92件中 21 - 30件表示
  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た東京国際空港

    スカイマークエアラインズ(SKY, 現・スカイマーク)、北海道国際航空(ADO, 現・AIRDO)に続く新規参入航空会社の一つで、日本航空 (JAL) や全日本空輸 (ANA) などの大手に比べ割安な運賃、カラフルな機体デザイン、日本最大級のゆったりした座席配置、宮崎産の機内ドリンクサービスを売り物に2002年8月に東京 - 宮崎線に新規参入した。また、2009年2月からは、那覇 - 鹿児島線、那覇 - 長崎線を開設した。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た経営再建

    2004年6月より、産業再生機構の経営支援を受け、全日本空輸が第2位の株主となり、同社と業務提携をすることで再建を目指すこととなった。また、航空券の座席予約システム(CRS)もANAのものを使用するように変更したため、搭乗券の控えなどもANAを利用した際と同一様式のものが発券される。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た国土交通省

    2007年9月、宮崎発東京行58便の機長が、電子機器の使用が禁止されている着陸時に、自ら依頼してデジタルカメラを使用させていたことが、2009年4月13日に判明した。同月17日に、国土交通省は会社を厳重注意した。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た決算

    2007年1月18日、経営は大幅に改善しつつあるものの、2006年中間決算で約10億円の経常損失が発生しており、累積損失は約85億円まで増加していた。対策として資本金の50パーセント減資(38億6870万円を19億3435万円へ)、資本準備金(210億円)全額減少、日本政策投資銀行 (DBJ) 事業再生投資事業組合へ20億8220万円のA種優先株式発行による増資、上記優先株式増資分の全額減資を行い累積損失を大幅に減少させる案が臨時株主総会で議決された(2007年1月21日発効)。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見たお茶

    自社の機内誌『ソラタネ』およびANAの機内誌『翼の王国』を設置、配布している。ドリンクサービスではコーヒー、アゴユズスープ、お茶、リンゴジュースが無料で提供される。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た発光ダイオード

    これはキャビン内にLEDによる先進的照明システムと騒音低減素材を採用し、オーバーヘッド・ビン(頭上荷物棚)を大型化したBSI(Boeing Sky Interior)仕様737型機の導入を日本国内のエアラインとして初めて決定した事例となった。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た福岡市

    1997年(平成9年)7月3日 - パンアジア航空株式会社として福岡市で設立。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た日食

    5月21日 - 同日の金環日食に合わせて企画されたサッポロビール主催「『サッポロ 麦とホップ「空からの日食体験が当たる!』キャンペーン」に資する羽田発着の専用チャーター便を新造機で運航。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た株主総会

    2007年1月18日、経営は大幅に改善しつつあるものの、2006年中間決算で約10億円の経常損失が発生しており、累積損失は約85億円まで増加していた。対策として資本金の50パーセント減資(38億6870万円を19億3435万円へ)、資本準備金(210億円)全額減少、日本政策投資銀行 (DBJ) 事業再生投資事業組合へ20億8220万円のA種優先株式発行による増資、上記優先株式増資分の全額減資を行い累積損失を大幅に減少させる案が臨時株主総会で議決された(2007年1月21日発効)。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た新石垣空港

    3月29日 - 那覇 - 名古屋/中部線、那覇 - 石垣線 就航。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

92件中 21 - 30件表示