5719件中 91 - 100件表示
  • 日芬関係

    日芬関係から見たスウェーデンスウェーデン

    1977年2月には、ケイヨ・コルホネン外務大臣が日本に初の公式訪問。同年12月には、カレヴィ・ソルサ首相が、日本で開催された社会主義インターナショナルの国際会議に出席した。日本からは1985年に安倍晋太郎外務大臣、同年に皇太子・皇太子妃、1987年には中曽根康弘内閣総理大臣がフィンランドを公式訪問するなど、交流を深めている。2000年5月には天皇皇后両陛下が、オランダ・スウェーデン訪問の際にフィンランドに立ち寄っている。日芬関係 フレッシュアイペディアより)

  • カッセル

    カッセルから見たスウェーデンスウェーデン

    カッセルの最初の文献記録は 913年のドイツ王コンラート1世の文書に遡る。これが、カッセルの存在を示す最初の文字による証拠であり、この街が千年以上の歴史を回顧することができる証でもある。初めは「都市」とは呼ばれなかった。現在の行政管区庁舎の場所には砦があり、その保護下で集落が発達した。その規模が小さかったことは「グラーベン」の街並み(グラーベン=堀)から推測できる。かつてのフランケンの王宮(Chasssella というその名が都市名の由来となった)は、1150年頃にフランケンのヘッセンガウの伯、すなわちグーデンスベルク伯(またはマーデン伯)の居城として、増築された。1189年にカッセルは現在の意味での「都市」として初めて記録された。1239年にテューリンゲン方伯ヘルマン2世は都市権を更新し、1277年にカッセルは新たに創設されたヘッセン方伯のハインリヒ1世の主城となった。これ以後、この街の歴史はヘッセンの統治者の歴史と緊密に結びついている。16世紀の初めにヘッセン方伯フィリップ1世は、宗教改革の重要人物となった。1567年にフィリップ1世が亡くなった後、遺領は4人の息子によって分割された。長男ヴィルヘルムは遺領のうち北部を相続し、新たに宮廷をカッセルに置いたことから、その所領はヘッセン=カッセル方伯領と呼ばれることになった。カッセルはこの方伯領の中心都市と同時にカルヴァン派の拠点の一つにもなった。ヘッセン=カッセルは三十年戦争ではスウェーデンの同盟国となり、18世紀には方伯家のフリードリヒがスウェーデン王フレドリク1世として即位、さらに方伯位も継いで、両国は一時同君連合にもなった。街の景観は、ヘッセン=カッセル方伯カールによる1700年からの大規模なバロック建築プロジェクト(たとえばカールスアウエやヘルクレス)によって決定づけられた。七年戦争では、この街の支配者は、イギリス=プロイセン連合軍と、ハプスブルク側で戦ったフランス軍との間で何度も入れ替わった。カッセル フレッシュアイペディアより)

  • イングヴェイ・マルムスティーン

    イングヴェイ・マルムスティーンから見たスウェーデンスウェーデン

    イングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie Malmsteen、本名:Lars Johan Yngve Lannerbäck、1963年6月30日 - )はスウェーデン・ストックホルム出身のミュージシャン、ギタリスト、作曲家、マルチプレイヤー。「インギー」の愛称で親しまれている(ただ、本人はこの愛称をあまり好く思っていないとされる)。ロック・ギターにクラシック音楽の要素を盛り込み、驚異的な速弾きでギター奏法に大革命をもたらした。日本でのみマイケル・シェンカーの「神」に対して「王者」と呼ばれる。イングヴェイ・マルムスティーン フレッシュアイペディアより)

  • サーブ 39 グリペン

    サーブ 39 グリペンから見たスウェーデンスウェーデン

    サーブ 39(JAS39 JASは「ヤース」と発音)はスウェーデンのサーブ社を中心として開発された戦闘機。愛称はグリペン ()。サーブ 39 グリペン フレッシュアイペディアより)

  • 19世紀

    19世紀から見たスウェーデンスウェーデン

    キール条約でデンマークがノルウェーをスウェーデンに割譲。19世紀 フレッシュアイペディアより)

  • ニルスのふしぎな旅

    ニルスのふしぎな旅から見たスウェーデンスウェーデン

    『ニルスのふしぎな旅』 (ニルスのふしぎなたび、スウェーデン語:Nils Holgerssons underbara resa genom Sverige) は、スウェーデンの女流作家セルマ・ラーゲルレーヴが1906年に執筆した子ども向けの物語。原題は「ニルス・ホルゲションの素晴らしきスウェーデン旅行」の意。ニルスのふしぎな旅 フレッシュアイペディアより)

  • 西ポモージェ県

    西ポモージェ県から見たスウェーデンスウェーデン

    ポメラニア地方としてポーランド、デンマーク、スウェーデン、ドイツが領有権を求めて争った。第二次世界大戦まではドイツ領であった。ドイツ領時代は後ポンメルン(ヒンターポンメルン)地方と呼ばれた。オーデル・ナイセ線が国境として確定されたのに伴い、数百年ぶりにポーランド領に復帰した。西ポモージェ県 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たスウェーデンスウェーデン

    1592年、ポーランド=リトアニア共和国はスウェーデン王国と同君連合となった。時の国王ジグムント3世(スウェーデン国王としての名はジギスムント)はスウェーデン生まれであるが、母がヤギェウォ家のポーランド人だったこともあって若いときからポーランドに住み、ポーランドの教育を受けていた。彼は、軍隊のような高い規律意識を持つ組織行動によって全世界における対抗宗教改革の尖峰となっていたイエズス会によって教育され、歴代の王のうちで最も熱狂的なローマ・カトリックの闘士となった。戴冠した当初は当時の首都であったクラクフに居を構えていたが、1596年には将来のスカンジナヴィア諸国、バルト海沿岸地域、ルーシ諸国、といったヨーロッパ北方全域のカトリック教化を念頭に置いた最前線基地としてワルシャワに遷都した。以後現在までワルシャワがポーランドの首都となる。彼は常にイエズス会の代表者的な立場にあった。彼が同時に王位に就いていたスウェーデンでは、彼の留守中に叔父で摂政を務めていたプロテスタント教徒のカールの反乱が起き、ジグムント3世は反乱鎮圧とスウェーデンのカトリック化を目指してスウェーデンに軍を進めたが鎮圧に失敗、1599年にスウェーデン王位をカールに簒奪され、ポーランド=スウェーデン同君連合は解消した。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • デンマークの歴史

    デンマークの歴史から見たスウェーデンスウェーデン

    デーン人の文化圏と思われる地域は現在のデンマーク、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州、南部・西部スウェーデン、東部ノルウェーというかなり広大な地域に広がっており、かなりの勢威を振るっていたことがうかがわれる。また、陸続きよりも「海続き」の方が交通量・物流量が多く、その頻度が密であったことを確認することができ、デーン人があらためて海洋民族であることが確かめられた。デンマークの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • フィンランド航空

    フィンランド航空から見たスウェーデンスウェーデン

    1924年3月20日 ヘルシンキとエストニアの首都タリンの間で水上飛行機により郵便物を運ぶ商業運航を開始。年間で162kgの郵便物を輸送した。夏期にはスウェーデンのABAとストックホルム線を共同運行した。ヘルシンキのカタヤノッカに水上エアポートを建設し、社員数が社長のルキャンダーを含め、7人となる。フィンランド航空 フレッシュアイペディアより)

5719件中 91 - 100件表示

「スウェーデン」のニューストピックワード