39件中 21 - 30件表示
  • 熊本市

    熊本市から見たスカイネットアジア航空スカイネットアジア航空

    日本航空(JAL)、JALエクスプレス(JEX)、ジェイエア(JLJ)、全日本空輸(ANA)、スカイネットアジア航空(SNA)、フジドリームエアラインズ(FDA)、天草エアライン(AMX)、スカイマーク(SKY)、アシアナ航空(OZ)が就航している。熊本市 フレッシュアイペディアより)

  • 八丈島

    八丈島から見たスカイネットアジア航空スカイネットアジア航空

    かつては、エアーニッポンがYS-11・ボーイング737-200,400,500型機を運航していた。なお、ボーイング737-400型機の愛称はアイランドドルフィンで、八丈島路線のためにリース導入された機体であった。機体側面にイルカが描かれているのが特徴で、現在はスカイネットアジア航空にサブリース中である。八丈島 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎市

    宮崎市から見たスカイネットアジア航空スカイネットアジア航空

    8月1日 - スカイネットアジア航空(宮崎-東京)が就航。宮崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 機内誌

    機内誌から見たスカイネットアジア航空スカイネットアジア航空

    スカイネットアジア航空:ソラタネ(2011年7月、ソラシド エアのブランド名導入とともに新創刊。それまではRe+(リプラス))機内誌 フレッシュアイペディアより)

  • AIRDO

    AIRDOから見たスカイネットアジア航空スカイネットアジア航空

    連帯運送乗継サービスは当初ANAのみだったが、2007年4月1日からはADOと同じ経緯でANAの支援下入りしたスカイネットアジア航空(ソラシド エア、SNA)とも連帯運送を行っている。AIRDO フレッシュアイペディアより)

  • 長崎空港

    長崎空港から見たスカイネットアジア航空スカイネットアジア航空

    スカイネットアジア航空 (SNA) ・ 全日本空輸 (ANA) 長崎空港 フレッシュアイペディアより)

  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見たスカイネットアジア航空スカイネットアジア航空

    全ての機材は、2005年末から順次ボーイング737NGシリーズへと更新・統一される見込みである。一部のボーイング737は子会社のエアーネクスト(現ANAウィングス)やANAと業務提携関係にある北海道国際航空(エア・ドゥ)・スカイネットアジア航空(ソラシド エア)に移管されている。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 羽田空港第2ビル駅

    羽田空港第2ビル駅から見たスカイネットアジア航空スカイネットアジア航空

    スカイネットアジア航空(ソラシドエア、SNA)羽田空港第2ビル駅 フレッシュアイペディアより)

  • アイベックスエアラインズ

    アイベックスエアラインズから見たスカイネットアジア航空スカイネットアジア航空

    2007年2月28日 : 服部浩行(元航空自衛官、元スカイネットアジア航空代表取締役社長)が代表取締役社長に就任。アイベックスエアラインズ フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島空港

    鹿児島空港から見たスカイネットアジア航空スカイネットアジア航空

    スカイネットアジア航空 (SNA) ・全日本空輸 (ANA) 鹿児島空港 フレッシュアイペディアより)

39件中 21 - 30件表示