105件中 11 - 20件表示
  • AIRDO

    AIRDOから見たスカイマークスカイマーク

    大学教官、医師、弁護士、印刷会社経営者などの若手29名が集まって出資しあい、航空会社設立を目指す調査企画会社として、1996年11月14日、「北海道国際航空株式会社」を資本金1,430万円で札幌市に設立した。将来的に樺太など北海道や札幌市が交流を進めている「北方圏」諸都市への近距離国際線の就航を目指すとし、社名に「国際」の名を入れた。この時点では北海道経済連合会、経営者協会などの各団体や北海道電力などの大手企業をはじめとする道内経済界はこの構想に懐疑的な立場だった。また、旅行会社のエイチ・アイ・エス(H.I.S.)も規制緩和をビジネスチャンスと捉え新規参入を目指しており(現・スカイマーク (SKY) )、浜田らの動きとの合流もしくは共同関係を模索していたが、利益が中央に流れる本州資本ではなく、あくまでも道民主導による内発的な会社によって運営されることで利益が地元に還流される構造と、それによる地域振興を目指す立場のため、これに合流しなかった。AIRDO フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング767

    ボーイング767から見たスカイマークスカイマーク

    一方で、「経済効率が悪いのでは」という意見もあるが、その際ボーイングはこの「ミドルマンの悲劇」の対策であるという事を強調している。とはいえスカイマークの様に、横座席を1列増やして2-4-2の8列配置で運航していた格安航空会社もある。なお、8列配置の767の殆どはチャーター便に用いられている。ボーイング767 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見たスカイマークスカイマーク

    旅客便(国際線)の発着便数は、日本航空グループが最大で、全日本空輸グループ、デルタ航空、ユナイテッド航空がそれに次ぐ。デルタ航空やユナイテッド航空は以遠権を基に、アメリカ線のみならずアジア線も多く運航している。そして東京国際空港(羽田空港)にも乗り入れる大韓航空と中国国際航空が続く形となっている。旅客便(国内線)の発着便数は、日本航空を最大に、全日本空輸、スカイマークと続いている。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 新千歳空港

    新千歳空港から見たスカイマークスカイマーク

    2012年現在、道外から北海道に入るには空路がもっとも効率的な交通手段であることから、年間利用者約1,800万人、季節運航も含め30路線以上の国内線ネットワークを持ち、北海道の空の玄関となっている。とりわけ東京国際空港(千歳 - 羽田)便は現在、日本航空(JAL)・全日本空輸(ANA)・AIR DO(ADO)・スカイマーク(SKY)の4社が競合し、2006年には単一路線としては世界で初めて年間乗降客が1,000万人を突破した。近年、利用者数は減少に転じているものの、直近でも年900万人以上の利用がある世界一の巨大幹線である。新千歳空港 フレッシュアイペディアより)

  • ラッピング車両

    ラッピング車両から見たスカイマークスカイマーク

    かつてスカイマークエアラインズ(現スカイマーク)など新規参入会社で、初期の頃に機体全体を使った広告機(スポンサーはYahoo!やDirecTVなど)が存在したが、2010年時点でこの形のものは存在していない。ラッピング車両 フレッシュアイペディアより)

  • 大野尚

    大野尚から見たスカイマークスカイマーク

    エイチ・アイ・エス、スカイマークの躍進を支え続け、2004年にビッグ・フィールド・マネージメント株式会社を設立し、企業の経営コンサルティングや講演、社員研修に従事するかたわら、福岡大学経済学部ベンチャー起業論講師、RKBラジオ“こだわりハーフタイム”メインパーソナリティー、RKBテレビ“今日感テレビ”金曜日のコメンテーターも務める。大野尚 フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク航空

    スカイマーク航空から見たスカイマークスカイマーク

    スカイマーク航空 フレッシュアイペディアより)

  • 井出隆司

    井出隆司から見たスカイマークスカイマーク

    井手 隆司(いで たかし)は日本の実業家、元スカイマーク代表取締役社長。井出隆司 フレッシュアイペディアより)

  • スカイマークエアラインズ

    スカイマークエアラインズから見たスカイマークスカイマーク

    スカイマークエアラインズ フレッシュアイペディアより)

  • SORA! -フライトアテンダント物語-

    SORA! -フライトアテンダント物語-から見たスカイマークスカイマーク

    天海が勤務するスカイドリーム航空は、スカイマークをモデルとしており、同社が取材協力をしていることがクレジットされている。羽田空港第1旅客ターミナルを使用して沖縄那覇への深夜便運行や、羽田から青森への路線が登場するなど、かつてのスカイマークが取り組んできた事柄を舞台としている話も多い。SORA! -フライトアテンダント物語- フレッシュアイペディアより)

105件中 11 - 20件表示

「スカイマーク」のニューストピックワード