136件中 11 - 20件表示
  • ラッピング車両

    ラッピング車両から見たスカイマークスカイマーク

    日本でもスカイマークエアラインズ(現スカイマーク)など新規参入会社で、初期の頃に機体全体を使った広告機が存在したが、2015年時点で機体全体を使用した広告塗装機は日本には存在していない。ラッピング車両 フレッシュアイペディアより)

  • エイチ・アイ・エス

    エイチ・アイ・エスから見たスカイマークスカイマーク

    旅行業界のベンチャーとして、格安航空券をはじめ、オーストラリアでのホテル事業、また1996年には航空会社・スカイマークエアラインズの設立を発表(1998年定期運航開始。その後グループ外となり「スカイマーク株式会社」に社名変更)するなど、新たなチャレンジを繰り返してきた。エイチ・アイ・エス フレッシュアイペディアより)

  • スカイチーム

    スカイチームから見たスカイマークスカイマーク

    日本エアシステムやスカイマーク加盟の話がかつてあった。スカイチーム フレッシュアイペディアより)

  • 佐山展生

    佐山展生から見たスカイマークスカイマーク

    佐山 展生(さやま のぶお、1953年12月3日 - )は、日本の経営者、経営学者。専門はM&A、バイアウト、事業再生、企業倒産等。一橋大学大学院経営管理研究科教授、京都大学経営管理大学院客員教授、スカイマーク代表取締役会長、インテグラル株式会社代表取締役。佐山展生 フレッシュアイペディアより)

  • 新千歳空港

    新千歳空港から見たスカイマークスカイマーク

    2017年現在、道外から北海道に入るには空路がもっとも効率的な交通手段であることから、季節運航も含め30路線以上の国内線ネットワークを持ち、北海道の空の玄関となっている。とりわけ東京国際空港(千歳 - 羽田)便は現在、日本航空、全日本空輸、AIRDO、スカイマークの4社が競合し、2006年には単一路線としては世界で初めて年間乗降客が1,000万人を突破した。近年、地方都市からの直行便の増加などを受け利用者数は減少に転じているものの、直近でも年間で約900万人以上の利用がある世界有数の巨大幹線である。新千歳空港 フレッシュアイペディアより)

  • 百里飛行場

    百里飛行場から見たスカイマークスカイマーク

    3月11日:茨城空港開港、官民共用開始。“開港記念フライト”と称して、スカイマークがこの日限定のチャーター便を東京/羽田便と神戸便で運航。百里飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸総合運動公園野球場

    神戸総合運動公園野球場から見たスカイマークスカイマーク

    2005年(平成17年) - ソフトバンクに替わる命名権契約先がスカイマークエアラインズ(現スカイマーク)に決定し、「スカイマークスタジアム」(SKY MARK STADIUM)に改称された。大阪近鉄バファローズとの球団統合によって発足したオリックス・バファローズの準本拠地となる。神戸総合運動公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 中部国際空港

    中部国際空港から見たスカイマークスカイマーク

    11月14日: スカイマークが2008年度を目途に中部国際空港への就航を発表。中部国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 格安航空会社

    格安航空会社から見たスカイマークスカイマーク

    日本では、航空業界の規制緩和を機に、スカイマーク、AIRDOをはじめとする低運賃の新規航空会社が参入した。これらの航空会社は格安航空会社を名乗ってはいないが、スカイマークは国外格安航空会社のビジネスモデルに倣い、サービスの簡素化など格安航空会社に近いビジネスを展開している。1998年9月の初就航の際は大手航空会社の普通運賃半額(羽田-福岡間当時13,700円)で就航させて話題を呼んだ。格安航空会社 フレッシュアイペディアより)

  • 東京国際空港

    東京国際空港から見たスカイマークスカイマーク

    1931年8月25日に「東京飛行場」として正式開港して以来、日本最大かつ東京、首都圏を代表する空港で、2014年現在、羽田空港は世界の空港の中で5番目に旅客数の多い空港となっている。日本航空と全日本空輸、スカイマークの国内線ハブ空港である。東京国際空港 フレッシュアイペディアより)

136件中 11 - 20件表示

「スカイマーク」のニューストピックワード