140件中 61 - 70件表示
  • スカイマーク

    スカイマークから見た徳島飛行場

    2003年4月25日 - ANAの撤退を受け、羽田 - 徳島・青森線に就航(青森線は2003年11月末廃止、徳島線も2006年4月13日に休止)。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見た機内誌

    2007年4月 - 機内誌『SKYMARK』を搭載。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見た旭川空港

    2007年8月9日 - 羽田 - 旭川線を2008年春ごろに就航する計画を発表。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見たボーイング777

    2号機の機体記号を「K」としたのは「I」は数字の「1」と紛らわしいため使えないことや、「J」はJAL機と誤解される可能性があるため(JAL・ボーイング777-300ERに『JA737J』が登録済)、スカイマーク側が国土交通省への機体登録申請時に登録番号の希望から外したためである。同様に"0"(ゼロ)と紛らわしい"O"(オー)や"5"(ファイブ)と紛らわしい"S"(エス)は使えないため、6号機には"P"(ピー)、9号機には"T"(ティー)が使われた。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見たエアバスA330

    このうち、2009年12月25日に那覇線(1日2往復)の定期運航を開始するほか、2010年には福岡線(2往復)、新千歳線(1往復)、鹿児島線(3往復)、熊本線(3往復)、長崎線(4往復)を就航、2014年までに航空機を小型のボーイング737-800型(177席)に統一して20機体制にするとともに、2013年から翌年までに仙台および松山便の新設のほか、2010年以降には台北へ国際定期便を就航させることを検討していた。しかし、機材については後にエアバスA380(後述)と同A330の導入発表がなされ、統一する方針は事実上見送られている。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見たスカイメイト

    スカイメイト - 当日空席があれば利用できる運賃。12歳から21歳までが対象。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見たおかき

    かつては清涼飲料水(ミニペットボトル5種・パックジュース)、機内誌、紙おしぼりなどに加え、菓子(飴やチョコレート、おかき)を機内で無償提供していた。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見た奄美空港

    2010年9月1日 - 鹿児島空港に鹿児島 - 神戸、奄美線で再就航、と同時に奄美へ初就航(奄美路線は10月30日までの期間限定)。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見たハンガー (航空)

    2010年4月20日 - 作業員の男性が格納庫の扉に挟まれて死亡する事故が発生。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見た航空整備士

    2006年3月、抜本修理すべき機体を、期限を9か月過ぎるまで放置していた問題が発覚した。また2005年以降、経営陣の方針に批判的なパイロットや確認整備士らが数十人規模で退職し、人手不足と指摘されており、国土交通省が抜き打ち検査を実施するなど、同社の安全管理体制を懸念する声が当時あがっていた。日本経済新聞の2006年3月21日付社説によれば、社長の西久保がITベンチャー企業的な成果主義的人事制度を導入したことが原因といわれ、国土交通省が職員7人による同社専従の特別監査チームを発足させ、場合によっては経営体制の見直しも浮上すると報じている。さらに、2007年4月13日には、航空機に整備漏れがあったこと、把握後も運航したことに対して、安全運航への認識が甘いとして、国交省から厳重注意を受けている。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

140件中 61 - 70件表示

「スカイマーク」のニューストピックワード