138件中 61 - 70件表示
  • ラフ・ナイト 史上最悪!?の独身さよならパーティー

    ラフ・ナイト 史上最悪!?の独身さよならパーティーから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    『ラフ・ナイト 史上最悪!?の独身さよならパーティー』(原題:Rough Night)は2017年にアメリカ合衆国で公開されたコメディ映画である。監督はルシア・アニエロ、主演はスカーレット・ヨハンソンが務めた。ラフ・ナイト 史上最悪!?の独身さよならパーティー フレッシュアイペディアより)

  • アカデミー賞の授賞式映像 (日本関連)

    アカデミー賞の授賞式映像 (日本関連)から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    2004年 第77回 【画像1】【画像2】 プレゼンター:スカーレット・ヨハンソン【画像3】アカデミー賞の授賞式映像 (日本関連) フレッシュアイペディアより)

  • レ・ミゼラブル (2012年の映画)

    レ・ミゼラブル (2012年の映画)から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    2011年11月、エディ・レッドメインがマリウス・ポンメルシー役でキャステされた。またエポニーヌ役にはリア・ミシェル、テイラー・スウィフト、スカーレット・ヨハンソン、エヴァン・レイチェル・ウッドが候補に挙がった。レ・ミゼラブル (2012年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 華麗なるギャツビー (2013年の映画)

    華麗なるギャツビー (2013年の映画)から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    2010年10月、アマンダ・サイフリッドがデイジー・ブキャナン役の候補に挙がっていると報じられた。翌月、『Deadline Hollywood』は、ラーマンがデイジー役のためにキーラ・ナイトレイ、レベッカ・ホール、アマンダ・サイフリッド、ブレイク・ライヴリー、アビー・コーニッシュ、ミシェル・ウィリアムズ、スカーレット・ヨハンソンのオーディションをして、さらにナタリー・ポートマンも考慮していると報じた。ヨハンソンはキャメロン・クロウ監督の『幸せへのキセキ』を優先し、直後にイギリス人女優のキャリー・マリガンが筆頭候補となっていることが報じられた。華麗なるギャツビー (2013年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・ダリア (映画)

    ブラック・ダリア (映画)から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    ケイ・レイク - スカーレット・ヨハンソン(高橋理恵子)ブラック・ダリア (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 第57回グラミー賞

    第57回グラミー賞から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    The Moon Song (from Her) - Scarlett Johansson and Joaquin Phoenix第57回グラミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマンの映画作品

    スーパーマンの映画作品から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    ラトナーの降板後、マックGが監督に復帰し、フレイザーが出演に興味を持っていたが、タイプキャスティングに懸念を抱いていた。ロイス・レイン役にはセルマ・ブレアへ交渉され、さらに視覚効果作業のためESCエンターテインメントが雇われた。視覚効果スーパーバイザーはキム・ライブレリ、「プロトタイプスーツ」のデザインはスタン・ウィンストンが務める。マックGはジミー・オルセン役としてシャイア・ラブーフに近づき、またスーパーマンには無名の役者、ロイス・レイン役にはスカーレット・ヨハンソン、レックス・ルーサー役にはジョニー・デップを考えていた。ニール・H・モリッツとがプロデューサーに就任した。マックGはまた、エイブラムスの脚本の書き直しをに依頼した。マックGはカナダでの撮影を希望したが、ワーナー・ブラザースはそれよりも費用が2500万ドル少なくて済むオーストラリアでのロケを主張した。さらに彼はジェイソン・ベア、ヘンリー・カヴィル、ジャレッド・パダレッキ、らを起用してテスト映像を撮っていたが、最終的に降板し、予算やロケ地問題を非難した。彼の希望ロケ地はニューヨークとカナダであったが、ワーナー・ブラザースはオーストラリアのシドニーであった。マックGは「ほかの大陸でアメリカのハートを捕らえるのは不適切」だと感じた。彼は後に自身が飛行機恐怖症であることを認めた。エイブラムスは自ら監督できるように働きかけたが、ワーナー・ブラザースは2004年7月にマックGの代りにブライアン・シンガーを起用し、『スーパーマン リターンズ』へと移った。スーパーマンの映画作品 フレッシュアイペディアより)

  • メアリー・エリザベス・ウィンステッド

    メアリー・エリザベス・ウィンステッドから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    2010年には、ロマンティック・コメディ The F-Word のテストを受けケイシー・アフレックとの共演が囁かれていた。だが2012年7月17日、この映画の主演はダニエル・ラドクリフとゾーイ・カザンに決定した。2011年10月6日のインタビューではダイ・ハードの続編への出演についてて "出演しないと思うわ。何も聞いていないし"と答えている。2012年2月22日、続編『ダイ・ハード/ラスト・デイ』はジェイ・コートニー演じるマクレーンの息子に焦点を当てた作品であることが明らかになった。またリブート版『スパイダーマン』でヒロインのテストを受け、マット・デイモン主演、ベンジャミン・ミーの自伝小説の映画版『幸せへのキセキ』の候補にも挙がった,。だがどちらにも選ばれず、それぞれエマ・ストーンとスカーレット・ヨハンソンに決定した。メアリー・エリザベス・ウィンステッド フレッシュアイペディアより)

  • ケリー・ラッセル

    ケリー・ラッセルから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    2006年に『フェリシティの青春』のプロデューサーであるJ・J・エイブラムスが監督を手掛けた『M:i:lll』に、スカーレット・ヨハンソンが演じる予定であったイーサン・ハントの愛弟子のリンジー・ファリス役で出演した。同年の夏より米化粧品会社カバーガール社のモデルも務めている。ケリー・ラッセル フレッシュアイペディアより)

  • ステファン・ヨハンソン

    ステファン・ヨハンソンから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    名前を短縮すると、女優のスカーレット・ヨハンソンと同じく「S・ヨハンソン」と表記されることが多い。その為に「Yahoo!ニュース」のコメント欄などで度々ネタにされている。ステファン・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

138件中 61 - 70件表示

「スカーレット・ヨハンソン」のニューストピックワード

  • ガイキンド・インドネシア・インターナショナル・オートショー(GIIAS)2018

  • アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

  • アップサイジング