297件中 81 - 90件表示
  • スウェーデン

    スウェーデンから見た世界ゴルフ殿堂

    アニカ・ソレンスタム(1970年 - )プロゴルファー(世界ゴルフ殿堂入)スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見たクラシック音楽

    フランス・アドルフ・ベルワルド、ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル、ヴィルヘルム・ステーンハンマル、ヒューゴ・アルヴェーンなどの作曲家が挙げられる。デンマークのカール・ニールセン、ノルウェーのエドヴァルド・グリーグ、フィンランドのジャン・シベリウスなどと比べてクラシック音楽全体の知名度は劣るが、近年では北欧全体におけるそれぞれの自国の文化を保護・支援する制度が充実しているため、これらの作曲家のレパートリーも多く取り上げられるようになって来ている。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見たカール12世 (スウェーデン王)

    1523年カルマル同盟から離脱し王政となる(ヴァーサ朝)。16世紀の宗教改革ではプロテスタントを受容し、バルト海地域へ進出する。17世紀にグスタフ2世アドルフ(獅子王)の時代にバルト帝国を建国する。新大陸にも植民地を築き、王国は最盛期を迎える。1654年にプファルツ朝に王朝替えするもバルト帝国を維持。しかし18世紀初頭にカール12世はバルト海の覇権を争い、ピョートル1世の時代のロシア帝国と大北方戦争で戦って敗れ、沿岸の領土を失い一時没落する。18世紀後半にホルシュタイン=ゴットルプ朝のグスタフ3世が中興させるも、ナポレオン戦争の経過によって、フィンランドを失った。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見たアドルフ・エリク・ノルデンショルド

    ノルデンショルド(1832年 - 1901年)探検家(北東航路の発見、日本に寄港1879年)スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見た公用語

    2009年7月からスウェーデン語 (svenska) が正式な公用語と制定された。そのほか、フィンランド語、メアンキエリ、ロマ語、サーミ語、イディッシュ語を話す者も少数いる。スウェーデン語は隣国のノルウェー語、デンマーク語と類縁関係(ゲルマン諸語)にあり、スウェーデン語話者とノルウェー語話者は相互に意思疎通ができる会話程度は可能であると言われる。 また、アメリカ英語については1940年後半から義務教育化されており、テレビ番組に米国製番組の字幕版が多いといった文化面の影響も含め、アメリカ英語での会話が可能である。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見たNHL

    ウィンタースポーツも盛んに行われており、特にアイスホッケーはサッカーを凌ぐ人気スポーツである。NHLデトロイト・レッドウィングスに所属するヘンリク・ゼッターバーグは国民的スター。彼が原動力となり2006年はトリノオリンピックとアイスホッケー世界選手権の両方で金メダルを獲得した。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見た国際連合教育科学文化機関

    スウェーデン国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が11件、自然遺産が1件、複合遺産が1件存在する。詳細は、スウェーデンの世界遺産を参照。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見たカール・フォン・リンネ

    カール・フォン・リンネ(1707年 - 1778年)植物学者スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見たシチリア

    スウェーデンでは毎年12月13日に聖ルチア祭が行われ、「一番大切な冬の行事」と言われている。イタリア・シチリア生まれの女性聖者である聖ルチアは貧しい人々に財産の全てを提供した純粋な人と言われている。貧民の生活に光を与えた彼女は、光の聖人として、また農耕の守護神として親しまれている。スウェーデン フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン

    スウェーデンから見たACミラン

    ズラタン・イブラヒモビッチ(1980年 - )サッカー選手 ACミラン所属スウェーデン フレッシュアイペディアより)

297件中 81 - 90件表示

「スウェーデン」のニューストピックワード