92件中 31 - 40件表示
  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見たコーヒー

    自社の機内誌『ソラタネ』およびANAの機内誌『翼の王国』を設置、配布している。ドリンクサービスではコーヒー、アゴユズスープ、お茶、リンゴジュースが無料で提供される。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見たマイレージサービス

    10月1日 - マイレージサービス「SNAスマイルクラブ」を開始。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た客室乗務員

    JA737Dは客席定員が他機材の149 - 150名より多い170名で、保安上、客室乗務員を他機材より1名多く搭乗させる必要があり、コストがかさむ理由でリース会社へ返却された。同機体は2005年2月24日に緊急異常気圧低下により航空重大インシデントとして扱われる事態を起こして以後、予備機材として保管されることが多かった。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た九州

    2005年8月より、東京 - 長崎線の運航を開始。東京発の九州路線に特化することで、九州地方における知名度の向上と、東京から九州地方へのビジネス、観光利用者への利便性向上を図り、集客を狙っている。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た新聞

    2004年11月には「NEXT SNA」と銘打って機内誌、雑誌・新聞、ドリンクのサービスを一度廃止し、運賃をそれに伴い値下げしたものの、他の新規参入航空会社と同じく広告宣伝・提携販売が弱く、知名度が低いため乗客数が伸びず、機材等への投資も十分にできないため、機材に不具合が出ると運航便の欠航が多発し、元々の集客見込みの甘さもあり経営が改善されなかった。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た株式

    2006年12月、産業再生機構と全日本空輸による事業再生に一定の目処が立ったことから、産業再生機構は保有する議決権割合の41.96パーセントに当たる株式を宮交ホールディングスが設立した。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た肥後銀行

    自社保有の初号機となったのはGECAS社からのリース機材であったJA804Xで、グループ内金融会社(特定目的会社)である株式会社マンゴーファイナンスが総額34億円の資金を日本政策投資銀行・宮崎銀行・宮崎太陽銀行・大分銀行・鹿児島銀行・肥後銀行によるが行う期間11年の融資で調達してこれを買い取り、その後改めてスカイネットアジア航空にリースする形式が採られた。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見たサッポロビール

    5月21日 - 同日の金環日食に合わせて企画されたサッポロビール主催「『サッポロ 麦とホップ「空からの日食体験が当たる!』キャンペーン」に資する羽田発着の専用チャーター便を新造機で運航。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た大分銀行

    自社保有の初号機となったのはGECAS社からのリース機材であったJA804Xで、グループ内金融会社(特定目的会社)である株式会社マンゴーファイナンスが総額34億円の資金を日本政策投資銀行・宮崎銀行・宮崎太陽銀行・大分銀行・鹿児島銀行・肥後銀行によるが行う期間11年の融資で調達してこれを買い取り、その後改めてスカイネットアジア航空にリースする形式が採られた。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見た商社

    2007年3月、産業再生機構保有の残り2228株すべてを航空事業に強みをもつ総合商社・双日が取得。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

92件中 31 - 40件表示