81件中 41 - 50件表示
  • 福山桜子

    福山桜子から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    映画『ロスト・イン・トランスレーション』(ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン/ソフィア・コッポラ監督)ボイス・オーバー・キャスティング福山桜子 フレッシュアイペディアより)

  • アベンジャーズ (2012年の映画)

    アベンジャーズ (2012年の映画)から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    2009年2月、サミュエル・L・ジャクソンが『アベンジャーズ』を含む複数の映画にニック・フューリー役で出演する契約をマーベルと交わしたことが報じられた。3月、エミリー・ブラントに代わってスカーレット・ヨハンソンが『アイアンマン2』に出演し、『アベンジャーズ』の契約も交わしたことが報じられた。また後日、マーベルは『アベンジャーズ』の公開日を予定していた2011年7月から1年後の2012年5月4日に確定したと発表した。6月、マーベルの社長のケヴィン・フェイグはソー役のクリス・ヘムズワースとロキ役のトム・ヒドルストンの『アベンジャーズ』出演を認めた。アベンジャーズ (2012年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ロスト・イン・トランスレーション

    ロスト・イン・トランスレーションから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    シャーロット - スカーレット・ヨハンソン(日本語吹替:斉藤梨絵)ロスト・イン・トランスレーション フレッシュアイペディアより)

  • ヨハンソン

    ヨハンソンから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson) - アメリカ合衆国の女優。ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • アイアンマン2

    アイアンマン2から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    前作『アイアンマン』の公開後、そのヒットを受け本作の製作が決定。監督のジョン・ファヴローによると前作の製作当初から3部作構想があり、第2作での悪役に「アイアンモンガー」を想定していたと言うが、結局アイアンモンガーは前作の悪役として登場、ジェフ・ブリッジスが同役を演じた。その結果、製作側は本作における新たな悪役としてミッキー・ローク演じる「ウィップラッシュ」、そしてサム・ロックウェル演じる「ジャスティン・ハマー」を登場させている。また、原作の人気キャラクターであるもうひとりのアイアンマンこと「ウォーマシン」、そして謎めいた女スパイの「ブラック・ウィドー」も本作より登場。それぞれドン・チードルとスカーレット・ヨハンソンが演じている。ちなみにチードルは、前作から降板したテレンス・ハワードの後を継ぐ形でキャスティングされた。このチードル演じるジェームズ・“ローディ”・ローズが本作に初登場する後ろ姿のシーンにおける彼のセリフは、単に劇中における「ローディ」のセリフというのみならず、このキャスティング変更について観客に説明するために監督がチードルやロバート・ダウニー・Jrと相談して付け加えるに至った脚本に無いセリフである。メインロールであるアイアンマンことトニー・スターク役、そしてトニーを支えるペッパー・ポッツ役は前作同様、ロバート・ダウニー・Jrとグウィネス・パルトロウが続投している。監督のファヴローも前作に続いて俳優として出演しており、メインキャスト扱いではないものの、前作と比べて出番が多くなっている。アイアンマン2 フレッシュアイペディアより)

  • 私がクマにキレた理由

    私がクマにキレた理由から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    ニューヨークを舞台に、ひょんなことから上流階級の家庭で子守のパートをすることになった主人公が、我侭な子供と両親に振り回されながらも成長や恋模様をコメディタッチで描いた作品である。主人公のアニーにスカーレット・ヨハンソン、雇い主の"ミセスX"にローラ・リニー、その夫の"ミスターX"にポール・ジアマッティなどが出演する。私がクマにキレた理由 フレッシュアイペディアより)

  • 真珠の耳飾りの少女

    真珠の耳飾りの少女から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    映画『真珠の耳飾りの少女』は、上記の小説を2003年に映画化したもの。アメリカ・イギリス・ルクセンブルクの合作。小説版とは結末が少し異なっている。監督はピーター・ウェーバー。フェルメール役はコリン・ファース、少女役はスカーレット・ヨハンソンが演じている。 もともとフェルメールの絵は『青いターバンの少女』・『ターバンを巻いた少女』などと呼ばれて来たが、この映画のヒットにより『真珠の耳飾りの少女』の名が一般化した(『フェルメール』 美術手帖2012年6月号増刊)。真珠の耳飾りの少女 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク、アイラブユー

    ニューヨーク、アイラブユーから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    未完成のまま2008年の第33回トロント国際映画祭にて初上映された。女優のスカーレット・ヨハンソンも監督をしたが、全編カットされた。2010年8月27日に発売された日本版DVDには同作が特典映像として収録されている(レンタル版は未収録)。ニューヨーク、アイラブユー フレッシュアイペディアより)

  • グラビティ (映画)

    グラビティ (映画)から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    2010年半ば、マリオン・コティヤールが女主役としてのテストを受けた。2010年8月にはスカーレット・ヨハンソンとブレイク・ライヴリーの可能性が高くなった。9月、キュアロンは当時賞賛されていた映画『ブラック・スワン』の主役であるナタリー・ポートマンを、スクリーン・テストを受けさせずに起用させることに関してワーナー・ブラザーズの承認を得た。ポートマンがスケジュールの都合によりプロジェクトを去ると、ワーナー・ブラザーズはサンドラ・ブロックに接近した。2010年11月、ダウニー・Jrは当時ショーン・レヴィが監督しようとしていた『How to Talk to Girls』に出演するため、プロジェクトを降板した。翌12月、ブロックが主演契約を交わし、ダウニー・Jrが演じる予定だった役はジョージ・クルーニーに替わった。グラビティ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • キャメロン・ディアス

    キャメロン・ディアスから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    過去にマット・ディロンやジャレッド・レトとの交際歴がある。2006年まで歌手のジャスティン・ティンバーレイクと交際していたが2007年1月、「ロマンチックな関係を終えた」と破局を発表した。一説によれば、ジャスティンが自身の曲のPV内で女優のスカーレット・ヨハンソンと恋人を演じ、それを見たキャメロンが嫉妬し、破局。その後イギリス人モデルのポール・スカルフォーと交際し、ロンドンで物件を探していたことから一時は結婚かといわれていたが、結局破局に至った。その後メジャーリーガーでニューヨーク・ヤンキースの主砲であるアレックス・ロドリゲスと交際中と報道されたが同年9月の時点で別れている。キャメロン・ディアス フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示

「スカーレット・ヨハンソン」のニューストピックワード