7607件中 71 - 80件表示
  • オットー・フランク

    オットー・フランクから見たスイススイス

    狂気に包まれつつあるドイツやフランクフルトにこれ以上残るのは危険と考えたオットーは家族をより安全な国に逃がそうと決めた。スイスにいる義弟エーリヒ・エリーアス(ジャム作りに使うペクチンを製造する業者『ポモジン工業』の子会社『オペクタ商会』のスイス支社長)は、オットーにオランダのアムステルダムに亡命して『オペクタ商会』のアムステルダム支社を起こさないかと薦めた。オットー・フランク フレッシュアイペディアより)

  • F-5 (戦闘機)

    F-5 (戦闘機)から見たスイススイス

    その一方、F-5の得意分野といえる利便性や経済性も受け継がれ、F-5A/Bを運用していた国の他にも、メキシコやホンジュラスなどがF-5E/Fを採用した。また、スイスと韓国、台湾ではライセンス生産が行われた。既に旧式化した現在でも途上国を中心とした多くの国で現役にあり、大規模な近代化改修を施して引き続き運用している国もある。F-5 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • サンスター

    サンスターから見たスイススイス

    2007年2月14日、経営陣と従業員によるマネジメント・エンプロイー・バイアウト(MEBO)を実施した上で株式非上場企業となることを発表し、同年7月26日に大阪証券取引所で株式を上場廃止した。また2009年には本社機能を高槻市からスイスへと移転し、日本は現地法人扱いとなっている。サンスター フレッシュアイペディアより)

  • 文化遺産 (世界遺産)

    文化遺産 (世界遺産)から見たスイススイス

    基準(3)のみが適用された物件には、ブリッゲン(ノルウェー)、アルタの岩絵(ノルウェー)、ミュスタイアのザンクト・ヨハン修道院(スイス)、ベルン旧市街(スイス)、ブトリント(アルメニア)、ヘラクレスの塔(スペイン)、ベニ・ハンマードの城塞(アルジェリア)、メサ・ヴェルデ国立公園(アメリカ合衆国)などがある。この基準は考古遺跡や人類化石遺跡などにも適用される。考古遺跡で適用されている例としてはナスカとフマナ平原の地上絵(ペルー)、モヘンジョダロ(パキスタン)、メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯(エジプト)など、人類化石遺跡で適用されている例としては南アフリカの人類化石遺跡群(南アフリカ共和国)、人類の進化を示すカルメル山の遺跡群:ナハル・メアロット(ワディ・エル=ムガーラ)の洞窟群(イスラエル)などがある。文化遺産 (世界遺産) フレッシュアイペディアより)

  • 徴兵制度

    徴兵制度から見たスイススイス

    北アフリカ諸国の他、ベトナム、イスラエル、ウクライナ、キプロス、韓国、スイス、オーストリア等、CSTOに加盟しているアルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ロシアなどでは徴兵制が続いているが、冷戦終結後は、西側諸国ではフランス(2002年)、ドイツ(2011年)のように徴兵制度を廃止する国が増え、また、実施している国でも良心的兵役拒否した場合の代替服務を選択可能を導入している場合が大半である。徴兵制度 フレッシュアイペディアより)

  • ル・コルビュジエ

    ル・コルビュジエから見たスイススイス

    ル・コルビュジエ(Le Corbusier、1887年10月6日 - 1965年8月27日)はスイスで生まれ、フランスで主に活躍した建築家。本名はシャルル=エドゥアール・ジャヌレ=グリ(Charles-Edouard Jeanneret-Gris)。ル・コルビュジエ フレッシュアイペディアより)

  • アレン・ウェルシュ・ダレス

    アレン・ウェルシュ・ダレスから見たスイススイス

    アレンの初任地は、第一次世界大戦中のウィーンであった。国務長官のランシングはヨーロッパでの情報収集活動の強化を急いでおり、アレンに対しても合法的な諜報活動(インテリジェンス収集)を期待していた。1917年4月にアメリカが第一次大戦に参戦すると、交戦相手国駐在の在外公館が閉鎖され、アレンはスイスのベルンにある公使館に移り、外交官の日常活動と並行してインテリジェンス収集をおこなった。休戦後のヨーロッパで、ロシア革命の影響を見たアレンは、ボルシェビキ勢力の拡大を警戒するレポートを本国に送っている。この共産主義勢力に対して反発する姿勢は、その後もアレンの行動に一貫することとなり、反共主義と右派思想を持ち続けた。アレン・ウェルシュ・ダレス フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパにおける政教分離の歴史

    ヨーロッパにおける政教分離の歴史から見たスイススイス

    ドイツでルターによって宗教改革の火蓋が切られた頃、スイスでもほぼ同時にフルドリッヒ・ツヴィングリによって福音主義的改革が進行していた。ツヴィングリは改革の半ばで戦場に斃れ、その事業は頓挫したが、ジュネーヴにカルヴァンが現れ、より厳格な改革を実行した。当初は非常に不寛容で妥協を許さなかったカルヴァン主義であるが、各国で政治権力により迫害を受けるようになると、「寛容」を主張して変貌し、やがて近代的な政教分離の主張を展開していくことになる。ヨーロッパにおける政教分離の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • リヒテンシュタイン

    リヒテンシュタインから見たスイススイス

    リヒテンシュタイン公国(リヒテンシュタインこうこく)、通称リヒテンシュタインは、西ヨーロッパの中央部に位置する立憲君主制国家。スイスとオーストリアに囲まれたミニ国家の一つ。首都はファドゥーツ。欧州自由貿易連合(EFTA)加盟国。リヒテンシュタイン フレッシュアイペディアより)

  • 腕時計

    腕時計から見たスイススイス

    当初は先行した懐中時計同様、ぜんまいばねを動力源とし、ヒゲゼンマイ・天符・ガンギ車・アンクルなどから成る脱進機を計時機構とする機械式時計であった。機械式腕時計は、懐中時計の生産で先行したスイスなどの国々が世界的な市場を占有し、1970年代までの主流であった。腕時計 フレッシュアイペディアより)

7607件中 71 - 80件表示

「スイス」のニューストピックワード