81件中 51 - 60件表示
  • スーパーマンの映画作品

    スーパーマンの映画作品から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    ラトナーの降板後、マックGが監督に復帰し、フレイザーが出演に興味を持っていたが、タイプキャスティングに懸念を抱いていた。ロイス・レイン役にはセルマ・ブレアへ交渉され、さらに視覚効果作業のためESCエンターテインメントが雇われた。視覚効果スーパーバイザーはキム・ライブレリ、「プロトタイプスーツ」のデザインはスタン・ウィンストンが務める。マックGはジミー・オルセン役としてシャイア・ラブーフに近づき、またスーパーマンには無名の役者、ロイス・レイン役にはスカーレット・ヨハンソン、レックス・ルーサー役にはジョニー・デップを考えていた。ニール・H・モリッツとがプロデューサーに就任した。マックGはまた、エイブラムスの脚本の書き直しをに依頼した。マックGはカナダでの撮影を希望したが、ワーナー・ブラザーズはそれよりも費用が2500万ドル少なくて済むオーストラリアでのロケを主張した。さらに彼はジェイソン・ベア、ヘンリー・カヴィル、ジャレッド・パダレッキ、らを起用してテスト映像を撮っていたが、最終的に降板し、予算やロケ地問題を非難した。彼の希望ロケ地はニューヨークとカナダであったが、ワーナー・ブラザーズはオーストラリアのシドニーであった。マックGは「ほかの大陸でアメリカのハートを捕らえるのは不適切」だと感じた。彼は後に自身が飛行機恐怖症であることを認めた。エイブラムスは自ら監督できるように働きかけたが、ワーナー・ブラザーズは2004年7月にマックGの代りにブライアン・シンガーを起用し、『スーパーマン リターンズ』へと移った。スーパーマンの映画作品 フレッシュアイペディアより)

  • スモール・チェンジ

    スモール・チェンジから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    「想い出のニューオリンズ」は、スカーレット・ヨハンソンによるトム・ウェイツのカヴァー・アルバム『レイ・マイ・ヘッド』(2008年)で取り上げられた。スモール・チェンジ フレッシュアイペディアより)

  • それでも恋するバルセロナ

    それでも恋するバルセロナから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソンは『マッチポイント』、『タロットカード殺人事件』に続いて、3度目のウディ・アレン作品に出演。それでも恋するバルセロナ フレッシュアイペディアより)

  • 東京医科大学病院

    東京医科大学病院から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    アメリカ映画「ロスト・イン・トランスレーション」(2003年)では、主役のハリウッド・スター(ビル・マーレイ)とスカーレット・ヨハンソンが受診する病院として登場する。東京医科大学病院 フレッシュアイペディアより)

  • 第61回ヴェネツィア国際映画祭

    第61回ヴェネツィア国際映画祭から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソン(アメリカ/女優)第61回ヴェネツィア国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド系アメリカ人

    ポーランド系アメリカ人から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    スカーレット・ヨハンソン - 女優、母親はポーランド系ポーランド系アメリカ人 フレッシュアイペディアより)

  • ヒッチコック (映画)

    ヒッチコック (映画)から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    2012年3月に多数のキャストが発表された。2012年3月1日、スカーレット・ヨハンソンとが『サイコ』の主演俳優のジャネット・リーとアンソニー・パーキンスを演じることが発表された。さらにジェシカ・ビールがヴェラ・マイルズ役に決まった。さらにトニ・コレットが監督のアシスタント、ダニー・ヒューストンが脚本家のホイットフィールド・クック、マイケル・スタールバーグがスタジオ社長のルー・ワッサーマン、マイケル・ウィンコットが殺人鬼エド・ゲイン、ラルフ・マッチオが脚本家の、がパラマウント映画社長の、ウォレス・ランガムがデザイナーのソウル・バス役に決まったと発表された。ヒッチコック (映画) フレッシュアイペディアより)

  • アン・ブーリン

    アン・ブーリンから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    ブーリン家の姉妹(The Other Boleyn Girl, 2008年、イギリス) - 監督:ジャスティン・チャドウィック。アンをナタリー・ポートマン、メアリーをスカーレット・ヨハンソン、ヘンリー8世をエリック・バナが演じた。アン・ブーリン フレッシュアイペディアより)

  • レ・ミゼラブル (2012年の映画)

    レ・ミゼラブル (2012年の映画)から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    2011年11月、エディ・レッドメインがマリウス・ポンメルシー役でキャステされた。またエポニーヌ役にはリア・ミシェル、テイラー・スウィフト、スカーレット・ヨハンソン、エヴァン・レイチェル・ウッドが候補に挙がった。レ・ミゼラブル (2012年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ティンバーレイク

    ジャスティン・ティンバーレイクから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    1997年から1999年まではヴェロニカ・フィンと、2000年から2002年まではブリトニー・スピアーズと、2003年から2007年まではキャメロン・ディアスと交際。またジャネット・ジャクソンやファーギー、スカーレット・ヨハンソンとの交際も噂された。その後ジェシカ・ビールと交際し、別れている。2011年にはミラ・クニスとの交際も騒がれていた。しかし本人は「ミラとは映画『ステイ・フレンズ』で共演したが、デートはしていない」と語っており「兄弟みたいなものだ」と噂を否定した。ジャスティン・ティンバーレイク フレッシュアイペディアより)

81件中 51 - 60件表示

「スカーレット・ヨハンソン」のニューストピックワード