297件中 71 - 80件表示
  • スウェーデン

    スウェーデンから見たシラクサのルチア

    スウェーデンでは毎年12月13日に聖ルチア祭が行われ、「一番大切な冬の行事」と言われている。イタリア・シチリア生まれの女性聖者である聖ルチアは貧しい人々に財産の全てを提供した純粋な人と言われている。貧民の生活に光を与えた彼女は、光の聖人として、また農耕の守護神として親しまれている。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見た指揮者

    ヒューゴ・アルヴェーン(1872年 - 1960年)作曲家、指揮者、ヴァイオリニスト、画家スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見たカール14世ヨハン (スウェーデン王)

    1809年の革命で立憲君主制が成立、1814年にキール条約でノルウェーを併合。1818年よりフランス人ベルナドット元帥(カール14世ヨハン)が国王に即位しベルナドッテ朝が始まる。ウィーン体制ではノルウェーと同君連合(1814年 - 1905年)を結ぶが、1905年に分離。19世紀半ばにスウェーデン王の推奨した汎スカンディナヴィア主義が頓挫し、北欧は小国化に向かう。1932年に社会民主労働党政権となり、以降のスウェーデンは福祉国家路線が支配的イデオロギーとなった。武装中立政策を取り、第一次世界大戦、第二次世界大戦の両大戦にも参加していないが、両大戦とも義勇軍を組織していた事は事実である。第二次大戦の中立違反の政策は、戦中も戦後も、国内外から批判を浴びている。ただし、当時は連合国も枢軸国も国際法を守っておらず、一方的に批判されることではなく、デンマーク、ノルウェー、フィンランド人の反ナチス、レジスタンスを匿い、ユダヤ人を保護したことは、人道にもっとも重きを置いた決定と言える。また、大日本帝国政府の終戦の事前交渉も行なっている。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見た冬至

    16世紀にグレゴリオ暦が改訂されるまで、聖ルチア祭は北半球の冬至の日だった。冬至は一番日が短い日であるが故、日が長くなり始める日。日が長くなることを祝う古来からの民間信仰に、キリスト教の光の聖人がいつの間にか一体となって現在に至る。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見た社会保障制度

    長年にわたる社会民主労働党政権の下で構築された社会保障制度が整い、税金制度や高齢者福祉など、社会政策が各国の注目を浴びている。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見たサンタ・ルシア

    長く暗く寒い三重苦の北欧の冬に一筋の光を投げ込むのが聖ルシア。この日の朝、女の子がいる家庭では白いドレスに蝋燭の冠を被った娘が父親にサフランパンとジンジャークッキーを持って行き、枕元でサンタ・ルチアの曲を歌う。父親はルシアのような光に包まれた娘に起こされる。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見た北大西洋条約機構

    スウェーデン軍は陸海空三軍と郷土防衛隊からなり、国防省の管轄下にある。冷戦期にはノルディックバランスに則った中立政策を保ち、兵器体系も専守防衛のための独特のものとなった。独自開発兵器も多い。現在もNATOには加盟せず、ロシアとも緊密な軍事協力関係を維持している。徴兵制度(19歳?47歳の男子が対象。女子は対象外である)が実施されていた時代があり、兵役拒否を希望する男子に対して介護や医療などの代替役務を課すことにより、「良心的兵役拒否」が認められていた。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見たサマーソニック

    このように、一時はヨーロッパ外の国々にもその名を知らしめもしたが、1990年代も半ばを過ぎてアメリカのポピュラー音楽がアフリカン・アメリカンやラテンアメリカ系ないしその血を引く者達を主力とするダンス・ミュージックの独擅場となってゆくにつれてしだいに凋落の時を迎え、特に若者を聴衆とした音楽がヒップホップの要素を必須とするという世界的な傾向に伴って欧州でも往時のような知名度はなく、大市場であった日本における知名度もほぼ無くなっているが、ロック音楽に関しては、iPodの宣伝にも起用されたシーザーズや日本の音楽フェスティバル「サマーソニック」に何度も出演しているマンドゥ・ディアオ、が、日本でも大人気である。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見たFIFAワールドカップ

    特にサッカーが盛んで、FIFAワールドカップでは地元開催の1958年大会で準優勝、1950年ブラジル大会、1994年アメリカ大会では3位に入っている。ブロリン、ラーション、リュングベリ、イブラヒモビッチなど欧州のビッグクラブで活躍する選手も輩出している。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見た世界遺産

    スウェーデン国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が11件、自然遺産が1件、複合遺産が1件存在する。詳細は、スウェーデンの世界遺産を参照。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

297件中 71 - 80件表示

「スウェーデン」のニューストピックワード