138件中 71 - 80件表示
  • サーシャ・ガヴァシ

    サーシャ・ガヴァシから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    2012年、ガヴァシは『ヒッチコック』で監督デビューした。アルフレッド・ヒッチコック役にアンソニー・ホプキンス、その妻役にヘレン・ミレン、ジャネット・リー役にスカーレット・ヨハンソンサーシャ・ガヴァシ フレッシュアイペディアより)

  • パス・ベガ

    パス・ベガから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    2001年にはフリオ・メデム監督の『ルシアとSEX』に出演。この作品ではゴヤ賞の新人女優賞を受賞し、サン・ジョルディ賞とでも女優賞を受賞している。2004年にはジェームズ・L・ブルックス監督の『スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと』でアダム・サンドラーの助演を務め、イマジン賞とフェニックス映画批評家協会賞で女優賞を受賞している。2006年には『素敵な人生のはじめ方』でモーガン・フリーマンと共演した。2008年には『ザ・スピリット』でガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、スカーレット・ヨハンソンと共演した。2011年にはミケーレ・プラチド監督の『Vallanzasca Gli Angeli Del Male』に出演した。2015年には出演した3本の作品の演技が高く評価され、スペイン版ラジー賞と呼ばれる(YoGa、ゴヤ賞(Goya)のアナグラム)の最悪女優賞を受賞した。パス・ベガ フレッシュアイペディアより)

  • フィクションにおける人工知能

    フィクションにおける人工知能から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    スパイク・ジョーンズが脚本・監督した映画『her/世界でひとつの彼女』(2013)は魅力的な声で語りかけてくるAI型OS「サマンサ」(スカーレット・ヨハンソンが声)に、代筆ライターのセオドアが恋をするSF恋愛映画である。フィクションにおける人工知能 フレッシュアイペディアより)

  • LUCY/ルーシー

    LUCY/ルーシーから見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    ルーシー - スカーレット・ヨハンソン(佐古真弓): 新種の麻薬により脳が極限まで活性化した女性。LUCY/ルーシー フレッシュアイペディアより)

  • 太田理恵

    太田理恵から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    また、留学経験からの英語力を生かして札幌テレビの「トレンドサプリ」にてゴースト・イン・ザ・シェル主演のスカーレット・ヨハンソンやトランスフォーマー主演のローラ・ハドックらに英語でインタビューも行う。太田理恵 フレッシュアイペディアより)

  • ブーリン家の姉妹 (映画)

    ブーリン家の姉妹 (映画)から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    主人公となるブーリン姉妹には、アン役にナタリー・ポートマン、メアリー役にスカーレット・ヨハンソンと、若手の二大女優を配し、両者の初共演となった。ヘンリー8世役にはエリック・バナが配役された。衣装は、『恋におちたシェイクスピア』『アビエイター』でアカデミー賞を受賞したサンディ・パウエルが担当した。ブーリン家の姉妹 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 冨手 麻妙

    冨手麻妙から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    好きな女優はブリジッド・バルドー、スカーレット・ヨハンソン冨手麻妙 フレッシュアイペディアより)

  • 高慢と偏見とゾンビ (映画)

    高慢と偏見とゾンビ (映画)から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    出演者には、リリー・コリンズ、ジェニファー・アニストン、ローワン・アトキンソンなどの名前が挙がっていたこともある。コリンズはエリザベス役として有力視されていたが、他にもエマ・ストーン、ブレイク・ライブリー、スカーレット・ヨハンソンなどの名前も挙がっていた。撮影開始1ヶ月前の2014年8月、リリー・ジェームズ、サム・ライリー、ベラ・ヒースコートなどがメインキャストになることが報じられた。また、主撮影開始の直前に、ダグラス・ブースやマット・スミスの参加が発表された。高慢と偏見とゾンビ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 1984年の映画

    1984年の映画から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    11月22日 - スカーレット・ヨハンソン、アメリカの女優1984年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 攻殻機動隊

    攻殻機動隊から見たスカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン

    この映画において「日本人である草薙素子をスカーレット・ヨハンソンが演じることについて、『ホワイトウォッシング』である」という批判がある。ただし、草薙素子の義体は高性能だが、目立たないよう造形は大量生産された物と同じという設定になっている。原作者である士郎正宗は、義体の顔の決定手法について有名人の顔を使うこともあるだろうとし、「ハリウッド版の攻殻機動隊の主人公は映画女優のスカーレット・ヨハンソンさん型の義体を使っているようだ」と述べている。攻殻機動隊 フレッシュアイペディアより)

138件中 71 - 80件表示

「スカーレット・ヨハンソン」のニューストピックワード