世界経済フォーラム(せかいけいざいフォーラム、)は、スイスに本部を置く非営利財団である。1971年にスイスの経済学者クラウス・シュワブにより設立された。世界経済フォーラム フレッシュアイペディアより)

  • サンスター

    サンスターから見たスイススイス

    2007年2月14日、経営陣と従業員によるマネジメント・エンプロイー・バイアウト(MEBO)を実施した上で株式非上場企業となることを発表し、同年7月26日に上場廃止した。また2009年には本社機能を高槻市からスイスへと移転し、日本は現地法人扱いとなっている。サンスター フレッシュアイペディアより)

  • TEE

    TEEから見たスイススイス

    TEEは本来すべて国際列車であるが、1965年5月30日からは西ドイツとフランスでそれぞれの国内のみを走る列車もTEEとされるようになった。このきっかけは国際特急列車(F-Zug)であったラインゴルトを新たにTEEにしようとしたことである。ラインゴルトはオランダ、西ドイツ、スイスの3ヶ国を走る国際列車で、一等車のみの編成であり、1962年以来使用されている車両もTEEに十分ふさわしいものであった。そこで1964年のTEE委員会で、西ドイツ、オランダ、スイスの3国鉄はラインゴルトをTEEとすることを提案した。ところが、ラインゴルトは途中のデュイスブルクで西ドイツの国内特急列車ラインプファイル(ドルトムント - ミュンヘン)と客車のほぼ半数を入れ替えていた。そこで西ドイツ国鉄はラインプファイルも同時にTEEに加えられるべきであると主張した。これに対してフランス国鉄はル・ミストラル(パリ - ニース)もラインゴルトなどと同等の客車を用いており、TEEとされるべきであると主張した。委員会での交渉の結果、ラインプファイル、ル・ミストラルのほか、ラインゴルトと同型の客車が使われているブラウエル・エンツィアン(ハンブルク - ミュンヘン)もTEEに昇格することになり、3往復の国内TEEが誕生した。なお、イタリアで1953年から運転されていた電車特急セッテベロもTEEに加えることが検討されたが、特急料金が高すぎるとしてこのときは見送られた。TEE フレッシュアイペディアより)

5553件中 51 - 60件表示

「スイス」のニューストピックワード