136件中 91 - 100件表示
  • 沖縄本島のバス路線

    沖縄本島のバス路線から見たスカイマークスカイマーク

    2013年3月16日 運行開始。7往復運行で、スカイマークの羽田 - 那覇間の深夜便に接続する深夜便も1本運行された。沖縄本島のバス路線 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事業者

    鉄道事業者から見たスカイマークスカイマーク

    しなの鉄道 - 長野県の第三セクター鉄道。経営再建のために、最初は格安航空券販売で知られる旅行代理店エイチ・アイ・エス、次に格安航空会社のスカイマークから社長を迎えて経営再建を果たした。資本関係上の提携や買収をした訳ではなく、厳密には「異業種からの参入」とは言い難いものの、2代続けて航空関連業界関係者から経営者を招聘して経営再建した点ではユニークである。鉄道事業者 フレッシュアイペディアより)

  • 7月25日

    7月25日から見たスカイマークスカイマーク

    1955年 - 西久保愼一、実業家、スカイマーク社長7月25日 フレッシュアイペディアより)

  • GMOペイメントゲートウェイ

    GMOペイメントゲートウェイから見たスカイマークスカイマーク

    2005年5月20日 - それまで、スカイマークエアラインズ(現・スカイマーク)の子会社であったイプシロン株式会社(現・GMOイプシロン株式会社)の株式を取得し子会社化。GMOペイメントゲートウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ソラシドエア

    ソラシドエアから見たスカイマークスカイマーク

    スカイマークエアラインズ(SKY, 現・スカイマーク)、北海道国際航空(ADO, 現・AIRDO)に続く新規参入航空会社の一つで、日本航空 (JAL) や全日本空輸 (ANA) などの大手に比べ割安な運賃、カラフルな機体デザイン、日本最大級のゆったりした座席配置、宮崎産の機内ドリンクサービスを売り物に2002年8月に東京 - 宮崎線に新規参入した。また、2009年2月からは、那覇 - 鹿児島線、那覇 - 長崎線を開設した。ソラシドエア フレッシュアイペディアより)

  • 機内誌

    機内誌から見たスカイマークスカイマーク

    スカイマーク:SKYMARK(スカイマーク)機内誌 フレッシュアイペディアより)

  • プレミアム・エコノミー

    プレミアム・エコノミーから見たスカイマークスカイマーク

    国際線での導入が中心であるが、国内線に於いても一部の航空会社で同等のクラスが設定されている。日本国内に於いては日本エアシステム(当時)が国内線にボーイング777(通称「レインボーセブン」)を導入した際に、同機材に限りエコノミークラスとスーパーシートの中間にあたるミドルクラスとしてレインボーシートを設定しており、1000円の追加料金で広いピッチの座席やボーナスマイルといったサービスが付帯されていた。日本航空ではエコノミークラスと「国内線ファーストクラス」の間のミドルクラスとして「クラスJ」と称する座席の広い上級クラスを提供しており、エコノミークラスの料金に1000円の追加料金でシートピッチの広い座席に加えてマイル積算率が大きくなるサービスを設定している。スカイマークは2014年6月から2015年1月まで運航していたエアバスA330型機の座席を、全席プレミアムエコノミー相当の上級クラス(グリーンシート)としていたプレミアム・エコノミー フレッシュアイペディアより)

  • ドル箱

    ドル箱から見たスカイマークスカイマーク

    なお、需要が多い区間においてはシェアの奪い合いが起こることがあり、運賃の値下げやサービスアップなどでシェア獲得を試みた結果、収益性が悪化することがあるため、必ずしも需要が多い区間がドル箱路線であるとは限らない。例えば、東京国際空港と新千歳空港を結ぶ航空路線は1年あたり900万人から1000万人もの利用客が存在する(「新千歳?羽田線年間旅客1000万人達成!」より)。しかし、この路線は日本航空、全日空、スカイマーク、AIRDOの4社が競合している。ドル箱 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ航空

    デルタ航空から見たスカイマークスカイマーク

    2015年頃、日本市場での提携先を模索しているとき、スカイマークが民事再生法を申請し、債権者集会で再建案を決議することが決定し、当初ANAホールディングスを中心とする案が無決議で採択される予定であったが、ANA側が提示した再建案で民生法申請前運航されていたエアバス機材を排除した再建案に、債権者であるエアバスと航空機リース会社のイントレピッドが反発し、イントレピッド側はデルタ航空を担ぎ出し、デルタ航空にしてみれば欲しかった日本市場での航空会社を傘下に出来、日本で加盟航空会社が無いスカイチームへの加盟可能性があったので、ANAとデルタが相対する構図となり、決議はANA側がエアバスに将来的機材計画でエアバス機を優先的に採用する取引を持ちかけANAの再建案へ賛成させた。デルタ航空 フレッシュアイペディアより)

  • エコノミークラス

    エコノミークラスから見たスカイマークスカイマーク

    上記のようにエンターテインメント関連を中心に、技術の向上を受けて追加されたサービス内容も多いが、静脈血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)を引き起こす可能性のあるシートピッチの狭さは大きな問題となっており、航空会社に訴訟を起こすケースも見られている。新幹線等日本国内の他の輸送機器に比しても非常に狭いスペースであり、長時間の輸送に耐えうるスペースが確保されていないという批判が高まっている。特に近年は、中長距離国際線においても座席の前後幅の法的規制ぎりぎりまでの縮小だけでなく、横幅の縮小によりボーイング767型機で横7列から8列に(スカイマークやヨーロッパの格安航空会社など)、ボーイング777型機で横9列を10列に(全日空やエミレーツ航空など)増加させ、1機あたりの座席数を増やすなどの策がとられている。他方、長距離国際線を中心に70cm台後半であったシートピッチを80cm台後半にまで伸ばし、プレミアムエコノミーなどの名前で割増料金をつけたサービスが、新型機を中心に行われている他、血栓塞栓症対策に改良したフットレストを装備した会社も多い。エコノミークラス フレッシュアイペディアより)

136件中 91 - 100件表示

「スカイマーク」のニューストピックワード