136件中 61 - 70件表示
  • 日ノ丸自動車

    日ノ丸自動車から見たスカイマークスカイマーク

    全日本空輸(ANA)、スカイマーク(SKY)便に接続。日ノ丸自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 航空会社

    航空会社から見たスカイマークスカイマーク

    日本では航空法の改正により、1997年には航空運賃の設定が一部自由化され、安い運賃を看板にスカイマークエアラインズ(現スカイマーク)や北海道国際航空(現AIRDO)などの新規参入会社が就航したが、既存3社(2002年以降は既存2社)による同額程度の対抗運賃の設定で苦戦を強いられ、北海道国際航空は民事再生法の適用を申請、全日空の支援の下で経営再建し2005年3月に完了した。航空会社 フレッシュアイペディアより)

  • Famiポート

    Famiポートから見たスカイマークスカイマーク

    収納票発行 - ネットショッピング・チケット・その他代金の支払。スカイマークの予約済み航空券、シマンテックの「ノートン」、レオパレス21の「レオネット」、DMM.comなどが対象。Famiポート フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の航空

    2015年の航空から見たスカイマークエアラインズスカイマーク

    (経営破綻) スカイマークエアラインズが東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請し経営破綻、西久保慎一社長が退任し新社長に有森正和取締役が就任。2015年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • エアトランセ

    エアトランセから見たスカイマークスカイマーク

    2004年7月、旧社長は会社譲渡を決断。航空関係業界に相談するもすべて断られたが、観光ハイヤー事業をおこなっていた江村林香に事業売却の話が持ちかけられ、2004年8月、江村が譲受し、日本国内航空会社で初の女性社長に就任。スカイマークエアラインズ(現スカイマーク)設立に携わった澤田秀雄を顧問に迎えた。社長の夫、中山淑惇も他の事業をおこないながらもエアトランセ取締役に名を連ねている。2004年8月に資本・経営陣の交代を発表、2004年10月に会社名を「エアァシェンペクス」から「エアトランセ」に変更。エアトランセ フレッシュアイペディアより)

  • 大黒摩季

    大黒摩季から見たスカイマークスカイマーク

    2015年には、スカイマークの応援歌を手掛け、約4年半ぶりとなる本格的なレコーディングも実施した。応援ソング制作のきっかけは、スカイマーク社が大黒が2010年に発表した楽曲「TAKE OFF」の使用許可を取ろうとしたことで、このたび制作された応援ソングも同曲を原曲としている。タイトルは「TAKE OFF ?SKYMARK, Cheer UP← version?」で、スカイマーク社員たちに寄り添った応援歌にしたいという考えから、大黒自ら原曲の歌詞を3割程度変更し、「青く光る Skymark」などのフレーズも盛り込まれた。さらに、同年3月19日には、Youtube上で本曲とスカイマークの映像を用いた動画が公開された。大黒摩季 フレッシュアイペディアより)

  • 那覇バス

    那覇バスから見たスカイマークスカイマーク

    かつては那覇空港でスカイマークのランプバスも運行していたが、スカイマークが自社での運行に切り替えたため終了した。那覇バス フレッシュアイペディアより)

  • 澤田秀雄

    澤田秀雄から見たスカイマークスカイマーク

    エイチ・アイ・エスの社名の「エイチ」は名前の『秀(雄)』を指し、「アイ・エス」は『インターナショナル・サービス』を略したものである(その為、中国語では「秀国際」と表記される)が、公式にはHighest International Standardsとされている。1993年新宿南口にオープンした「トラベルワンダーランド」は、ワンフロア1077平方メートルと国内最大規模の広さで話題となった。1995年、株式を店頭公開。1996年にはオーストラリア・ゴールドコーストに同社初の国際ホテル「THE WATERMARK HOTEL, GOLD COAST」をオープン。本格的にホテル業に進出すると同時に、35年ぶりの定期旅客輸送の新規参入航空会社となる「スカイマークエアラインズ株式会社」(現スカイマーク株式会社)を設立。1999年、協立証券(エイチ・アイ・エス協立証券に改称、現・エイチ・エス証券)の株式を取得し、代表取締役に就任。2007年、エイチ・エス証券株式会社は持株会社制へ移行し、澤田ホールディングス株式会社となる。澤田秀雄 フレッシュアイペディアより)

  • 交通

    交通から見たスカイマークスカイマーク

    こうした状況は、1990年代の規制緩和政策に伴い大きく変化した。整備などを外注化し、低運賃を目玉とするスカイマークエアラインズ(現: スカイマーク)や北海道国際航空(現:AIRDO)等の設立は、古くから見られた日本航空と全日本空輸との間で繰り広げられた競争とは異質の競争をもたらした。市場競争を通じた運賃の低廉化が進行し、それは激しいものとなった。事実、新規参入の航空会社はいずれも経営困難に直面している。大手の航空会社でも、日本航空と日本エアシステムは持株会社方式で経営統合が行われた。交通 フレッシュアイペディアより)

  • 下町ボブスレーネットワークプロジェクト

    下町ボブスレーネットワークプロジェクトから見たスカイマークスカイマーク

    プロジェクトが制作したソリと協賛企業のロゴ入りのスカイマーク機。2017年10月6日就航、2018年12月まで運行予定。また、第23回オリンピック冬季競技大会に合わせて、スカイマークが破綻再生後、6年ぶりに再開する国際チャーター便羽田/仁川間で19日往路、23日復路を同機にて関係者輸送。下町ボブスレーネットワークプロジェクト フレッシュアイペディアより)

136件中 61 - 70件表示

「スカイマーク」のニューストピックワード