140件中 91 - 100件表示
  • スカイマーク

    スカイマークから見た資本減少

    2005年3月 - 減資を実施し、資本金21億6315万円となる。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見たリース

    1998年8月 - 航空機リース会社最大手のアメリカ合衆国・ILFC社を通してボーイング社から新造機のボーイング767-300ER型機(JA767A)をリース形式にて会社の初号機として受領。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見たベンチャー企業

    2006年3月、抜本修理すべき機体を、期限を9か月過ぎるまで放置していた問題が発覚した。また2005年以降、経営陣の方針に批判的なパイロットや確認整備士らが数十人規模で退職し、人手不足と指摘されており、国土交通省が抜き打ち検査を実施するなど、同社の安全管理体制を懸念する声が当時あがっていた。日本経済新聞の2006年3月21日付社説によれば、社長の西久保がITベンチャー企業的な成果主義的人事制度を導入したことが原因といわれ、国土交通省が職員7人による同社専従の特別監査チームを発足させ、場合によっては経営体制の見直しも浮上すると報じている。さらに、2007年4月13日には、航空機に整備漏れがあったこと、把握後も運航したことに対して、安全運航への認識が甘いとして、国交省から厳重注意を受けている。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見た神戸ワイン

    しかし、機内で飲料が(有料であっても)まったく提供されないということに問題が生じ、那覇線での試験販売の後、2007年2月1日より飲料は100円(ソフトドリンクミニペットボトル7種・キリン「のどごし生」)・300円(神戸ワイン赤・白)で機内販売を開始した。また、2007年4月1日より、休刊になっていた機内誌『SKYMARK』も企画・宣伝協同組合の協力により、発行を再開することができた。また、申し出れば飴が無料で貰えるようになった。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見たおしぼり

    かつては清涼飲料水(ミニペットボトル5種・パックジュース)、機内誌、紙おしぼりなどに加え、菓子(飴やチョコレート、おかき)を機内で無償提供していた。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見た航空会社

    スカイマーク株式会社(Skymark Airlines Inc.)は、日本の航空会社スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見た写真集

    1998年の就航開始時に、史上初の「スチュワーデス写真集」である『Open Sky』(扶桑社刊)を発表した。現役女性客室乗務員と当時のキャンペーンガールがモデルとなり、水着や制服グラビア満載の写真集に仕上がっており大きな話題となった。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見た運賃

    大手旅行代理店のエイチ・アイ・エス社長・澤田秀雄らの出資により1996年11月に設立された。1998年に羽田 - 福岡線で運航を開始。機内サービスを簡素化し普通運賃を当初、他航空会社の普通運賃の半額に抑え、平均搭乗率80%以上を記録した。しかし、既存航空会社はスカイマーク便前後に同一運賃とした座席を設ける対抗策をとった。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見た航空自衛隊

    2010年6月24日 - 茨城空港に隣接する百里基地における航空自衛隊の行事などを受け神戸 - 茨城線の運航の制限がかけられることを考慮して、同年9月から運休すると発表。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見たキャッチコピー

    スカイマークはかつて、以下のキャッチコピーを用いていた。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

140件中 91 - 100件表示

「スカイマーク」のニューストピックワード